眠い、憂うつ、甘いものがほしい…冬季うつ病の特徴



はじめに

うつ病は多くの人に知られるようになりましたが、冬の間だけ症状が出る「冬季うつ病」というものもあるのをご存知ですか?
冬の間に倦怠感や眠気、過食、気分の落ち込みなどの症状が見られ、それらが生活に悪影響を及ぼしている場合、冬季うつ病になっている可能性があります。

冬季うつ病とは?

andomiyuki_toukiutsu20140117a
冬季うつ病は、季節性うつ病(季節性気分障害、季節性情動障害、季節性感情障害)のひとつです。
秋から春にかけての冬季のみ、うつ病のような症状が出ますが(人によっては夏や梅雨に発症する人もいます)、過眠や過食という、うつ病と正反対の症状が現れるため(うつ病患者さんの多くが睡眠困難、食欲不振が現れます)、なかなか自覚はされにくいです。

原因は?

andomiyuki_toukiutsu20140117b
冬季うつを発症する主な原因は、日照時間の短さです。
冬は一年のなかで日照時間が特に減少し、体内でさまざまな変化が起こります。その変化が冬季うつを発症する原因となっているといわれています。主に以下の2つの変化が原因と考えられています。

・日照時間が短くなることで光の刺激が減り、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが減少。そのため脳の活動が低下してしまう。
・目に入る光の量が減ることで、睡眠に係わるホルモンであるメラトニンの分泌のタイミングが乱れたり、分泌が過剰になったりして、体内時計が狂ってしまう。

日本では知名度の低い冬季うつ病ですが、日本より緯度が高く、冬場の日照時間が極端に短いヨーロッパ諸国では広く知られており、光治療などの治療が行われています。

自分でできる予防・改善

andomiyuki_toukiutsu20140117c
冬季うつ病は、日常生活にすこし気を使うことで予防・改善をすることができます。

☆生活リズムを正す
毎日同じ時間に寝起きをしましょう。朝、日光を浴びることで体内時計を修正することができます。規則正しい生活をすることで、生活リズムを正していくことができます。

☆日光を浴びる
なるべく日に当たる生活を心がけましょう。特に日中屋内で過ごしている方は、積極的に散歩などで日に当たることがおすすめです。紫外線対策をお忘れなく。

☆食生活に気をつける
冬季うつ病を改善するのに欠かせないセロトニンは、食事から摂取するアミノ酸のひとつ、トリプトファンから生成されるため、トリプトファンを多く含む食品をとることがおすすめです。

・たんぱく質…肉、魚、豆など(たんぱく質を多く含む食品にはトリプトファンが含まれている)
・炭水化物…米、そば、いも類など(トリプトファンの吸収を手助けする)
・ビタミンB6…バナナ、さつまいも、青魚など(トリプトファンの吸収に必要)

冬季うつ病に限らず、栄養バランスのよい食事は健康を維持するために大切です。偏った食事をせず、バランスよく摂取するようこころがけましょう。

☆適度な運動
冬は部屋にこもりがちですが、適度な運動も必要です。特に有酸素運動(ウォーキング、水泳など)は幸福感や快感をもたらすエンドルフィンを脳内に分泌させてくれます。運動が苦手な方は外で散歩をするだけでもOK。日光を浴びることができ、かつ気分転換もすることができます。

おわりに

いかがでしたか?
冬になると気分が落ち込み、体調がすぐれないという方は冬季うつ病の可能性があります。自分の身体とこころと相談し、予防改善策を無理のない範囲で試してみてください。
落ち込みが酷い、体調がすこぶる悪いというときは早めに医療機関受診をしてください。

photo by 写真素材足成(http://www.ashinari.com/

Back to Top