急速な拡大を見せる無線LAN



一部のマニア向けから一般市民へ浸透してきた無線LAN

satoshii_wifi20140228a
最近、無線LANが急速に一般化してきています。外を歩いていると、あちらこちらで「無線LAN」や「Wi-Fi」という言葉を見かけるようになりました。
以前はLANといえばパソコン中心の社内ネットワークというイメージが強かったと思います。会社内設備が主だったこともあり、主流は有線LANでした。ケーブル接続の高い信頼性に加え、スピードも速かったということが要因だろうと思います。そこでは、無線LANはあくまで会社内では有線LANの補完的役割にとどまり、一般家庭においては家庭内LANのススメなどの記事は見かけながらも、結局は一部の詳しい人、いわゆるマニア向けという枠は脱しきれていなかったと言えるでしょう。
ところが現在では、無線LANは有線LANに比べ、格段にその存在価値を高めています。それどころか、外出先においても、あらゆるところで公衆向けの無線LANが提供されるようになりました。大手コンビニエンスストアでは、公衆無線LANのサービスがないと生き残れないのではないかとさえ言われるまでになりました。今では、無線LANという言葉を見聞きしない日はないくらいまで浸透してきました。

スマートフォンとタブレットの普及が無線LANの拡大を後押し

この無線LANの設備の急激な拡大は、一体何によってもたらされたのでしょうか?これは間違いなく、スマートフォンやタブレットの急激な普及にあると思います。スマートフォンは、従来型携帯電話であるガラケーからの置き換え需要が今でも広がっていますが、ガラケーでは携帯電話回線によるインターネット通信のみだったのが、スマートフォンでは無線LANへの接続による高速インターネット通信を可能にしました。またタブレットは、携帯電話回線との契約のない、無線LAN専用の端末が売り上げの多数を占めていると言われます。
ともに、LANという観点で見れば、スマートフォンもタブレットも、有線LANには完全にそっぽを向いており、接続口すらありません。完全な無線LAN向け製品と言えるでしょう。
これらモバイルデバイスの急激な普及は、これらの機器が標準で搭載する無線LAN機能の使用の拡大にも大きく影響しています。モバイルデバイスによるインターネットの閲覧やダウンロード、オンラインゲームなど、多くは通信を介していますが、料金のかかるパケット通信でなく、無線LANにつなぐことで、料金がかからずにこれらの機能を楽しめるという点が非常に受けたのではないかと思います。
これらに連られるかのように、他の機器についても無線LAN対応も進んできています。プリンタの無線LAN対応は、スマートフォンやタブレットなどの無線LAN専用機から直接写真印刷できることで、大いに人気を博しています。また、ゲーム機についても、無線LANにつなぐことで、手軽にオンラインゲームができるようになりました。この他にもたくさんありますが、LAN設備からケーブルが消えたことで、一般の人にも定着し、様々な面で便利になってきています。

無線LAN自体の技術も進化中

satoshii_wifi20140228c
また、無線LAN環境の構築技術の進化も忘れてはいけないでしょう。誕生当初からしばらくの間は、パソコンの管理画面を開いて、必要となるソフトなどのインストールの設定の必要があったものが、今ではその手間をなくすことができるものも現れてきています。簡単に無線LANを構築できるようになったことも、急拡大の要因の一つでしょう。
今後、無線LANは、あらゆる場面での利用はもちろん、更なる提供場所の拡大が期待されています。そして、数年後にはどこに行っても無線LANは当たり前、という時代になっているのではないでしょうか?今後も大いに注目したいと思います。

Back to Top