ミャウミャウ

「にきび=さっぱりコスメ」は間違い!今すぐ実践できるにきびケア

「ニキビ肌=さっぱりコスメ」という間違った常識が横行している昨今、ニキビ肌じゃないのにニキビ用化粧品を使用して、間違った情報に踊らされている人が多く非常に残念です。 ニキビ肌にこそ大切な油分を水から遠ざけて、つるつる素肌から遠ざかっていませんか? ニキビ肌と油分の正しい関係を理解して、ニキビのないつるつる潤い肌を手に入れましょう! ニキビの原因とメカニズム ニキビはオイリー肌だからできると思っている人は、そこからもう間違いが生じています。 乾燥肌だって、敏感肌だって、ニキビができる人はできてしまいます。それではなぜニキビができてしまうのでしょうか? ニキビにはさまざまな種類がありますが、炎症を起こしているいわゆる「皮膚病」に分類されるニキビ以外は、乾燥からきているものがほとんど。 お肌表面の角質層が乾燥により硬くなるとターンオーバーが十分に行われず、老廃物や古い角質、酸化した油分などが詰まって肌表面に出られなくなり、皮膚の下で膿んでしまいます。これがニキビとしていつまでもお肌表面に居座ってしまうのです。 ニキビ肌に本当に必要なのは『油分』 ターンオーバーは、お肌にとって何よりも大切。お肌の新陳代謝が良くないとターンオーバーも正常に機能しなくなります。また、乾燥などでお肌の表面が固くなってしまった場合も、古い角質がはがれにくくなり、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。 ニキビ肌が避けがちな油分ですが、油分にはお肌表面の角質層を柔らかくほぐし、そのあとに使用する化粧品の成分を浸透しやすくする役割があります。また、油分はお肌の表面で均一な膜の役割を果たしてくれます。これによって、外的ストレスを守り、ターンオーバーを正常に機能させてくれるのです。ニキビのできにくい肌にするには、まずはしっかりと油分を与え、て肌表面を柔らかく保ってあげることが必要です。 スキンケアコスメの成分に注意! 潤いを与えるために毎日使用しているスキンケアコスメ。でもその成分がお肌を傷つけているかも?!ニキビができる原因として、スキンケアコスメの中に含まれる成分でトラブルを起こしている可能性もあります。 一般的にコスメの中には防腐剤として使用される代表的な「パラベン」などを始め、香料や着色料、エタノール、合成界面活性などの化学成分がたくさん含まれています。これらが含まれるコスメを使い続けることによって、肌の奥に成分が残ってしまって後々トラブルを引き起こしたり、それらの成分によって肌の水分が蒸発して乾燥を引き起こしてニキビ肌となっていることも考えられるのです。 とはいえ、100%オーガニックのものを使えばいいというわけでもなく、また化学成分のすべてがお肌に悪いというわけでもありません。自分のお肌に合うものであるかどうか、成分の特性を知ることが大切です。 乾燥して肌がカサカサするようならエタノールや合成界面活性剤などが含まれているものを避ける、赤みやかゆみが出てしまうようなら無添加のものを選ぶなど、まずは自分のお肌にとって必要なものと必要でないものを見極めてコスメを選び、お肌の調子が一番良くなるコスメを選ぶようにしましょう。 若者の悩みの種であるニキビは、油分を取り去ればいいという間違った噂やニキビ用化粧品のCMなどのイメージが横行して、正しい知識が知られていないことも事実。でも、ニキビ肌はきちんとしたお手入れで大幅に改善することが可能です。 今日からしっかりと油分を与えてあげて、ニキビのない潤ったお肌を目指しましょう。 画像引用:http://www.photo-ac.com/

Read More

留学に持って行くべきグッズ その1

念願のアメリカ留学を果たし、アメリカの地を初めて踏みしめたことのこと、昨日のように覚えています。 小春日和でぽかぽか暖かく、初めて嗅ぐアメリカの空気の匂いは本当にすがすがしく、私の留学デビューをお祝いしてくれているようでした。。。 あれからもう10年も経ってしまったなんて、考えられません! あの時のことを回想しながら、留学に持って行って良かった。または、持って行けば良かった!と思ったグッズを今日は紹介します。 まずは取捨選択 バカでかいスーツケースとボストンバッグを片手に、その中に自分で必要だと思う全ての持ち物を入れて、出国しました。飛行機での大きな移動。しかも旅行ではないので、生活するための物を詰めるのは意外に難しかったです。 国単位で移動するときは、何が一番重要かというと、取捨選択する能力だったりします。 無駄に持って行けば邪魔だし、何よりスーツケースの中のスペースがもったいない。最終的に重すぎると余計な運賃まで取られてしまう昨今。なるべく身軽で、無駄無く移動したいものです。 その時に、日頃から自分は何に価値を置いて、何が大事なのか。というのを見つめておくのが大事です。ある人には全く意味のない物でも、それが自分にとって欠かせないものだとしたら、それを持って行くべきです。 自分を見つめて、ある程度取捨選択できる時間と能力をもってから挑みましょう。 日本食 海外旅行で日本食を持って行くのは、私は個人的に反対です。 旅行するのなら、現地のものを食べて現地の人と触れ合って、なんぼ。と考えているからです。衛生面などが非常に悪いなどなら別ですが、非日常的な経験をするために旅行をしているので、せっかくなので現地ならではの経験をしたいものですよね。 しかし、留学となると違います。数日滞在するだけではなく、そこに数ヶ月、数年という単位で住むのです。そうなると、自分がなるべく快適になるように過ごさなければ、精神的ストレスは大きなものとなります。 その中でも大切なのは食。 日本で生まれ育ち、日本の素材や味付けに慣れているので、いくら自分が欧米のご飯が基本的に好きだといっても、白米やお茶漬けが恋しくなることは絶対あります。 現地で調達できればいいですが、それが難しい場所も多々ありますので、まずはスーツケースに詰めていきましょう。何を具体的に詰めるかは、個人の好みにもよりますが、私はとりあえず、電子レンジで炊けるご飯と、缶詰類、ふりかけ、あとは意外にカレールーなど後から作れるものも役立ったりしました。 次回は留学先で、自分のペースでいられるグッズを紹介します。 写真提供 http://www.photo-ac.com/

Read More

民事上の時効という制度について

時効は法律ごとに意味が違う 「時効」という言葉は、法律用語の中では比較的よく知られているものではないでしょうか。 最近、刑事事件では時効が一部なくなったものがあります。いくら時間が経ったとしても犯罪事実の重みは消えないという市民の感覚が法律制度にも反映されたものと言えるでしょう。 しかし、犯罪とは関係のない法分野(刑事法以外の分野)では時効制度はしっかりと存知しています。そして、時効制度は生活の様々な場面でふと関与することがあり得る制度ということができます。 消滅時効と取得時効 時効制度としてもっとも身近なものとしては、民法上の消滅時効の制度と取得時効の制度です(民法第167条。民法第162条) 商法など商事取引といった特殊な関係にも時効制度は設けられていますが、広く市民関係に適用されるのは民法上消滅時効と取得時効です。 消滅時効は一定期間権利を行使しないことで権利がなくなってしまうという制度です。権利がなくなることから消滅時効といいます。例えば、お金の貸し借りの契約をして金銭消費貸借契約が成立した場合、貸金の返還請求権は返済期日から10年で消滅時効とになります。(民法第166条) また、飲食代金は1年という短い期間で消滅時効にかかります。(民法第174条第4号)このように一定の時間の経過で権利がなくなる制度を消滅時効といいます。 一方で取得時効は一定の期間、目的物を占有することで目的物の所有権その他の権利を取得することができるという制度です。例えば、利用されるケースとしては、国が国有地として数十年にわたって専有している場合に、実は、私人の所有であることが判明した場合、国が時効制度を利用して土地の所有権を取得するというケースです。 取得時効は他人の物を単に持っているということだけでは成立せず、「所有の意思」という主観があることが客観的に証明されなければなりません。他人のものだけれど、自己のものとして保有している意思が客観的に見て取れる状況においてのみ時効取得は成立します。 例えば、賃貸物件では100年賃貸していても取得時効は成立しません。客観的に見て所有の意思がありえないためです。一方で、盗人(泥棒)は所有の意思があると言われます。 このように権利が消滅する消滅時効、権利を取得する取得時効は広く市民生活で触れる可能性がある制度です。 なぜ民事上の時効は認められるのか では、どうして民事上の時効と言う制度はあるのでしょうか。例えば、消滅時効なら、借金を支払わずに10年間逃げたもの勝ちです。このような制度をどうして法律は認めるのでしょうか。 時効制度の存在理由は様々な理由が考えられていますが、一つ有力に言われている理由としては、「権利の上に眠るものは保護しない」という考え方です。つまり、法律上権利者であっても、その権利を使わない人については法律は保護しないというのが時効制度のひとつの存在理由として挙げられます。 権利を実現するため(先ほどの例であれば借金の取立てのため)に法律は裁判や民事執行という様々な制度を設けています。そのような制度を十分に利用せずに権利を放置してしまった者については法律は保護しないということが「権利の上に眠るものは保護しない」という考え方です。 イメージとしては「天は自らを助けるものを助ける」といったところでしょうか。 他にも長期間の時間経過後の請求を認めては証拠が散逸してしまうということも挙げられます。 このような理由から時効制度は法律上制度しています。 他にも年金や税金の過後払いの国への還付請求権など、一方で国が請求する租税債権にも時効制度は存在しています。(国税通則法など) ライセンスURL http://www.ashinari.com/category.php?blogid=2&category=33&page=6

Read More

関東で食べられるご当地ラーメン

茨城県中央部から端を発する野菜たっぷりのスタミナラーメン 茨城県は関東地方北部に位置する人口300万人前後の県ですが、茨城県=水戸黄門!納豆!というくらいのイメージしかないのが実情ではないでしょうか?実際、イメージが薄いことが国民から敬遠されているのか、先日あるアンケートで住みたくない県No.1に輝いてしまったというニュースもありました。そんな茨城県ですが、あまり知られていないだけで、実際はいろんな魅力にあふれた素晴らしい県でもあるのです。農産物では全国有数、東京の台所は茨城県が担っていると言っても過言でないくらいです。ラーメンの世界においても、そんな茨城県を象徴するラーメンが存在します。スタミナラーメンと言われ、県都である水戸やその隣である勝田(現ひたちなか市)を中心に、野菜たっぷりのラーメンがソウルフードとして食べられています。 野菜の他にレバーが入った甘辛の餡をかけて食べるのが特徴 そんなスタミナラーメンですが、普通のラーメンとは一線を画し、チャーシューやメンマといったような定番の具材は一切なく、レバーの他、キャベツやニラ、ニンジン、カボチャなどの茨城名産の野菜が入り、甘辛の餡を絡めて炒めたものが、ラーメンの上に乗っかります。そのラーメンですが、スープの入った状態の太麺のラーメンの上に餡を乗せると、通称「ホット」と呼ばれるスタミナラーメンとなります。スープも醤油ラーメンで、和風だしが結構強く効いたものとなっており、甘辛の餡とうまく融合し、決して手抜かりのない旨さがそこにあります。一方、茹でた太麺を水で締めた上に、先ほどの甘辛の餡を直接かける、通称「冷やし」と呼ばれるスタミナ冷やしというものも存在し、こちらは、麺の旨さが甘辛の餡によって一層引き立つ、ホットとは違った旨さがあります。どちらもそれぞれ違ったおいしさがあり、どちらがいいとは一概に言えず、できることであれば両方食べてその違ったおいしさを実際に味わっていただきたいと思います。 最近では県央にとどまらず、県南部、県北部にも進出中! そんな茨城県中央部から端を発したスタミナラーメン、スタミナ冷やしですが、総本山と言われる水戸市の「松五郎」から、どんどん弟子が巣立っていき、今では地元のみならず、県南部や県北部にもこれらの店が増えていきつつあります。つくば市の「がむしゃ」や「馬しゃ屋」は、もとは「松五郎」から生まれた直系の店で、本店に負けずとも劣らぬ旨さで、割と都心から移ってきた新住民の多いつくばにも根付く人気店となっています。また、「松五郎」を起こした店主が創業した水戸市内の「玄海」は、レバーの代わりにホルモンを使っており、こちらでしか味わえない貴重なスタミナラーメンとなって人気を博しています。最近は新しいスタミナラーメンの店はそれほど出店ラッシュにはなっていませんが、茨城県のB級グルメ、ソウルフードとしてのスタミナラーメンが、今後人気を博して全国にも知られるくらいになっていければいいと思っております。

Read More

アメリカンライフ 真偽その7:通行人のキスハグ事情

日本人が抱くアメリカという国や人々に対する知識や印象は、本当に正解でしょうか?筆者の経験からそこを追求するエッセイ、アメリカンライフの7回目です。 今日は、公共の場でのキスやハグなどどれくらいオープンに見られるかという話です。 日本人のカップルはとても保守的で、今となっては手をつないだりキスくらいは見られるかなという認知ですが、実はまだまだ欧米諸国と比べると全くレベルが違うと筆者なんかは言いたいところです。 人前でキスやハグをするのが良いのか悪いのかはまず置いておいて、どれだけ一般的にそれが見られるかということだけをお話すると、日本ではほとんどと言っていいほど、まだまだ見られません。 スキンシップは自然 アメリカでいる時は、カップルはいつも体が触れているのが普通でした。お年寄りでも手をつないでいるし、若いカップルは腕をからませていたり、腰に手を回していたり、隙あらば軽くキスをしたりしているのは言うなれば息をしているくらい自然でした。 カップルだけでなく、友達同士でも久しぶりに会えばすぐにハグをします。別れ際にもハグをします。家族内でももちろんです。 つまり、スキンシップが日本人より格段に多いことが言えます。 これは文化の差なので本当にどちらが良いということではないのですが、基本的に、他の人間に触れることをあまり特別視していないという日本人とはスタートラインの差が浮き彫りになるところです。 むしろカップルはイチャつくもの アメリカでパーティに行ったり、カップルでのイベントに参加していて、キスやハグや何かしらお互いに触れていないとなると、「あれ、あの二人は喧嘩したのかしら?」「もうあんまり上手くいってないらしいわよ。」と噂になるかもしれません。 そのくらいに、カップルはむしろいちゃつくものだという認識さえあるような気がします。 そうしていないと、もう仲が良くないのか。浮気しているのかも?なんて見ているこちらも思ってしまいます。逆にいちゃついているカップルを見ると、アメリカ文化に慣れていると不思議ですね。こちらも幸せな気分になってきます。 筆者なんかも、アメリカナイズをたっぷりした方なので、彼氏がいたときはアメリカ人と同じようにラブラブしていましたし、友達が恋人とそういう風に触れ合っていると、こちらも「良かったよね!」という気分になっていました。 表現が素直 日本人は愛情表現が苦手だという風に言われています。 しかし、日本でいるときはその実感が湧きませんでした。 それが、日本を出てアメリカのスキンシップたっぷりな文化に慣れ、そして日本にまた戻ってきて、自分の感覚がずれていると気づいたときのいわゆる「逆カルチャーショック」を体験すると、それがはじめて分かりました。。 在米中、アメリカのべたべた触る文化が「普通」だと思うくらいに慣れ、日本人の友達に久しぶりに会ったとき、「そうだハグできないんだ」と自分で自分を押さえないといけない程になって、「日本人は愛情表現が苦手だ」ということの本当の意味が分かった気がしました。 日本文化は恥の文化で、自分の感情を見せることは恥ずかしいことだと昔から言われていました。2000年を過ぎた今も、やはりその文化というのは根強いところがあり、今の若い人の間でも、やはり日本人は日本人なのだとここで再確認してしまいます。 結論をいえば、アメリカ人は愛情表現をところ構わずします。そして、それを普通に受け入れる文化と社会があります。郷に入れば郷に従えというところでしょうか。これを日本ではやはりできないのは、それを受け入れられない文化と社会の雰囲気があるからでしょう。 食生活から政治政策まで、日本は欧米化ばかりしている昨今ですが、実はこんな文化的なところでは、やはり日本は日本なのだとうなってしまいます。 画像提供:写真ACよりhttp://www.photo-ac.com/

Read More


Back to Top