効果的なヘアオイルの使い方でつるつる潤い美髪を手に入れよう!

ヘアオイルを使用していますか?という質問をすると、多くの人がオイルは使っていませんと言う返事が返ってくるというので、驚きです。ヘアオイルは、他のどのヘアケア商品よりも、髪に優しく美髪になる近道なのです。 パーマやカラーの繰り返しで疲れ果てた髪は、空気中のごみや紫外線にさらされ、さらにシャンプーに含まれる成分やドライヤーの熱で傷みやすい・・・。髪にとって過酷な現代の環境の中で、お疲れモードの髪に本来の力を蘇らせ、美髪へ導くとっておきのヘアオイルの使い方をご紹介します。 美髪の早道!ヘアオイルを使いましょう 「ヘアオイルを使用していますか?」という質問をすると、多くの人がオイルは使っていませんと言う返事が返ってくるというので、驚きです。 アウトバストリートメントは、シャンプー後の無防備な素髪をやさしく保護し、乾燥やそのあとに使用するドライヤーの熱からのダメージから髪を保護してくれる役割があります。 ミルクタイプと呼ばれる乳液状のトリートメントは、トリートメント成分が分離せず混ざった状態を保つために乳化剤が含まれています。この成分は石油から精製されているものも多く、髪がツヤツヤになる反面、髪や頭皮に成分が残りやすく酸化する恐れもあるので、余りいい影響を与えません。 その点、オイルトリートメントは原料をそのまま使用しているものが多く、髪と頭皮に良いとされる栄養価の高い成分だけを天然に混ぜ合わせることができます。余計な添加物が必要ないヘアオイルは、髪にも頭皮にもやさしい成分なのです。 ヘアオイルは天然成分のものを! ヘアオイルは、オイルである特質上髪や肌にとてもなじみやすく、開いたキューティクルの間や、頭皮の毛穴の奥深くまで浸透します。そして毛穴の汚れを浮かして外に排出し、表面をやさしく保護してくれます。その浸透性の高さから、特別に精製され高浸透につくられたものををわざわざ購入しなくても、天然由来の成分を配合したもので十分効果を与えてくれます。天然成分を配合したヘアオイルは、天然の力で肌や髪本来の力を蘇らせてくれる働きがあるので、より美髪に近付くことができます。ドラッグストアで安価で手軽に購入できる椿オイルや杏オイルなどの植物由来のヘアオイルは、どんな高級トリートメントにも劣らない、ツヤのあるすべすべの指通りの美髪を約束してくれます。 簡単ヘッドスパで頭皮をケア ヘアオイルの使用方法としては、ドライヤー前のアウトバストリートメントとして使用するのが有効ですが、それ以外にも様々な使い方があります。 一番のオススメは、シャンプー前のヘッドスパ。ヘアオイルをたっぷりと頭皮に塗りこみ、軽く頭皮をマッサージしたらタオルでくるんで10分ほど置きます。入浴中の温まった状態で行えば、頭皮の毛穴が広がり汚れが出やすくなりますし、髪表面の汚れも取れやすくなります。後は通常通りシャンプーしたら、驚くほどすっきりとした洗い上がりが実感できます。 効果が弱いと思われがちな天然成分のコスメは、まだまだ日本では浸透してません。 エコでナチュラルで、それでいて髪にもお肌にも良く手軽にたっぷり使える天然成分のヘアオイルは、美容に敏感な女子には必須のアイテムと言えます。 ツヤツヤに潤った美髪を手に入れて、女性としての魅力がもっともっとアップさせましょう! 画像引用:http://www.photo-ac.com/

Read More

株式投資に挑戦してみよう

金利が低いと儲からない 最近、盛んに投資を始めることが勧められています。投資は怖い、おっかない、というイメージがなぜかあるようですが、投資の重要性が盛んに叫ばれるのは、当然のことです。 長らく日本では、低金利政策がとられてきました。その結果として、銀行はずっと低金利のままでした。実は、投資していない人間というのは、ほとんどいません。 実は、銀行預金というのは、一番簡単でリスクが少ない投資なのです。預けたお金にいくらか利息が付く、こうやってお金がお金を生み出すことを投資と呼んでいます。 しかし、現在、日本の金利は0.02%。72の法則というのがあるのですが、72を金利で割ると、預けたお金が何年間で倍になるかを示した法則です。 72÷0.02=3600ですので、今の日本の金利だと、10万円が20万円になるのに、3600年も待たないといけないのです。 もちろん、そんなことをしている余裕はありません。だからこそ、投資が盛んに叫ばれているのです。 投資の中でも、代表的な株式投資 投資の中で、一番、聞き覚えがあるのは、株式投資だと思います。株式を売り買いして、利益をあげていく、もしくは配当金を期待するというのが、株式投資です。 では、そもそも「株」とは何か。ということです。単純に言ってしまえば「○○会社へ出資したお金がこれだけあります」という、証明書のようなものであると想ってもらえれば問題ありません。 そして、その証明書が「株券」という事です。単純に株といわれてますが、正確には株式というのが正解です。 会社は、この株式を出資者に買ってもらい、そのお金で会社は事業を行い、儲けが出れば「出資してくれて有難う」という意味で配当金というお金が、出資者は貰えます。 そうして、企業はまた、配ったお金の残りで事業を行い、足りない分は新規に株式を発行する、これを繰り返していきます。こうして成り立っている法人、企業を株式会社と呼ぶのです。 株式会社のメリットとしては、資金を多く集める事が出来るけれども、資金を出した分だけしか損をかぶらなくてよいという点です。 そのため、日本では多くの会社が、この株式会社の手法を取っています。 株は、どこで買える? では、肝心の株は、どこで買えるのか。株の購入方法には大きく分けて二種類あります。 一つ目は、新規に立ち上げた企業、若しくは上場していない企業に多い手法ですが、その株式を発行している企業から、何も介さず直接購入する方法です。 幾ら将来性のある企業、将来有望な人間が集っているといっても、いきなり市場に株式が流れていくわけではありません。小さなところから始まっていくのです。 そのときに、身の回りの人間から資金を募る、ということはよくある手法です。何も介さずに購入できますから、手数料がいりません。 また、小さな町の企業なども市場に株式が流れていない為に、近隣の住民に株式を買ってくれるように頼んでいる場合も多いようです。 意外に、大企業ではなく、こういった小さな企業が、儲けていることもありますので、心当たりがあるなら交渉する事をオススメします。 さらに、もう一つメリットとして、一度でも新規で買っておくと、その企業が株式を追加発行する際に、優先的に買う事が出来るようになることもあります。 二つ目は、一番オーソドックスであるが、市場で買う方法です。 一番目の方法で手に入れる方法は、何かのコネクションがないと、ほとんど不可能に近い手段です。ですが、市場でなら、選びたい放題選り取り緑です。 自分が欲しい、必要だと思う株式を購入する事が、市場では簡単に出来ますから、いくらかの資金さえあれば、基本的には何を買おうとも自由です。 ...

Read More

今更人に聞けないお茶の基礎知識

はじめに ホッと一息つきたいとき、気分転換したいとき、あなたは何を飲みますか? わたしはお茶が大好きなので、いつもお茶を飲んでいます。 ところがお茶を好きだと言っている割に、お茶のことを何も知らないことに気がついたんです。 たとえば緑茶と紅茶がどう違うのかも説明できない……でも実はそういう方も多いのではないかな、と思い、今更人には聞けないお茶の基本的なことを調べてみました。 チャノキ 緑茶も紅茶もウーロン茶も、すべて「カメリアシネンシス」というツバキ科のチャノキからつくられます。この木の葉を乾燥・発酵させる際、発酵度合いによって緑茶、紅茶、ウーロン茶などさまざまな種類のお茶になります。 お茶の葉のなかには酸化酵素という酵素が含まれています。たとえばリンゴの皮を剥いて放置しておくと、身が褐色に変化してしまいます。これが酸化酵素の働きです。この作用を「酸化発酵」と言います。 この働きを利用して製造されるのが紅茶、利用されずに製造されるのが緑茶です。そして酸化発酵をすこしだけ利用して作られるのがウーロン茶です。 緑茶 発酵させないお茶のため、不発酵茶に分類されます。発酵させないためにきれいなグリーンをした水色が特徴的です。代表的な茶葉には日本の静岡茶や八女茶、宇治茶などがあります。 ちなみに中国といえばウーロン茶のイメージがありますが、実は中国において最も飲まれているお茶は緑茶です。 緑茶にはカテキン(渋み成分)やビタミンC、カフェイン(苦み成分)等が含まれています。そのため抗酸化作用があり、風邪予防や皮膚、粘膜の健康維持、口臭予防などの効能があるといわれています。 紅茶 ほぼ完全に発酵させたお茶のため、完全発酵茶に分類されます。発酵によって得られる紅色と香りが特徴です。中国の「祁門紅茶」、スリランカの「ウヴァ」、インドの「ダージリン」は世界三大紅茶と呼ばれています。 紅茶には紅茶ポリフェノールやテラフラビン、カフェイン等が含まれており、血中コレステロール上昇抑制作用や抗酸化作用、消臭作用などの効能があります。 ウーロン茶 緑茶と紅茶のあいだの発酵具合であるウーロン茶は半発酵茶に分類され、青茶とも呼ばれます。 主な産地は中国福建省と広東省、それから台湾ですが、それぞれ品種が大きく異なるため、ミンペイウーロン(福建省:武夷岩茶など)、ミンナンウーロン(福建省:鉄観音など)、広東ウーロン、台湾ウーロン(凍頂ウーロン茶)を四大ウーロン茶とする場合もあります。 ウーロン茶にはウーロン茶ポリフェノールやタンニン、カフェイン等が含まれており、脂肪吸収を抑えたり、消化促進、抗酸化作用などの効能があります。 おわりに この記事を書くまで、緑茶も紅茶もウーロン茶も同じチャノキからできていることを知らなかったので驚きです。ご紹介した以外にも、発酵具合によってさまざまなお茶ができるそうで、お茶の世界は奥が深いと思いました。今日の一杯の味わいが、ぐっと増したような気がします! photo by 写真素材足成(http://www.ashinari.com/)

Read More

産後ダイエットを成功させるには?

産後の体型の変化で大ショック! 女性の体型が、最も大きく変化する時といえば、産後ではないでしょうか? 産後には、伸びきっていた皮膚が、すぐには元通りにならず、ダランとだらしない体型になってしまいます。 妊娠中に増えてしまう体重は10キロ前後。 この体重のうち、赤ちゃんや胎盤、羊水等の重さは、たったの4キロ程度です。 つまり、残りの6キロ程度は、しっかりと付いてしまった皮下脂肪なんですよね。 お腹の赤ちゃんを守るという目的で付いたのかもしれませんが、女性としては大ショックですね。 今までは妊婦として誤魔化せていた体型も、産後には、もう誤魔化すことができなくなります。 おまけに骨盤が開いてしまい、お尻は大きく、下半身はどっしりとした体型になってしまうのも困るところです。 胸だって、授乳で大きくなって喜ぶのは束の間。 授乳が終われば、垂れてしまったりもするのです。 一気にやってくるこれらの体型の変化に立ち向かうには、どうしたら良いのでしょうか? 産後ダイエットは食べながら痩せる! 産後に焦ってダイエットをしようとすると、誰もが考えるのが、無理な食事制限です。 でも、産後で疲れている体に、無理な食事制限を行うと、栄養が不足してしまって、何も良い影響はありません。 特に授乳期の母親は、良質な栄養をしっかり摂らないと、赤ちゃんにまで影響してしまいます。 授乳期は、しっかり食べても、赤ちゃんが栄養を吸い取ってくれるから、食べないダイエットなんて必要ないのです。 また、産後の体に付いた頑固な脂肪は、単純に食べる量を減らしたからといって、解消できるものではありません。 しっかり代謝アップしていかないと、根本的な解決にはなりませんよね。 産後はどうしても動く機会が減っているから、筋肉量が減って代謝が落ちてしまっているのです。 そのままの状態で、食事を制限すると、ますます代謝が落ちて痩せにくくなります。 産後ダイエットは、良質な栄養をしっかり摂取しながら、適度な運動を取り入れて痩せるのが理想ですね。 食べないダイエットや、置き換えダイエットのような、栄養のバランスが大きく偏るダイエット法は禁物です。 育児に忙しく動き回りながら、授乳をしていれば、自然に体重は落ちてきます。 そこに、さらにひと工夫して、赤ちゃんを連れてのお散歩を日課にしたり、赤ちゃんをあやしながらスクワットなんかを取り入れてみると良いですね。 育児に忙しくても、しっかり食べて、食べた分を消費する運動を取り入れることは、そんなに難しいことではありません。 産後ダイエットには骨盤を意識して! もう1つ、産後ダイエットで気を付けたいポイントが、骨盤を意識することです。 産後の体型の変化というのは、単に体重が増加しているだけのことではありません。 ...

Read More

アメリカンライフ 真偽その5:ポジティブ人間が多い?

日本から見たアメリカ人やアメリカの生活についての印象ってありますよね。それって、果たして印象だけで本当なのか?そうでもないのか。その真偽について問うエッセイ、アメリカンライフです。 五回目の今回は、ポジティブ人間についてです。 アメリカのドラマや映画などのフィクションもそうですが、ノンフィクションのニュースなどを見ていて、思いませんか。アメリカ人ていつも笑顔で楽しそうで、前向きな感じ。 筆者が日本でいる時も、そんな印象でした。アメリカ人というのはきっといつも楽しい事を探していて、おもしろいことが好きで、人懐っこい印象。そんな人たちと一緒に生活できたらこっちまで楽しい気分になりそうだな。と思っていました。 日本人の友達に、「アメリカ人てあんな感じでいつも楽しそうなの?本当に?一体、何を毎日考えてあんなに楽しそうに暮らせるの?」などと聞かれたことがあり、やっぱり私だけじゃなく、日本人から見てアメリカ人はポジティブ人間の集まりのように見えるのだなと思ったことがありました。 基本的に「楽」が好き 実際アメリカで生活しても確かにアメリカ人というのは日本人よりは前向きだなあと思うことは多々ありました。観察しているとアメリカ人は往々にして、「楽」が好きだということに気づくようになりました。 日本人は、人が見ていないときの努力や少しでも良くなろうとする向上心のようなものが誰にでもあり、少しずつ良くなろうとする性質です。というのも学校でもそうやって教えられます。機会があるごとに、「よくできた点」と「もう少しがんばれた点」などを書かされて、小さいうちから向上心の種のようなものを植え付けられます。 しかし、アメリカ人は「ラク」が好き。基本的にのんきにしている人が多く、休みの日など、家事などはほったらかしで、好きな音楽を聞いてのんびりごろごろして楽しそうにしている人が多い印象です。 また、日本では社会人でも通信教育などで資格を取ったり、習い事のレッスンを取ったりするのは普通ですが、アメリカではそういうものも見られません。実力主義の社会では、資格などもそうそう必要でもなく、他言語を学ぶなどという知識欲のようなものも、意外に皆考えていなかったりするので、これが「日本人はハードワーカーだ」と言われる由来なのだなと納得したことがありました。 「反省」はない と同時に、反省というものもアメリカの文化には縁遠いということにも気づきました。 まず「反省」という言葉自体が、英語にない。と聞いたときに驚きました。先ほども書きましたが、学校では反省させられることが多いですよね。毎日の帰りの会なんかで「もうちょっとこうすれば良かった」ということをクラスで話し合ったりした思い出があります。 アメリカ人にしてみれば、毎日楽しければそれでいいし、イベントなんかでも「もうちょっとこうすれば良かった」なんていうことを話している時間があれば、「そのイベントがいかに楽しかったか」を話すことに時間を割いているような気がします。 「終わりよければ全てよし」という言葉がありますが、「楽しければ全てよし」という言葉がアメリカ人には似合うな、と思ったこともあったくらいです。 日本人から見れば、たまにはもう少し反省でもすれば次は失敗せずに、もっと良くなるのに。と突っ込みたくなることもありましたが、もともとそういう思想自体が小さい頃からないですし、学校でも教えられない。家庭では「あなたはパーフェクト!」と教えられて育つので、なかなか自己を顧みるということはないようです。 生まれ持ったものか、生まれ育った文化によって思想が変わってくるのか。 そこは判断が難しいですが、確かに国によってそれからの人間としての行動パターンが変わってくるということは間違いないようです。 筆者個人的には、アメリカのポジティブあっけらかん思想と、日本の生真面目で向上心旺盛なところを、足して2で割るとちょうどいいと思います。 画像提供:写真ACよりhttp://www.photo-ac.com/

Read More


Back to Top