女性のための情報コラム Woman's ④お子さんがいるご家庭での掃除のコツ

このコラムでは、忙しい現代の女性を応援し、生活の情報をお届けしています。 今回は、お子さんがいらっしゃるご家庭での掃除のコツについてお話します。 ■お子さんがいらっしゃるご家庭での掃除■ 住んでいる人が多ければ多いほど、家の中の物は多くなりますし、部屋が汚れることも増えます。 特にお子さんがいらっしゃるご家庭では、大人だけで生活をしているご家庭よりも掃除が必要となる回数も多くなります。 子どもはパパやママにとって大切で愛おしい宝物であり、その成長は喜びになります。 しかし、お子さんがいらっしゃると、お子さんが片付けをしないなどの悩みも生まれます。 それでは、お子さんがいらっしゃるご家庭では、どのようなことに気を付ければ掃除を楽にすることが出来るのでしょうか。 ■子どもは大人の姿をお手本にしている■ 子どもは大人を見て、その姿をお手本にします。 ですから、パパやママが物を散らかしたままにしていれば、お子さんも同じように使った物を散らかしたままにしてしまいます。 ですから、まずはお子さんに自分達が片付けをしている姿を見せてあげるようにしましょう。 そうすれば、お子さんも「使ったら片付ける」ということを自然に覚え始めます。 また、お子さんと一緒に片付けをするのもいい方法です。 「自分の物は自分で片付けなさい」と叱るだけでなく、「一緒にお片付けをしようね」と声を掛け、 一緒に楽しみながら片付けをするようにすれば、お子さんも片付けを楽しめますから、次第にお子さんだけでも片付けに取り組むようになるでしょう。 ■春休みには子ども部屋の整理をしよう■ お子さんの成長は、パパやママにとって嬉しいものです。 しかし、子どもの成長は早く、洋服を買ってもすぐに着られなくなってしまったり、学年が上がるにつれて教科書やノートも増えます。 物が多くなると、掃除がしにくくなります。 また、押し入れやクローゼットにぎゅうぎゅうに物を詰め込んでいると湿気が溜まり、カビの原因となってしまうことがあります。 お子さんの物は細々していて、整理せずにいると気付いた時にはかなりの分量が溜まってしまいます。 ですから、一年に一回、お子さんの物を整理するようにするといいでしょう。 タイミングとしては、進級や進学を控えた春休みがおすすめです。 この時期ならば、整理のついでに子ども部屋の大掃除をするにしても寒すぎないので掃除がしやすいですし、ゴミも出しやすいです。 この時も、お子さんと一緒に行うようにすれば、お子さん自身で要る物と要らない物を分けられますから、後からトラブルが起こらないようにすることが出来ます。 掲載画像提供サイトURL http://www.photo-ac.com/

Read More

関東で食べられるご当地ラーメン

茨城県中央部から端を発する野菜たっぷりのスタミナラーメン 茨城県は関東地方北部に位置する人口300万人前後の県ですが、茨城県=水戸黄門!納豆!というくらいのイメージしかないのが実情ではないでしょうか?実際、イメージが薄いことが国民から敬遠されているのか、先日あるアンケートで住みたくない県No.1に輝いてしまったというニュースもありました。そんな茨城県ですが、あまり知られていないだけで、実際はいろんな魅力にあふれた素晴らしい県でもあるのです。農産物では全国有数、東京の台所は茨城県が担っていると言っても過言でないくらいです。ラーメンの世界においても、そんな茨城県を象徴するラーメンが存在します。スタミナラーメンと言われ、県都である水戸やその隣である勝田(現ひたちなか市)を中心に、野菜たっぷりのラーメンがソウルフードとして食べられています。 野菜の他にレバーが入った甘辛の餡をかけて食べるのが特徴 そんなスタミナラーメンですが、普通のラーメンとは一線を画し、チャーシューやメンマといったような定番の具材は一切なく、レバーの他、キャベツやニラ、ニンジン、カボチャなどの茨城名産の野菜が入り、甘辛の餡を絡めて炒めたものが、ラーメンの上に乗っかります。そのラーメンですが、スープの入った状態の太麺のラーメンの上に餡を乗せると、通称「ホット」と呼ばれるスタミナラーメンとなります。スープも醤油ラーメンで、和風だしが結構強く効いたものとなっており、甘辛の餡とうまく融合し、決して手抜かりのない旨さがそこにあります。一方、茹でた太麺を水で締めた上に、先ほどの甘辛の餡を直接かける、通称「冷やし」と呼ばれるスタミナ冷やしというものも存在し、こちらは、麺の旨さが甘辛の餡によって一層引き立つ、ホットとは違った旨さがあります。どちらもそれぞれ違ったおいしさがあり、どちらがいいとは一概に言えず、できることであれば両方食べてその違ったおいしさを実際に味わっていただきたいと思います。 最近では県央にとどまらず、県南部、県北部にも進出中! そんな茨城県中央部から端を発したスタミナラーメン、スタミナ冷やしですが、総本山と言われる水戸市の「松五郎」から、どんどん弟子が巣立っていき、今では地元のみならず、県南部や県北部にもこれらの店が増えていきつつあります。つくば市の「がむしゃ」や「馬しゃ屋」は、もとは「松五郎」から生まれた直系の店で、本店に負けずとも劣らぬ旨さで、割と都心から移ってきた新住民の多いつくばにも根付く人気店となっています。また、「松五郎」を起こした店主が創業した水戸市内の「玄海」は、レバーの代わりにホルモンを使っており、こちらでしか味わえない貴重なスタミナラーメンとなって人気を博しています。最近は新しいスタミナラーメンの店はそれほど出店ラッシュにはなっていませんが、茨城県のB級グルメ、ソウルフードとしてのスタミナラーメンが、今後人気を博して全国にも知られるくらいになっていければいいと思っております。

Read More

近時の判例から見る法の下の平等の尊重

法の下の平等とは 近時の判例(最高裁判所の判断)の傾向を見ると、憲法第14条の定める法の下の平等をとても重視しているように感じられます。 法の下の平等とは、法律の適用と法律内容が平等であることが必要であるという考え方、解釈です。 法の下の平等というと、「全ての人が平等だ」といった意味合いで、道徳的な意味を言っていると誤解されることがあります。しかし、このような理解は誤解であって、法の下の平等とは、人は1人1人違っていること(差があること)を前提にして、法律上の取り扱いは平等にしなければならないというシステムのルールを決めているのが法の下の平等論です。 憲法は国会がつくる法律や法律の執行機関となる行政機関よりも上位のルールですので、憲法に定めたルールに違反して、国が不平等なルールを作った場合には、無効となります。これが法の下の平等の意味するところです。 近時の判例と法の下の平等 最近の判例を見ますと、この法の下の平等に反することを理由として、法令が無効という判断が増えています。例えば、平成25年9月4日判決は、非嫡出子(結婚外で生まれた子供、俗に言う私生児)と嫡出子(婚姻で生まれた子供)が相続できる遺産が異なるという民法第900条4号但書きは、憲法第14条に違反すると決定しました。 また、全国で選挙区割りによる1票の価値不平等が生じていることを理由として選挙が違憲状態であるという判断も相次いでいます。全国のほぼ全てで訴訟が行われており、多くの事案で最高裁まで争われますが、最高裁で無効が確定すればその区域では選挙を一からやり直すことになります。莫大な手間と費用がかかり、当選した議員も職を失います。それでも選挙区割りが不平等なら選挙をやり直すべきということです。 このように最近の判例では、法の下の平等を非常に尊重した判断が続いています。 法の下の平等尊重と司法積極主義 かつては、「法律が憲法に違反するから」などというと、思想的な偏りがあるかのような目で見られる傾向があった気がします。 しかし、近時では、むしろ法律等について違憲ではないかという判断が積極的に行われています。裁判所が憲法の番人として積極的に司法判断を行う司法積極主義は、かつては理論(あるいは遠いアメリカ)だけのものとされていたのが、非常に身近になってきたと感じます。 このような裁判所の姿勢は、憲法について様々な議論が増えている中でとても好ましいものなのではないでしょうか。憲法のあり方が生活に影響するということがありありと分かるようになります。 近時の違憲判断増加から、憲法を再度学ばれてみることも良いのではないでしょうか。 ライセンス元URL http://www.ashinari.com/search/search.php?search=%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80

Read More

日本でいながらタダで地味に英語力をアップする方法

英語が喋れるようになりたい。。 英語がぺらぺらになったら、かっこいいだけじゃなく、仕事や学校でも使えますよね。 最近の英語熱で、どこに言っても英語の能力は不可欠の時代です。 海外に行って、英語を習得してくれば手っ取り早いのだろうけど。 そんな時間もお金もないし、面倒くさいのも正直なはなし。 独学でできる英語の本なんかもたくさん出ているけど、どれが一番効果的なのかも分からないし、ひとつの勉強法に絞ってコツコツやっていくっていう勇気もない。 そんなあなたに、毎日の生活の中でお金をかけずに少しずつ英語力をアップさせる方法を教えます。 ここで気をつけたいのが、これは地道な方法ということです。 なんといっても、「お金をかけずに」「少しずつ」ですから、細く長い道のりですが、必ず最後には身になる方法です。 1 辞書活用 今の日本では、日本でつくられた造語英語も含め、たくさんの外来語で溢れています。テレビをつけても、街を歩いても、雑誌を開いても、カタカナの言葉でいっぱいです。 スポーツチームの名前、漫才師コンビの名前、車の名前、交通標識、流行している言葉、化粧品の名前、ブランド、ファッションタイプの名前などなど。 そんな言葉たちの本当の意味。考えたことありますか? 英語がそのままカタカナ表記になったことば。そんな言葉たちをぜひ、辞書で調べてみましょう。全く意味が分からないっていうものもあれば、多分こうだと思う。という言葉など、色々あると思いますが、分かっていると思っていても、きちんと説明できなかったり、本当は英語ではどういう使い方をするのかわからない言葉はたくさんあります。 あえて、辞書で調べてみると、意味だけでなく例文も載っていますから、実用的にどういうふうに使うのかという勉強になります。 目に入る英単語ひとつひとつを、クリアにしていくだけでも、小さなステップですが、頭に入っています。 このプロセスに慣れると、目に入る「本当は意味を知らないことば」を放っておけなくなります。辞書で引いてみることが癖になれば、しめたものです。 実は筆者はこれが癖になり、高校生の時は辞書をそのまま読む、というのが趣味になったほどです。それでも手っ取り早くていいのですが、そこまで行くと、やや英語フリーク的かもしれません。 2 謙虚になる 幼児向けの英語のテレビ番組。見た事ありますか? 大の大人なんだから、多分見た事無いっていう人が多いと思います。 それに、「ABCを教えているんでしょ?私はそれくらいは分かる。高校の英語を復習する番組とかならまだしも。」と思ったかもしれません。 ここは、謙虚になりましょう。 英語がしゃべりたい=まだまだ英語が喋れない人。なんです。 あくまで、学生である、習わせていただいているっていう態度は大事です。 ですから、どんなことでも英語の知識に関して貪欲になる。 先ほどの、分からない言葉を全て辞書で調べるというのもそうですが、ひとつひとつを知りたい、と思ってください。 そして、その時に謙虚になることは大切です。 幼児むけの英語番組でも、必ず勉強になることは1つや2つはあるんです。 ふとした言い回しとか、表現とか。そういうのをネイティブの先生が子供に話しかけるのを見ていると「そう言えばいいのか」と思えることって、案外ありますよ。 謙虚に、そして貪欲に。小さなどんなチャンスも逃さずに、英語をモノにする機会だととらえましょう。 3 楽しむ 最後は、こんな小さなプロセスを楽しむことです。 言語習得ははっきり言って、気が長くないとできないことです。 一日や二日、一年や二年で習得できないです。きりがないことですから。 小さな努力を積むしか無いところはあります。 でも、そうやって町中で見た単語を調べてみたり、「ああそうなのか」と思える数があればあるほど、実際に英語の力を試されたときに「知ってて良かった」と思えます。 楽しむために、洋楽を聞いてみたり、洋画を見たりしましょう。 そうすれば、最初のうちは全く聞き取れないですが、そのうちに「あれは、あの時に道路標識に書かれていたことばだ」とか、「あの辞書の例文に書いてあった、あれか!」と分かるときが来ます。 その喜びといったら。 最後は皆、洋画を字幕なしで見たい。と切実に願うものですが、それもこんな小さな努力の積み重ねの結果だったりします。 とにかく続けなければ、習得できないですから、少しずつでいいので楽しんでいきましょう。

Read More

相続税の基本についてコンパクトなまとめ

  相続税という税制度 相続が発生しますと相続税という税金が発生し得ます。相続税は、相続の事実に基づいて財産の移転があった場合に財産の相続人にかかる税金です。 今の日本の法律では、財産権は(負債も含めて)死亡と失踪宣告という事実が発生すると相続されることとなっています(民法第896条)。 戦前の法律では、家督相続制度により、死亡や失踪以外に戸主の意思で包括的に財産を譲ることが可能でしたが、現在では、例えば「一切の権利義務を贈与する」というような特殊な契約をしない限りは、財産権は相続によっての承継されることになります。 そして、相続した遺産の価格(正味財産)が一定以上の場合には相続税が徴税されることになります。 相続税という制度は、実はアジアでは珍しい税金の制度です。例えば、中国や香港、シンガポールなどでは相続税の制度はありません。 なぜ相続税が課せられるのかという点については、明確な答えはないということが正直なところではないでしょうか。 一般には富の再配分、資産の世襲化の防止(親が資産家の場合に子が資産家のままであることを防ぐ)などの理由が挙げられますが、相続税がなくとも富の再配分、資産の世襲化の防止は成功している国はたくさん存在していますので、実証的な根拠に欠けます。 現実的な理由として、日露戦争の頃に制度化され、その後、国の収入として欠くことができないものとなっているため存在しているというのが現実的な理由ということができるでしょう。 実際、平成27年からは相続税の基礎控除額が引き下げられ、税率が高くなり、相続税からの税収入を増やす方向であることは否定できないと言えます。 相続税の算出方法のポイントは基礎控除額 相続税の計算方法は非常に複雑ですが、端的に計算方法の要点をまとめますと、基礎控除額の範囲内かどうかがポイントです。 平成26年中に発生した相続については、 【5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人数】 を超えなければ、相続税は発生しません。 例えば、相続人が配偶者と子息お一人であれば、法定相続人は2人ですので、5000万円+1000万円×2=7000万円以上の遺産がなければ相続税が発生しないことになります。 一方で、平成27年1月1日以降の相続については、 【3,000万円 + 600万円 × 法定相続人数】 で計算されます。その結果、先の例であれば、3000万円+600万円×2=4200万円以上の遺産で相続税が課税される可能性が生じることになります。 相続税の課税ハードルが半分近く下がっており、相続税発生の可能性は非常に高くなります。 平成27年以降は、日本の相続税制度は、国家財政を支える程の大きな税収となるかもしれません。 (ライセンスURL http://www.ashinari.com/search/search.php?search=%E3%81%8A%E9%87%91)

Read More


Back to Top