白菜畑のラプソディー2



白菜農家の日常

PINNOHIDE_HAKUSAI20140118a
白菜畑に通い始めて1週間、いつもの様に朝8時10分前に車庫の片隅で身支度を整えてスタンバイ。
どんなに寒くてもここで準備、家の中には入れてもらえません。
少しすると遠くの方から異国の言葉が聞こえてきます。必要以上に大きな声で、朝から何をテーマに語り合うのか4人の中国人研修生。
「おはようございまーす。」私と彼らとの間でなされる意思の疎通は、今のところこれだけです。
“白菜畑用局地戦闘車”とでも名付けたくなる専用車に段ボールを積み込むのが、毎朝のウォーミングアップです。2t車をベースに6人掛けシート、荷台のほとんどを占有するのが現場で威力を発揮する“リアルタイム・段ボール組み立て機”です。
その仕事ぶりはいずれ紹介するとして、この大きな機械と荷台とのすき間に、組み立て前の板状段ボールをぎゅうぎゅう押し込んで、いざ白菜畑に出動です。
ここで私に重要な任務が与えられました。戦闘車のドライバーです。国際免許を持たない中国人研修生は、当然日本の公道でハンドルを握ってはいけません。
今までは農場主のHさんと奥さんが、自宅と畑を往復しながら必要な車両を運んでいましたが、日本国中どこでも運転できる人間が入ってきたのは、その一点だけでもかなり付加価値が高いこと。

任務はお抱え運転手

PINNOHIDE_HAKUSAI20140118b
この戦闘車は設計時に段ボール組み立てマシンを積載する事など、これっぽっちも考慮されていません。
組み立てマシンは非常に背が高い装置です。「スピード出したままカーブに入るとひっくり返るから、注意してね。」
トラックで走り回った経験など持たない人間に、そのひと言は重い。
むさ苦しい男たちがシートに5人、ここから畑まで車の中は日本国ではありません。世界一の人口を誇るあの国、現在我が国を抜いて世界第2位の経済大国にのし上がったあの国、中華人民共和国です。
悔しい事に彼らが楽しそうに話している内容について、私は100%理解できません。仕事場までひと言も口をきかず、忠実に送り届ける運転手が私です。

白菜畑のルール

PINNOHIDE_HAKUSAI20140118c
朝の白菜畑、冷え込みは忍耐力の限界を遥かに超えています。凍えそうな手足を暖めようにも、火気や熱源は一切ありません。年齢的にも体内からどんどん熱を作って、手足の末端まで送り出す能力はかなり衰えています。日なたならまだしも、畑全体が巨木の影に入ってたりすると、白菜はガチガチに凍ってるし、足元からは凍結しそうな冷気が這い上がって来ます。
どうしたらいいのか… 耐えるしかない… それが答えです。職場環境を自分に合わせる事は不可能、だったら自分を環境に合わせて働くしかないのです、ひたすらに。
白菜の収穫は1人が3列分を担当します。股の下に1列、すると両足の外側に1列ずつで合計3列。並んで同時にスタートするのは4人、だから収穫は12列を1単位にして進行します。人数が増えても5人、6人が横一線になって収穫する事はありません。
あくまでも12列が基本、それが“白菜畑のルールその1”です。

無限の時間と無限の空間と

PINNOHIDE_HAKUSAI20140118d
真冬の白菜は外側の表皮で全体を包み込む様に、1つずつ上部をひもで縛ってあります。寒さで内部が凍結するのを防ぐためです。このひもを抜くのも私の役目、12列分をずっと先の方まで抜いて歩く内に、体の奥から熱が湧きあがってきて汗ばむほどです。
ひも抜きはたいがいにして、私も白菜切りに参入します。12列が基本だから、研修生の横に並んではいけません。ではどこから始めればいいのか。
1人の研修生の前方10m程度の位置からスタートすればいいのです。
人数が増えても全体で12列を保ったまま、平面的に視野を働かせて進めるのです。股下に1列白菜を見下ろして、無心で白菜を切り始めたら、後は1個のマシンと化してひたすら白菜を切ります。
列ごとにステップを踏んではいけません。股下に1列、足元左右に1列ずつを保った状態で、上半身だけひねりながら3列を切るのです。
それが“白菜畑のルールその2”。
思考の一切を白紙状態に開放し、四肢を完全に制御しながら白菜を切り続けていると、時間って何だろうと、悟りに近い境地をさまよう時があります。
白菜畑の中で、自己の存在を見失いつつある私を正気に戻してくれたのは、関東平野の茫洋たる広さでした。
右手に包丁を握りしめて見渡す先には、我々人間には無限にも思える眺め。
白菜畑で呆然と立ち尽くす男一人、足元に目をやると、そこにも無限に思える数の白菜が並んでいました。

 

①八ヶ岳自然アルバム blogs.yahoo.co.jp
②ダンプトラックの基礎知識 www.truck123.co.jp
③らでぃっしゅぼーやウシオダのブログ blog.radishbo-ya.co.jp
④風土記の丘直売所 fudoki-nakamichi.sblo.jp

Back to Top