透明肌を守りきれ!夏に万全日焼けケアの基本とコツ



冬も終わり、行楽には最適なシーズンとなりました。
これからの季節、きれいな透明感のある肌を保つために気をつけたいのが「日焼け」。
どんなに日焼け止めをつけていても完全に防ぎきれない、憎いヤツです。
今回は今年こそ美白肌を保ちたいあなたのため、日焼けの基本ケアをおさらい、まとめてみました。自宅で身近なものを使って簡単に出来るケア方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

基本的に

 日焼けは英語でsunburnといい、まさしく太陽(sun)によるやけど(burn)です。またはsuntanといい。こちらは紫外線が体内のメラニンに働きかけた結果、褐色色素が皮膚に定着することを指します。
 やけど肌のケアと同じなので、強くこすったり刺激を与えたりすることはNGです。また、やけどをしたらすぐに流水で冷やして! と言いますがこちらも同じです。日焼けをして帰ったらなるべく早くケアすることが後に残さないために重要なステップです。また程度のひどい日焼けであれば自分なりの方法などでむやみに触りすぎず、すぐに皮膚科医にかかることも大切です。

フェイスケア編

 まずは「冷やす」ステップからです。
halca_sunburn20140430a
 このように保冷剤や氷を入れた袋をタオルに包んだもの、または冷たいシャワーでしっかり冷やします。注意すべき点は先に化粧水や乳液をつけてしまわないことです。肌が刺激されてしまうため、赤みやひりひりした感じが引くまでは避け、まずはしっかりと冷やしましょう。
 そうしたあとは水分補給です。1日かけて肌の水分が奪われ、パリパリに乾燥している状態なので、化粧水はたっぷり入れ込みます。高価なものを少し使うのではなく、安価なものでも構わないのでとにかくたっぷり、まんべんなく浸透させることが大切です。その後シートマスクをする方は、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておくことをお勧めします。日焼けしそうな日は冷蔵庫に入れて外出。不意に日焼けしてしまったらお風呂に入る前でもよいので冷やしておくと良いですね。シートマスクはつけすぎたままにしていると乾いて逆に肌の水分を奪ってしまうので、ある程度時間がたったら湿っている間に剥いでしまうようにしましょう。その後化粧水が蒸発しないように乳液できちんと蓋をします。

ボディケア編

 まずはフェイスケアと同じようにシャワーや水風呂などで肌を冷やします。しっかり冷やしたタオルやフェイスと同じように保冷剤や氷を袋に入れたもので冷やすのも良です。
 日焼けをしないよう腕や足など身体に日焼け止めを塗るでしょうが、これはお化粧をしていることと同じような状態になりますので、身体もしっかりクレンジングすることが大切です。顔と同じように、クレンジング効果のある洗顔フォームでしっかり洗い落としましょう。肘部分は日焼け止めがたまりやすいので、特に念入りに落としてあげましょう。
 ここで大切なのは刺激を与えないことです。日焼け止めは肌に刺激を与えてしまうもので、しかも何度も塗りなおしているものですから肌はずいぶん弱ってしまっています。ボディタオルなどでゴシゴシしたりせず、優しく撫でるように洗ってあげることが大切です。
 またお風呂から上がったらしっかり水分を拭き取ったのち、ボディ用のローションやクリームで保湿しましょう。ここでも肘部分はかさつきやすいので、くるくる円を描くようにしっかりと塗り込みます。ここで注意すべき点はボディクリーム。保湿とはいえワセリンなど油分の多いものを使用すると体内の熱が放出されないままになってしまい炎症を起こしてしまったり水泡や感染症のリスクも高まるといいますのでボディクリーム選びはしっかりと行いましょう。

インナーケア編

halca_sunburn20140430b
 まず大切なのは水分補給です。肌の外側からの補給だけでなく、きちんと飲料を取って体内の水分補給も忘れずに行いましょう。
 またケアに必要な栄養補給も大切です。よく言われるのはビタミン類。とくにC、A、Eは有効です。Cはレモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系や緑黄色野菜、Eはアボカドやゴマ、ナッツ類、Aはニンジンやピーマン、ホウレンソウなどの緑黄色野菜で摂取することをお勧めします。
halca_sunburn20140430c
 サプリメントで補うのも良いかもしれませんが、健康的に摂取するためにはやはり食品から摂ることが望ましいです。またそのほかにもβカロチン(緑黄色野菜)で肌細胞を傷つける活性酸素を抑制したり、たんぱく質(肉、魚、大豆食品)で肌を再生することも重要です。

 これからの季節、お出かけには最適ですがお肌には天敵がいっぱいです! しかしせっかくの外出日和です。後々のケアを万全にすることで、臆することなく外へ飛び出していきたいものですね!

Back to Top