女性のための情報コラム Woman's 28.冷凍庫は自炊生活の強い味方

このコラムでは、忙しい現代の女性を応援し、生活の情報をお届けしています。 食べることは美容や健康と大きく関わっています。 美味しいものを食べれば幸せな気分になれますし、楽をして食事を済ませようと思うと、 つい外食やコンビニなどのお弁当を頼ってしまいがちになることも。 しかし、偏った食事は健康によくありません。 今回は、楽をしながら自炊生活を送るためのちょっとしたポイントについてお話します。 ■冷凍庫を活用しよう■ 食材や料理を保存すると聞くと、冷蔵庫が真っ先に思い浮かぶ方も多いかもしれません。 夏に向かって食材は傷みやすくなりますし、食中毒にならないようにするためにも 冷蔵庫に食材を入れることは大切です。 けれど、食材の保存に活用できるのは冷凍庫も同じです。 冷凍庫に入れるものと聞くと、冷凍食品やアイスクリーム、氷が一般的かもしれません。 しかし、冷凍庫を上手に活用すれば、冷蔵庫で保存するよりも長く食材を保存することも出来るのです。 ■自家製カット野菜で料理の時短■ 冷凍食品売り場へ行くと、おかずやパスタだけでなく、カット済みの野菜も売られています。 料理をする時にカット済みの野菜を使えば洗いものも、野菜を切る手間も省けるので、短い時間で料理をすることが出来ます。 ですから、カット済み野菜は忙しい日々を送りながらも自炊をする人にとって強い味方となるのです。 ですが、市販の冷凍カット野菜ばかり使うのも気が引けることもあるでしょう。 そんな時には、自分で冷凍カット野菜を作ってしまいましょう。 野菜を安い時に多めに購入し、使いやすい大きさにまとめて切り、ジップ付きの袋に入れて冷凍庫に入れておけば、 市販のカット済み野菜と同じように使えます。 ■多めに作ったおかずは冷凍庫へ■ 一人暮らしをしていると、一人分の料理を細々作るのが面倒で 一品を多めに作ってそれだけで食事を済ませたり、 次の日に繰り越すことも多いでしょう。 一人分を作るのも二人分を作るのもガス代に大きな違いはありません。 また、食材は多めに購入した方がお得な時もあります。 そこで、おすすめしたいのがおかずを多めに作った時には、冷凍庫対応の小分け容器に分け、おかずが冷めたら冷凍庫で保存することです。 こうすることで、自炊をしながらも、お弁当のおかずを作る手間や食事の支度の手間を省けます。 お弁当用にするのであれば、100円ショップなどで手に入るお弁当用カップに あらかじめおかずを入れて冷凍すると、お弁当を詰める時の手間も少なくなります。 掲載画像提供サイトURL http://www.photo-ac.com/

Read More

身近な袋物 -ミシンで簡単につくりました-

この小物を整頓したい、持ち運びやすくしたい・・・そんなにデザインにはこだわらないけど、何か良い袋はないだろうか。とは言っても紙袋やスーパー袋は味気ない・・・。お店、たとえ100均であっても、最近は袋ぐらいだったら安く手に入ります。しかし、安いとは言え、お金を出してまで欲しいと思わない・・・、そんな時には余った布で袋を簡単に手作りします。手縫いだと時間がかかりますが、ミシンだとあっという間に縫えます。布のカット時間を含め、大体1時間しかかかりません。しかもサイズは自分で調整出来るのです。(ご参考までに、私が自宅で愛用しているミシンの画像を添付します) 今までに製作した簡単な袋物(2作品)を紹介します。 (1)お菓子袋 私の主人は、よくスナック菓子を買ってきます。リビングのソファーで寝そべりながら食べるのが好きです。しかし、普段スナック菓子をそのまま置くのは見栄えが悪くて気になります。とは言っても、完全に見えない場所にしまうのは主人に申し訳ないです。そこで、余った生地を使用してスナック菓子収納用の袋をつくりました。 リビングのソファー前に置いている小さなテーブルの物置スペースに袋を置いています。 服づくりで余った布(花柄)と、他のバッグづくりで余った取手(水色)を使ったので、色のバランスは悪いですが簡単に作れたしエコにもなったので個人的には満足です。 例えジャンクなお菓子でも、袋の中に入れると少しお洒落に見えるのは気のせいでしょうか?折角なら、もう少し高級なお菓子を少量で買って上品に食べてほしいのですが、こればかりは止められなさそうです。(ちなみに私は、お菓子は食べる習慣はありません。) (2)御朱印袋 主人と各地のお寺や神社を訪れるのが好きです。寺社を訪れる際は、いつも忘れず御朱印を持っていきます。寺社の方が日付も入れて下さるので、記念に残ります。 私が持っているご朱印は奈良の東大寺で購入しました。ピンクの桜柄が美しく、とても気に入っています。大事に取り扱いたいので、専用の袋をつくりました。 袋の生地は、ご朱印に合わせて桜柄をチョイス。袋の形は和の雰囲気を出すため、巾着に。紐は100均で購入しました。紐の通し口の幅を狭く縫ってしまったため、紐が中々通りませんでした。(元々余った生地を使っていたため、余分な生地は無く、縫い直しは難しかったので焦りました。)結局、主人に手伝ってもらい(力で無理やり通してもらいました)、無事に完成しました。主人と私の共同作業による作品です。今度のお参りの時は、この袋入りの御朱印を忘れずに持って、夫婦円満のお祈りをしたいです。

Read More

うつとは違う!PTSDの恐ろしさ

PTSDってよく聞くけどなんのこと? 東日本大震災以降、PTSDという言葉をよく耳にするようになりましたが知っているようで知らない人は多いのではないでしょうか。 わかりやすい言葉で言うと「トラウマ」です。 もちろん牡蠣を食べてあたった事があるから苦手になっただとかの事ではありません。 幼少時にDVにあっていただとか、性被害、事故の経験、身近な人の死に直面した等の精神的に大きなダメージを伴う命の危機にさらされるような事件に遭遇した事によって起こる障害の事です。 もちろん震災などの自然災害での被害を受けた方にも多く見られる症状です。 実際にどんな症状が出るの? 「精神的な病気」と聞くとどのようなものを想像するでしょうか? 多分耳に入る機会が多い「うつ病」を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。 うつ病というのはうつ状態が継続し気分の落ち込みや無気力、不眠などの症状を伴う病気です。 PTSDによってうつ病と診断される患者も少なくありません。 具体的な症状としてはフラッシュバックや離人感、必要以上に怖がるびっくりするなどの症状が見られます。 フラッシュバックってなに? PTSDの症状として特徴的なものの一つに、フラッシュバックが挙げられます。 例えば母親にDVを受けていた幼児の場合ですと、遊んでいる途中で急にブルブルと震えて怯えだし、耳を塞いで丸くなって泣いているという状況です。 この幼児の身に何があったのかといえば、遊んでいる最中で母親に暴力を振るわれている事を思い出したのです。 フラッシュバックとは、ただ単に思い出として記憶を反芻しているのではなく実際に今その恐怖と対峙している心理状態になる事を指します。 なのでこの場合、この幼児は怯えて丸くなっている時間の間母親の暴力を受けているのと同じ苦痛を味わっているのです。 離人感って? 離人感とは、まるで自分を文字通り俯瞰視しているような錯覚に陥る様の事を言います。 自分が行動しているのを眺める夢を見た事がある人はわかりやすいかもしれませんが、ちょうどあの感覚です。 自分が何をしようとしているのか、今何をしているかを眺めている感じで行動している体はぼんやりとした表情の事が多いようです。 子どもに多い症状はある? 人間も動物ですから、恐怖に対面した場合(しかもこの場合は命に関わる可能性も含みます)にその恐怖や苦痛から逃れようとするのは当たり前の事です。 なのでDVや性被害を受けた幼児はその苦痛を自分の中で解消しようとします。 大人の場合は対処の仕方(しかるべき機関に相談するなど)を知っているかもしれませんが子どもはそうはいきません。 幼児に多い傾向として「痛い」「怖い」といった感情を消すことが見受けられます。 しかし、人間はそういった感情のみを操作できるほど上手くは出来ていないので感情そのものを全て消す事になってしまうのだそうです。 なのであまりに耐え難い恐怖と戦った子どもというのは表情が乏しい傾向にあります。 PTSDって治らないの? もちろん治療法はあります。 もしこれらの症状に心当たりがあればメンタルクリニックを受診する事をお勧めします。 メンタルクリニック(精神科)を受診する事に抵抗があるという人も多いようですが、案外普通の病院です。 初診の時はカルテを作る為に少し長めのカウンセリングをします。 そして、治療する上で一番大切なのは、安心できる場所にいることです。   画像: 足成 http://www.ashinari.com

Read More

楽しくラクに家事をする方法

料理、掃除、洗濯、買い物、毎日の家事を 楽しくラクにする工夫をしています。 幾つかご紹介します。 お掃除編 わたしが家事の中で一番めんどくさいのがお掃除です。 なるべく簡単に効率よくできるよう、考えてみました。 まず、掃除機は必ずしも毎日かける必要はない。 汚れたらかける、でオッケー。 古いタオルを小さく切って使い捨て雑巾を常備します。 汚れてる、と思ったらさっと濡らして掃除します。 料理の合間に手があいた時もこれでキッチンを ささっと掃除します。 マジックリンを使えば簡単に汚れが落ちます。 お洗濯編 洗剤や柔軟剤で楽しみます。 好きな香りで気持ちよくお洗濯します。 おしゃれ着洗い専用洗剤があれば たいていの服は家で洗濯ができて クリーニング代が助かります。 部屋干し用洗剤も買っておきます。 雨の日は洗濯物に匂いがつきやすいので使います。 洗濯機から洗濯物を取り出す時には 干す順番と逆の順番で出します。 たとえばわたしはタオル類を最初に干すので タオルは一番最後に取り出します。 するとカゴの中で一番上になるので 順番にささっと干せます。 お買い物編 うちでは日曜日に夫に車で買い物につき合ってもらい、 安いスーパーでまとめ買いします。 平日にちょこちょこ足りないものを買い足します。 おすすめは業務用スーパーです。 とにかく安い、お得!珍しい美味しいものがいっぱい。 一般のお客さんも一点からお買い物ができます。 わたしのお気に入りは冷凍菜の花、クリームコロッケ、 調理済みのおから、切り干し大根、ひじきの煮物などです。 ホットケーキ好きの夫のために大容量の ホットケーキミックスも買います。お得です。 お料理編 わたしの特技は安く美味しく早く作ることです。 安いスーパーで素材を仕入れ、簡単に下ごしらえして シンプルに調理、味付けします。 同時進行でメインのおかずと付け合わせを作ります。 お気に入り業務スーパーの冷凍菜の花は さっとゆでて水気を取り、芥子醤油で合えます。 1品足りないな、という時は業務スーパーの 調理済みおかずが活躍します。 切り干し大根やおからやひじきは体に良いですが 作るのが面倒なので買ってしまいます。 テフロン加工の鍋はおすすめです。 カレーやシチューの時、フライパンで炒めて 鍋で煮るという手間をはぶいて テフロン鍋一つで済ませられます。 調理道具や洗い物用具などは 大事に使い続けるのは良いですが、 ある程度傷んできたら100円ショップで買ってきて 取り替えて気分良く家事をします。 家事全般、100円ショップはきれいで便利な物が 揃っていて、時々チェックをおすすめします。

Read More

結婚とはなにか?妻の本音

夫へ伝える本音 結婚すると男性は、家族のために頑張らなければと思っている人も多いはずです。 そんな夫へ妻は、しんどいときは無理しないで何でも話してほしいと思っています。 けれど、男性は心配させたくない格好つけたいと思う生き物だと思います。 妻は、そんな夫へ心の中ではこれから先の人生の道のりでつまずくときがあっても、自分にだけは弱さを見せてもいい。 夫の強さは誰よりも自分が一番知っているからと思っています。 それを、口に出さず見守り支えあおうとするのが恋人とは違う夫婦というものかもしれません。 夫婦になって歩む道のり 恋人とはちがい夫婦になると子供が出来たり、家を購入したりと、生活というものに追われて月日の経つのがものすごく速くめまぐるしいときもあります。 振り返ってみると、あの時はしんどかったねとか、迷路のような道のりでいろんな人と知り合い支えてもらったり、支えたりしながら家族になっていくことに気づきます。 今人生の何歩目くらいすすんだのかなと感じたり、そんな中でなつかしい恋人同士の時のことを振り返って家族で大笑いしたりするものです。 こんな風に家族で笑いあえる日が来る思い出というのは、大切な宝なのだと改めて知ることが出来ます。 子供が成長するように必ず夫婦は年を重ね老いていきます。 疲れたら一緒に休み、この先の道のりも思い出をため込む旅だと振り返りながら、共に進むのが夫婦というものなのかもしれません。 夫婦もたまには恋人同士を振り返り、恋人になってみるのも大事なことだと思われます。  「結婚」本当の心構え 結婚する前は、一緒に生活がしたい子供が欲しいという風に感じるのが女性です。 結婚してみると、こんなはずじゃなかったなと感じる人もいれば、結婚して良かったなと感じる人もいると思います。 この感情すべてが、結婚するというものだと思います。 いい時も悪い時も、辛い時もうれしい時も、すべて分かち合える相手なら本当の夫婦になれるのかもしれません。 いつか年を重ねおじいさんおばあさんになった時、人を愛することの本当の意味を教えてくれた神様に感謝し、死ぬことが出来るのかもしれません。 人を愛するという意味を大事に思いながら、生きていくのが、結婚というものなのではないでしょうか。

Read More


Back to Top