メンタルを鍛えたい人に読んでほしい思考術その1



ちょっとしたことで落ち込んでしまう、落ち込んだが最後なかなか元のように振る舞えない…。私なんてダメ…。そんなことでお悩みの方が多いのではないでしょうか。今回はそんな人のためにメンタルを鍛えるための思考術をまとめてみました。

落ち込んだらいけないは嘘

kusakabehimeno_menntaru20140316a
何となく、落ち込んだり悲しんだり泣いたりするのはいけないことなんていう風習がありますがそれこそいけないことです。実は、泣いたり悲しんだりすることで次の楽しい嬉しいなどの感情が生まれてくるのだということが臨床で立証されています。
「喜怒哀楽」という言葉がありますが、喜と楽は怒と哀でフタをされている感情だそうなので怒ったり悲しんで泣いたりをしなければいけないんですね。我慢をしても仕方のないことは我慢せず自分を解放してあげましょう。周りに被害がいかない程度には怒って泣いてさっぱりしませんか?
世間の間違った常識や風習に惑わされないようにして日々を楽しく過ごしましょう。

内なる声を理解すること

仕事に行きたいから起きなきゃいけないけど起きられない。そんな風に思ったことはありませんか?その時って本当に仕事に行きたいと思っていますか?本当の気持ちは「起きられない」というところだけではありませんか?
それは恥ずかしいことでも何でもありません。そのように自分の内なる声にきちんと耳を傾けることで本当の自分はどうしたいのかを理解することはメンタルを鍛える上の初期段階の自己認識や分析の面でとても重要です。もちろん遅刻して職場に迷惑を掛けてしまってはいけませんが…。

自信は日々の習慣から

kusakabehimeno_menntaru20140316b
「でも私自身ないし…」「私なんて何もできないし…」そんな風におどおどとしている時間はそろそろもったいないですよ。本当になんでもいいですからひとつだけ毎日続けられる習慣を持ちましょう。私は毎晩ブログを書くことにしていてもうすぐ半年になりますが周りからの反響も聞けて自己表現にもなるのでおすすめです。
筋トレをしたり料理をしたり掃除をしたりでもいいでしょう。必ず毎日続けられることを意識して始めてみてはいかがでしょうか。
どんな事があってもこれだけは毎日続けている、だなんて素敵だと思いますよ。

kusakabehimeno_menntaru20140316c
いかがでしたでしょうか。
最近、少しずつでも自分を変えて行こうという気持ちがあれば意外と変わっていけるものだなぁと思う機会が増えました。あなたがもっと素敵になれますように。

http://www.photo-ac.com

Back to Top