脳に訴えかける!ズボラにうってつけのダイエット方法!

はじめに こんちには!ズボラ新米主婦のマコです。 ダイエットしたいと思っていても「面倒くさい」「疲れる」「長続きしない」 「寒い/暑い」などの理由で、なかなかとりかかれないアナタ! 私が脳に訴えかけるだけの簡単ズボラダイエット術を伝授します。 そもそも「痩せなきゃ」って思うのがダメ そもそも、痩せなきゃ!と思うのがダメなのです。 ストレスを増幅させるだけです。 ダイエットしよう!と思えば思うほど焦るだけですし、無理な運動、キツい食事制限、不味いわりに高いダイエット食品を飲んだりするから長続きしないのです。 ダイエットをしてもいつも失敗する!という人は、もしかしたら成功しない理由は「ストレス」かもしれませんよ。 思い込むだけ!ダイエットは「脳」でする! 私が日頃から実践しているのは、ただ一つだけです。 簡単すぎてダイエットと言えないくらいです。 それは•••「お菓子やケーキを食べたって太らないから大丈夫、大丈夫」と思いながらとっても味わって食べるだけです。 つまり、脳に「太らない」と訴えかけるだけの簡単ダイエットです。 ズボラでもできますよね? 医学的にも立証されている! 脳に訴えかけて「私はおいしいものを食べても太らない」と念じる、訴えかけることで太らないのは私だけ?となると怪しいのでもう少し医学的見地からリサーチしてみました。 すると、九州大学の医学博士であられる藤野武彦先生が『脳疲労概念』を提唱されており、臨床研究で証明されているようです。 そのあたりを簡単にご紹介すると、 脳には大脳新皮質と呼ばれるいわば「知性」の部分と、旧皮質と呼ばれる「本能」の部分があります。 通常はこの「新皮質」と「旧皮質」はバランスよく対等に働くべきものなのです。 しかし、現在は、スケジュール管理された世の中で動かなければなりませんよね。 そのせいでバランスが悪くなり、「新皮質」が優位になっている状態なのです。それが脳疲労の原因だそうですよ。 そして、この脳疲労が肥満の原因になってくるのですって。 脳疲労になると、脳のプログラムに異変が起こって、五感も鈍くなり、意欲が低下してきます。倦怠感も出やすくなり、運動したくなくなります。 また五感の中で顕著に影響がでるのが味覚だそうです。 甘味に対して鈍感になり、しかもエスカレートしてくると、もっと甘いものが欲しくなってしまったり、もっと食べないと足りないと思ってしまうのです。 食べる量や味覚のモノサシに狂いが生じてくるそうですよ。 そんなわけで、自分だけが実践している(と思っていた)とっておきの「脳に訴えかけるダイエット」は医学的に研究されているものだったんですよね。 おわりに いかがでしたか? ダイエットが続かないと自分を責めてしまいがちですよね。 少し痩せてもリバウンドするとへこみます。 でも、それは「脳疲労」のためだと考えるとちょっと気楽になれますよ。 ぜひ「脳に訴えかけるダイエット」を実践してみてくださいね。 画像引用元 足成 a  http://www.ashinari.com/2013/11/27-384047.php?category=5 b http://www.ashinari.com/2012/07/01-364376.php c http://www.ashinari.com/2012/11/17-373078.php

Read More

メイクを落とさず寝てしまった日!翌日の効果的な対処方法

働く女子にありがち。夜遅くまでガッツリ仕事をした日、家に帰ってそのまま布団にバタンキュー。メイクも落とさず寝てしまって、気づけば朝!そして果てしない自己嫌悪に陥る・・・といった経験はありませんか? そんな時、とにかく急いでなんらかの対処方法を取ると思いますが、この多少方法の良しあしによって、その後のお肌が生き返るか、さらに悪化してしまうのかの分かれ道になります。 正しい対処方法をとって、メイクしたまま寝てしまった翌日のお肌を復活させてあげましょう! 汚れを取りたいがためのゴシゴシ洗いは、超危険行為! メイクをしたまま寝てしまったら、お肌の毛穴すべてにまでメイクがこびりついたような気になりますよね。だから、ついつい洗浄力の高いクレンジングでゴシゴシ洗って、スッキリ洗顔でゴシゴシ洗って・・・。気持ちはわかりますが、実はこれ、超危険行為なんです! メイクしたままのお肌は、もちろん毛穴に皮脂や汗、汚れなどあらゆるものが付着しています。メイクの中に含まれる顔料の成分が、長時間置いておくことによりお肌の水分を奪い乾燥させ、お肌の表面の皮膚は固くてごわごわになってしまいます。そんなお肌をさらにゴシゴシ洗ってしまうと、表面が乾燥してカサカサ、お肌表面が毛羽立ってしまい、人によっては乾燥肌の誘発にもなってしまいます。 お好み別、簡単・効果的な対処法 基本的には顔の汚れを取る方法が一番重要です。以下の方法の後は、水分補給を重点的に行った普段通りのスキンケアでOK! ・美容オイルを使用する 私が一番お勧めするのは、このオイルを使った対処方法。高価なものでなくても、ベビーオイルや顔用のマッサージオイルでもOKです。 起きてすぐのお肌にたっぷりオイルをつけ、ゆっくりとマッサージ。オイルの成分で汚れを浮かせて表面を柔らかくさせるので、ゴシゴシすることは必要ありません! ・乳液で拭き取る オイル使いが苦手な人向けに、乳液で代用します。 乳液を、たっぷりとコットンにしみこませてお肌表面にたっぷりと付けます。「拭く」といったイメージではありますが、決してそれでメイクをこそぎ取ることの無いように! メイクが浮いてもちもちして来たら、軽く拭き取ってさっとクレンジング、さっと洗顔を済ませます。 ・ホットタオルで毛穴を開かせる これは、通常のクレンジング前に行うといい方法です。暖かいホットタオルをお肌にのせて3分。アツアツだと、タオルを外したとき水分が一気に蒸発するので、熱すぎないよう注意しましょう。 お肌が柔らかくなったら、ミルク・クリーム系のクレンジングでくるくるとマッサージするようにクレンジング。ホットタオルでふき取って、軽く洗顔を済ませてください。 メイクしたまま寝ても大丈夫なコスメなどおありますが、やはりお肌にはメイクを残さないようにケアしてあげることが一番です。もしうっかりメイクを落とさず寝てしまった場合は、この対処方法でぜひお肌を助けてあげましょう。 画像引用:http://www.photo-ac.com/

Read More

ノンフィクション回想記 インド旅行 世界遺産編②

この回想旅行記インド編もいよいよ序盤が終わりを迎えるようかというところ、アウランガバードの観光スポットも残すところあと二つになりました。旅の予定としては全三日間の観光をしたのですが現地の人の協力もあってか効率よく回れたのではないかと今では思っています。 中世最強のと言われた要塞ダウラガバード 北西に15kmほど進むと中世インドで最強と謳われたムガル帝国の要塞が目の前に現れる。イメージとしては日本の天空の城と言われる武田城跡の様なものだろうか最上階まで登ると雲が下に見え、高原がすべて見渡せる。あいにくモンスーン時期(雨季)だった為か景色は良い方ではなかったが入道雲がどこで雨を降らせていて、どこが晴れているのかわかる。登っていくと到る処に銃身2mほどの大砲が設置されており砲台から向かいの山まではほとんど何もない平野が続いている。中世とはいえ大砲は乗用車一台を楽々貫通する性能を持っている為そんなものが頭の上から降ってくると言う状況になるれば、、、かつて最強と謳われた要塞も現在は野生のリスやサルたちの住みかになっており住民は到って平和に暮らしている パーンチャッキー パーンチャッキーとは水車場と言う意味らしいですが、イスラム教の偉大な師と呼ばれる方の考案で建築されたと言われています。入口には樹齢何百年あろうかと思われる木がフェンスや柵を飲み込みながら立っていてそこから庭園やエントランスへと続いています。一見するとわかりにくいですが池の下には教室があり涼しい環境で勉強できるスペースになっていたそうです。(現在は観光スポット化しているので勉強している生徒はいませんが) ローカル情報 アウランガバードでは、土日になると住宅街ではスピーカーを道路に放りだし音楽を楽しむ風習があるようでよるになるとそういった光景を良く目にする。特に観光以外での楽しみはなかったように思えるがよくよく考えるとドイツから来たビジネスマンと相乗りさせられてなぜか商談に立ち会ったり、観光地でNPO活動をしている日本人と出会って一緒に行動しないか?と誘われたり、現地の人と言葉を教え合ったりと自然な形で出会いがあり色々と楽しませてもらったなぁという印象です。むしろそうした事こそが旅の醍醐味であったりするのかもしれませんね。 観光を終えた僕たちはまたプネーへと一旦戻ることになるのですが、、、一緒に行った友人が旅先でちょっと大変な事をやらかしてしまいますが、旅の話は一旦プネーへと戻ります。

Read More

太らないためのおやつの食べ方

ダイエットにおやつは大敵? http://www.ashinari.com/2014/02/24-386211.php ダイエットを決意した人は、まず「甘いものは絶対禁止!」「間食はしない!」なんて心に決めますよね。 確かに糖分を摂ると、太りやすいので、おやつを食べることはダイエット中のご法度のように思えます。 ですが、おやつは上手に取り入れたほうが、ダイエットを成功に導きやすいのです。 でも、好きなものを好きなだけ食べてOKというわけでは、決してありません。 では、どのようなおやつの食べ方をすれば、太らずに楽しむことができるのでしょうか? その1:おやつは摂取カロリーの1/10程度に! http://www.ashinari.com/2014/01/27-385163.php 適度なおやつは、食事と食事の間の空腹感や、そこからくるストレスを和らげることで、次の食事のドカ食いを予防します。 つまり、ダイエットに高い効果を発揮するというわけなのです。 ですが、やっぱりおやつを食べるにあたって、気になるのはカロリーですよね。 基本的に、おやつの理想とされるカロリーは、1日に必要な摂取カロリーの目安となる数字の、1/10程度だといわれています。 つまり、一般的な女性の必要摂取カロリーは1800カロリー程度。 だから、おやつは180キロカロリー程度を摂取するようにすれば良いのです。 市販のお菓子類でも、カロリー表示がされているものは多いので、そういったものをよくチェックして、この数字に収まるようにしましょう。 その2:ダイエット食品を利用 http://www.ashinari.com/2009/09/06-027505.php よくある置き換えダイエット食品は、食事に置き換えてしまうと、ストレスが溜まったり、空腹感がガマンできなかったりしますよね。 そんな方は、置き換えダイエット食品をおやつにしてみましょう。 置き換えダイエット食品は、満腹感が得られる工夫やバランスよく栄養を摂れる工夫がされているので、市販の菓子類を食べるよりも、ずっと健康的でダイエット向きです。 それに、低カロリーに作られているから、ついついカロリーオーバーしがちなおやつを賢く食べられるようになります。 さらに、甘くて美味しいムースタイプや蒸しパンタイプのものなど、おやつにはピッタリなものが多いのも魅力ですね。 その3:和菓子をセレクト! http://www.ashinari.com/2014/01/20-384860.php 太る原因というと、お砂糖ばかりイメージしてしまいがちですが、実は気をつけたいのは、バター等の油脂類です。 お砂糖とバターをたっぷり使った洋菓子類は、太りやすいおやつの代表格なのです。 だから、米とあんこで作られたお団子など、できるだけ油脂を使わずに作られた和菓子をセレクトするようにしてみてください。 和菓子は満腹感も得られやすく、あんこに使われる小豆、きな粉に使われる大豆などには、食物繊維もたっぷりだから、便秘解消にも役立ちますよ! おやつは上手に選べば、ただ太るだけのものではありません。 ストレスを発散し、ダイエットの1番の失敗であるリバウンドを防いでくれる効果のあるものです。 賢く選んで、賢く楽しみましょう。 (photo by 足成)

Read More

女性のための情報コラム Woman's ②バス・キッチン・トイレ掃除のコツ

このコラムでは、忙しい現代の女性を応援し、生活の情報をお届けしています。 前回は大掃除を楽にする方法として“ちょこっと掃除”と洗面所の“ちょこっと掃除”の方法をご紹介しました。 洗面所は使う頻度が高く、汚れも溜まりやすい場所です。しかし、家の中には、まだまだ汚れが溜まりやすい場所があります。 そこで今回は、バスルーム・キッチン・トイレの“ちょこっと掃除”をご紹介します。 ■バスルームの“ちょこっと掃除”■ 皆さんの中には、美容のためにこだわりのバスライフを送っている方もいらっしゃるでしょう。 また、お風呂は美容以外にも健康や心のリラックスにも効果的です。せっかくのバスタイムですから、綺麗なお風呂でゆったり過ごしたいですよね。 しかし、掃除をサボっていると、バスルームにはヌメリやカビが発生してしまいます。 これを放置していると、落とすのに時間もかかりますし、浴槽の中も雑菌だらけになってしまいます。 そこで、バスルームに取り入れたい“ちょこっと掃除”が、入浴後の掃除です。 入浴前にお風呂掃除をすることは普段からされていると思いますが、入浴後は絶好のお掃除タイムなのです。 入浴をするとバスルーム全体が暖まります。 暖かいと、汚れも浮きやすくて落としやすいので、入浴後に余裕がある時は気になる汚れを見付けたら綺麗にするようにしましょう。 ■キッチンの“ちょこっと掃除”■ 自炊は経済的で、美容や健康のためにもオススメです。 また、料理やお菓子作りを楽しんでいらっしゃる方も多いと思います。 キッチンには、場所によって異なる汚れが付きます。 シンクには、水アカや石鹸カス、食べ物の汚れが付きます。 排水口のニオイを気にして、シンクの掃除を苦手に感じられることもあると思いますが、シンクも頻繁に掃除をすることで清潔に保てます。 シンクならば、洗いものが終わった後に軽く掃除をすることを習慣にするといいでしょう。 そして、作業台やコンロ周り、壁には油汚れとホコリが付着しやすいです。 これらは合体し、時間が経つと頑固な汚れに変化します。 ですから、調理を終えたら、作業台や壁などを拭くように心がけましょう。 そのちょっとした掃除をすれば、頑固な汚れになる前に汚れを取り除けるのです。 ■トイレの“ちょこっと掃除”■ 人間は生きていくために食事をとり、生理現象として排泄をします。 そのため、トイレを一日に何度も使用します。水周りは汚れが付きやすい場所であり、トイレにも汚れが溜まりやすいです。 使用する度に気になる汚れをちょっと掃除するようにすれば、トイレを清潔に保てます。 特に、男性が同居している場合、トイレの床への飛び散りなどもありますから、トイレを使用した時にトイレクリーナーなどを使用して軽く床掃除をすると効果的でしょう。 掲載画像提供サイトURL http://www.photo-ac.com/ http://www.ac-illust.com/

Read More


Back to Top