かくして星は光り輝く



「四方上下これを宇と言い、往古来今これを宙と言う(淮南子より)」
我々をとり巻く宇宙という存在は、空間の内に時間をも包含した四次元時空をもって、永遠とも言える神羅万象を司っています。
その正体はつかみどころが無く、広がりは想像の範疇を遥かに越え、果ては何人も捉えがたい枠の外にあります。

星の世界にようこそ

PINNOHIDE_solar20140710a
目に見える宇宙の主役は、我々の母なる太陽と同じ恒星たちです。
昔の人々は夜空の天井から吊り下げられた、天空の飾りだと考えていました。
わずか1m単位の世界しか実感できない我々にとって、地球ですらほとんど無限に近い平面ですから、さらに上のスケールである恒星の世界は、非常識と思えるほどとび抜けて巨大です。

地球の直径はおよそ1万3千km、現代科学の最先端の眼が見つけ出した、太陽系以外の惑星候補と比べても、岩石惑星としては小さい方ではありません。しかし恒星になると、そのスケールは全く異質です。

我々の太陽は、残念ながら宇宙の中では特別な星ではなく、ごくありふれた普通の星。自ら光り輝く星の条件としては最も標準的な星であり、大きさ、質量、寿命といった非常に緊密な相関関係にあるこれら要素を統合しても、普通の恒星としか呼べません。

その普通の恒星である太陽と、我々の暮らす地球のサイズを比べてみると・・・

母なる太陽と子供たち

PINNOHIDE_solar20140710b
太陽の直径は地球のおよそ109倍、質量は330000倍もあります。
分かり易くするために比喩を用いると、例えば目の前に直径1mの球体を想像してみて下さい。実生活でお目にかかる機会はまずない物体でしょうが、想像は可能なはず。
この直径1mの球体を我々の太陽と仮定すると、地球の大きさは気の毒なほど小さく、わずか直径1センチに満たないパチンコ玉程度です。
パチンコ玉に寄生している人類などは、電子顕微鏡でも見えないでしょう。

主星である恒星とその周囲の惑星との間にあるこのサイズ的不均衡は、星の誕生物語りにまで遡ると理解できます。
我々の太陽系を例にとると、今からおよそ46億年前、宇宙空間を漂う星間ガスの中に芽生えがありました。

星に命が宿るとき

PINNOHIDE_solar20140710c
宇宙全体は思ったほど均一な空間の広がりではなく、ところどころに濃密な物質が集まった部分と、逆に希薄で虚ろな大半の空隙部分とで構成されています。物質が密な場所では、物体間の相互作用から重力によって星間ガスが中心に向かって集まり始めます。

やがてその中心部分には巨大な質量が渦を巻いて流れ込み、理由は分かりませんが回転を始めます。中心に集中した質量は巨大な重力的集中も伴って、球状のかたまりを形成します。

回転する星間ガスの中心に巨大な球状の核が現れ、更に中心に向かって重力によって引っ張られます。核はそのまま中心へと圧縮されて、超高温超高圧の状態になり、そしてついに「原子の火」が灯ります。
核の中に多量に存在する水素が、核融合によってヘリウムに変わり安定的に燃え始めるのです。これが恒星の誕生です。

星の中心核に火が灯ると、そこから人類の時間的尺度では扱いきれない、気が遠くなるほど長い星の一生が始まります。

ちっぽけな地球の上で

PINNOHIDE_solar20140710d
太陽系の中心で1つの恒星が誕生した頃、太陽をとり巻く空間には、まだ取り残された星間ガスが漂いながら、全体としても太陽を中心にして大きく回転していました。
ただしガスのほとんどは太陽の重力によって引き込まれてしまい、残ったガスはごくわずか。ガスは何か所かで小さなまとまりを作り始め、重力によって徐々に緊密なかたまりを形成、あちこちに小さな球体が出来上がります。これらが惑星の卵です。

太陽系全体に供給された質量のうち、99.9%は太陽になって燃えているので、惑星や準惑星、小惑星などはそれ以外の、たった0.1%の物質でできています。

これが太陽系における物質配分の結果です。太陽から見れば、地球なんて自分の周りを飛び回るハエみたいなもの。いくら偉そうな顔をしてみても、人間なんてその存在さえ気づいてもらえない、ハエの表面にくっついた雑菌みたいなものなのです。

※引用画像
GIZUMODO www.gizumodo.jp
ウィキペディア ja.wikipedia.org
SLIDESHARE www.slideshare.net
カラパイア karapaia.livedoor.biz

Back to Top