kotori

透明肌を守りきれ!夏に万全日焼けケアの基本とコツ

冬も終わり、行楽には最適なシーズンとなりました。 これからの季節、きれいな透明感のある肌を保つために気をつけたいのが「日焼け」。 どんなに日焼け止めをつけていても完全に防ぎきれない、憎いヤツです。 今回は今年こそ美白肌を保ちたいあなたのため、日焼けの基本ケアをおさらい、まとめてみました。自宅で身近なものを使って簡単に出来るケア方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 基本的に  日焼けは英語でsunburnといい、まさしく太陽(sun)によるやけど(burn)です。またはsuntanといい。こちらは紫外線が体内のメラニンに働きかけた結果、褐色色素が皮膚に定着することを指します。  やけど肌のケアと同じなので、強くこすったり刺激を与えたりすることはNGです。また、やけどをしたらすぐに流水で冷やして! と言いますがこちらも同じです。日焼けをして帰ったらなるべく早くケアすることが後に残さないために重要なステップです。また程度のひどい日焼けであれば自分なりの方法などでむやみに触りすぎず、すぐに皮膚科医にかかることも大切です。 フェイスケア編  まずは「冷やす」ステップからです。  このように保冷剤や氷を入れた袋をタオルに包んだもの、または冷たいシャワーでしっかり冷やします。注意すべき点は先に化粧水や乳液をつけてしまわないことです。肌が刺激されてしまうため、赤みやひりひりした感じが引くまでは避け、まずはしっかりと冷やしましょう。  そうしたあとは水分補給です。1日かけて肌の水分が奪われ、パリパリに乾燥している状態なので、化粧水はたっぷり入れ込みます。高価なものを少し使うのではなく、安価なものでも構わないのでとにかくたっぷり、まんべんなく浸透させることが大切です。その後シートマスクをする方は、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておくことをお勧めします。日焼けしそうな日は冷蔵庫に入れて外出。不意に日焼けしてしまったらお風呂に入る前でもよいので冷やしておくと良いですね。シートマスクはつけすぎたままにしていると乾いて逆に肌の水分を奪ってしまうので、ある程度時間がたったら湿っている間に剥いでしまうようにしましょう。その後化粧水が蒸発しないように乳液できちんと蓋をします。 ボディケア編  まずはフェイスケアと同じようにシャワーや水風呂などで肌を冷やします。しっかり冷やしたタオルやフェイスと同じように保冷剤や氷を袋に入れたもので冷やすのも良です。  日焼けをしないよう腕や足など身体に日焼け止めを塗るでしょうが、これはお化粧をしていることと同じような状態になりますので、身体もしっかりクレンジングすることが大切です。顔と同じように、クレンジング効果のある洗顔フォームでしっかり洗い落としましょう。肘部分は日焼け止めがたまりやすいので、特に念入りに落としてあげましょう。  ここで大切なのは刺激を与えないことです。日焼け止めは肌に刺激を与えてしまうもので、しかも何度も塗りなおしているものですから肌はずいぶん弱ってしまっています。ボディタオルなどでゴシゴシしたりせず、優しく撫でるように洗ってあげることが大切です。  またお風呂から上がったらしっかり水分を拭き取ったのち、ボディ用のローションやクリームで保湿しましょう。ここでも肘部分はかさつきやすいので、くるくる円を描くようにしっかりと塗り込みます。ここで注意すべき点はボディクリーム。保湿とはいえワセリンなど油分の多いものを使用すると体内の熱が放出されないままになってしまい炎症を起こしてしまったり水泡や感染症のリスクも高まるといいますのでボディクリーム選びはしっかりと行いましょう。 インナーケア編  まず大切なのは水分補給です。肌の外側からの補給だけでなく、きちんと飲料を取って体内の水分補給も忘れずに行いましょう。  またケアに必要な栄養補給も大切です。よく言われるのはビタミン類。とくにC、A、Eは有効です。Cはレモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系や緑黄色野菜、Eはアボカドやゴマ、ナッツ類、Aはニンジンやピーマン、ホウレンソウなどの緑黄色野菜で摂取することをお勧めします。  サプリメントで補うのも良いかもしれませんが、健康的に摂取するためにはやはり食品から摂ることが望ましいです。またそのほかにもβカロチン(緑黄色野菜)で肌細胞を傷つける活性酸素を抑制したり、たんぱく質(肉、魚、大豆食品)で肌を再生することも重要です。  これからの季節、お出かけには最適ですがお肌には天敵がいっぱいです! しかしせっかくの外出日和です。後々のケアを万全にすることで、臆することなく外へ飛び出していきたいものですね!

Read More

アメリカンライフ 真偽その1:太っている人が多い?

「アメリカンライフ」と題したこのコラムでは、10年近くをアメリカ西海岸で過ごした筆者が自分の体験を元に、日本人が抱くアメリカの印象の真偽を追って、アメリカ文化、アメリカ人、アメリカという国を語ります。 二十歳で単身渡米をし、3年前に日本へ帰国しました。 帰国してからは、友達や知り合いなどに、本当のところはどうなの?ということを聞かれます。 「銃ってそこらへんにあるの?」 「誰でもキスとかハグするの?」 「ハンバーガーばっかり食べてるの?」 海外旅行でハワイなど行くのは当たり前になった昨今でも、アメリカ人の常識や、日常は旅行者には見えにくい部分がありますよね。 アメリカで実際に生活してから、私も見えてくることがたくさんありました。 印象どおりだったり、だいぶ違っていたり。 毎回一つずつ、よく聞かれる疑問を取り上げていきたいと思います。 今回は、アメリカには「太っている人が多い?」のかどうか。 体が大きい 太っているかどうか、ではなく、基本的に体が大きいです。 歴史的に色んな人種や民族の人が寄り集まってできている国ですから、日本人が国の9割を占める日本のように「これ」といったスタンダードがありません。 なので、アメリカでは大まかにデータが取りにくい部分もありますが、日本と比べて、出会う人すれ違う人、皆基本的にたくましいという印象です。 平均身長で言えば、アメリカ人の白人、黒人男性は178センチ。(他民族、たとえばメキシコ系などは小さめです) 日本人男性は170センチなので、だいぶ違いがあります。 その上、アメリカの男性は肉付きもいいですが、筋肉のノリがやはり違います。 私がいつも驚くのは、10代の男の子です。 日本の10代の子たちなんか、ひ弱でまだまだ子供といった体つきですが、アメリカのティーネイジャーはひとりの男というかんじ。どうやって鍛えたらそんなにむきむきになれるの?と言うような筋肉のつき方です。 女の人も背が高い人はすごく高い。 だからなのか、中には日本人くらいの華奢な人もいますが、家具や公共の施設など、いろいろな物が大きくて、背が高く作られている気がします。 基本的に、アメリカ人は日本人とは体のつくり、大きさが違います。 食べ物は全て甘い アメリカに行って、まず最初にびっくりしたのは食べ物の甘さでした。 チョコレートやケーキを食べると、甘い!日本で言う「すごく甘い」が、アメリカでの「普通に甘い」のレベルです。そして、甘くないはずのものでも、甘い味がするのが不思議でした。 例えば、豆乳。プレーンを買っても、甘い味。ラベルを見ると、砂糖が入っています。無糖などというのはアメリカにないのでしょうか。 日本からアメリカに遊びにきてくれていた友達が、「アメリカは何を食べても甘いね」と言っていたのが印象的です。 甘い味が好きな国民性からなのか、全てが甘い。やはり、これでは体重は自然と増えてはくるでしょうね。 食べ物は全て多い 食べ物の甘さと同じくらい驚いたのが、その量。 レストランなどで注文すると、ドン!ととんでもない量の食べ物が運ばれてきます。日本での量に慣れていると、驚くと思います。しかも、日本のレストランなどでは、定食を頼むと色々なものがたくさんちょこまか出てきたり、一品料理を頼んでも漬け物やみそ汁が一緒についてきたりしますが、アメリカは一品勝負!と言わんばかりに、頼んだものだけが大量に出てくるので注意です。 そして最初はそれに驚いても段々と大量の食べ物に慣れてきて、アメリカの一人前(日本のおそらく2?3人前)をぺろっと食べてしまうくらい、アメリカ文化にとけ込んでしまう日が来るのです。あともうちょっとだし、食べておこう。とか思ってしまうのが、慣れの怖いところです。 そうすると、やはり体重は増量するでしょうね。これもまた、自然と太ってしまう要因です。 また、日本人だとこういうのがアメリカ的に思いますが、アメリカで生まれ育ったアメリカ人だと、それが普通なので、太ってしまう要因になるでしょうね。 やはり太る傾向 結論、やはり太ってしまいやすい文化ですよ、アメリカは。 元々体が大きく、味付けは甘く。そして量は多い。この上車社会なのは言うまでもありませんから、太ってしまう要因はありまくりです。 現に、日本からアメリカへ来た日本人は、必ずみんな、少なくとも数キロは増量していました。ちなみに筆者は留学中はおそらく10キロは増えました。その後、恐ろしいことにあと5キロは増えました。10年で15キロは増量した計算です。 おもしろいのが、自分の含め、皆日本に戻って日本食中心の普通の食生活に戻すと、するすると体重も戻ってしまうこと。 アメリカ人は、もちろんそういうこともないですから、アメリカ人は皆太っている、とはいわなくとも、太りやすい傾向にある、とは言えそうです。 画像提供:写真ACより http://www.photo-ac.com/

Read More

この夏是非食べたい肌にいい食べ物

そろそろ暑くなってきてエアコンや扇風機を使いはじめた頃と思います。毎日汗をかいたり紫外線を浴びたり、肌に負担がかかりますよね。そこで今回は夏に食べたい肌にいい食べ物についてまとめました。 夏の肌の乾燥に効果的な食べ物 汗をかいて湿った肌がエアコンで渇き、また外に出て汗をかいて…。これを繰り返すと肌のターンオーバー周期が乱れやすくなり乾燥肌になりやすくなります。 そこでターンオーバーの周期を正常に保ってくれるビタミンAを意識的に摂る事をおすすめします。ビタミンAは緑黄色野菜や卵、レバーなどに多く含まれていて皮膚や粘膜をキレイに保ってくれます。 また、乾燥してしまった肌に有効なのはセラミドです。化粧品などに含まれる事が多いので聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 小麦や生芋こんにゃく、大豆などに多く含まれ、角質層に水分を保持して外部からも刺激からも守ってくれます。 夏の紫外線から肌を守る食べ物 紫外線が強い季節なので対策をしている方も多いのではないでしょうか。日焼け止めのクリームなどを塗っている方が多いと思いますが、食べ物でも肌を守ってあげると良さそうです。 紫外線対策に有効な食べ物は抗酸化作用のある食べ物です。紫外線が肌に入り活性酸素を生み出しやすくし、シミやそばかすなどの原因にもなるからです。 抗酸化作用のある食べ物はビタミンEが多く含まれるゴマやナッツ類、アボカドなど、そしてバナナなどです。紫外線が強い季節には意識的に摂るといいでしょう。 できるだけ生のまま 肌にいい成分としてビタミンCは有名ですよね。血中に溶け込んでコラーゲンの生成を促してくれ、更に抗酸化作用もありますので肌を痛めやすい夏にはもってこいです。レモンやイチゴなどの果物、キャベツなどにも多く含まれていますので気軽に食べて肌をいたわりましょう。 しかしビタミンCは熱にとても弱いのでできるだけ生のまま食べる事を心がけましょう。そして切ったところから成分が流れ出てしまうので、切る場合は食べる直前にしましょう。 食べて美しく! いかがでしたでしょうか。肌の事を考えたら外側からのケアだけでは不十分に感じてきた事と思います。今はキャベツが安いですので、私はおやつ代わりに生キャベツをばりばり食べています。ハーブソルトを少しかけるだけで十分美味しいのでおすすめです。 そして毎朝輪切りのレモンを浮かべたレモン水を飲む習慣をつけています。美味しいですし肌にもよく、頭も働くようになった気がします。気になった方は是非試してみて下さいね。 カテゴリ: 美容 ライタ名: くさかべひめの http://www.photo-ac.com

Read More

カメラマンの取材日記 手ぶらで登山がしてみたい 後編

卒業登山アタック開始! 秋のある日、磐梯山八方台登山口に集合したチャレンジャーたち、天候は晴れ、でも途中少し位雨が降っても登山は決行します。晴れが多いシーズンだから、雨に降り込められた記憶はほとんどありません。  我々撮影スタッフ2名は、それぞれ右肩に重量約7キロの業務用ビデオカメラと、背中のリュックに電源バッテリーを数本、念のために雨ガッパとカメラ用レインカバー、それから昼食と水分と補助食品を詰め込んで、実際の体重よりも10キロ以上重くなっています。 これでは幼稚園児1人を背負ったまま、頂上までアタックする様なものです。  小学生も体力に差があるので、全体のペースは遅い子に合わせます。だから我々も何とか登り切れる。 これでもし勝手なペースで登られたら、若くて手ぶらの小学生になんか絶対に追い付けませんから。 出発前に校長先生からありがたいお話しをいただいてから、元気な掛け声を辺りに響かせて卒業登山がスタートします。我々2台のカメラも同時に登頂開始です。 ミッション・インポッシブル このミッションで最も困難な点、それは50名ほどいる子供たちを偏りなく、まんべんなくレンズに収める事。 だから頂上に辿り着くまでの間に、何か所かカメラの前を全員が通過するポイントを設定するのです。 そのためには、2台のカメラのどちらかが常に最前列の更に先にいないといけません。  1度私のカメラの前を全員通過させると、当然私は列の最後尾、この時もう1台のカメラは先回りして次のポイントで待機します。 その待機ポイントに到達する時には、私は子供たち全員を追い越して再び最前列の先に出なければなりません。 さもないとカメラ2台とも後ろからくっ付いて行く状態では、子供たちの背中しか撮れません。 つまり我々カメラマン2人は、登山中の行列の周囲を衛星のようにグルグル回りながら、追い越し追い越されを数回繰り返しつつ同時に登山もするわけです。なんと楽しい登山か! 山の怖さ、恐ろしさ! 八方台登山口から15分位はハイキング気分、清々しい高原の木々を渡る風は困難の予感を忘れさせるほどに爽やかです。しかしすぐに山の表情が一変、我々に鋭いキバをむくのです。 目の前に岩石が折り重なった難所が出現、角度的にはほとんど壁です。まだ厳しい負荷に体が対応しきれない状態で、ハイキングからいきなりロッククライミングですから、心拍は急上昇、血圧も急上昇。  スタートから30分も進むと、中の湯という温泉施設跡地に到達します。広々とした池からはもうもうと湯気が立ち登り、池の畔には朽ち果てた建物が残っています。 以前は温泉客でにぎわったのでしょうが、近年は火山性ガスの噴出量が多くなり、長時間滞在できない地域になってしまいました。 人間たちの活動領域とはここでお別れ、ここから先は登山以外はできない山の領域です。  そこから約2時間半、我々カメラマンは片道で全体力を使い果たす位に動き続けます。楽しそうな子供たちや保護者のかたわらを、全身汗だく、必死の形相ですり抜けて行く男2人。 途中数か所の休憩時間でも、真夏の犬のようにうつむいてハーハー息をしているのがやっと。 そこに山があるかぎり・・・ 幾多の困難を乗り越えて体に負荷をかけ続けてゆくと、ある時ふっと全身が軽くなる瞬間があります。 我々はこれを「神が降りた瞬間」と呼んでいます。今までの苦しみがウソのように体が軽々と動くのです。 でも冷静に考えるとこれは、どこかの神経がマヒした状態、調子に乗ってそのまま突っ走ると、その先に待つのは生命体としての死。 ...

Read More

アラフォー視点 生活&人生を楽しむコツ2

前の記事の続編です。さて、次は私が生活の中で気をつけていることをご紹介したいと思います。 4.やっぱり大切なのは健康です! 私が、この年齢にして、この年齢だからこそ大切だと感じることはやはり健康です。主には体の健康です。健康にはもちろん精神的に健康な状態、心の安定や安心感というのもすごく大切なのですが、両者はすごく緊密につながっているのではないでしょうか。まずは体が健康でなければ、精神的な安定や安心感を得るのは難しいでしょう。ですからまずは体が健康であるように自己の健康管理に気をつけています。といっても、ものすごく健康志向になるわけではなく、日々の生活の中でできるとても些細なことばかりです。たとえば、暴飲暴食を控える、夜中の飲食は避ける、早寝早起きなどです。 私の基本は規則正しい食事と睡眠です。規則正しい食事といっても、朝食を必ずとるようにしていること、夕食もなるべく自宅で調理をしてとるぐらいのことです。だいたい、時間も一定にして不規則にならないようにしています。内容は、それほどこだわらず、あまりにもジャンクなもの以外は特に気にせず何でも食べるようにしています。主には野菜中心です。あとは私の好みですが、温かいもの食べて体を冷やさないようしています。とはいうものの私は乳製品や甘いものも大好きなので、多量ではないですが、ある程度は自由にとっています。あまりにもストイックな健康食やオーガニックフードをとる必要はないと感じています。いいかげん(良い程度)の健康志向、自分流がモットーです。 それからもう一つ大切なのが睡眠です。これは、本当に重要だと実感しています。若いころは、多少睡眠不足でもそれほどこたえなかったのですが、睡眠不足の次の日は1日の業務すべてがボツ状態で頭が働いてくれません。年齢のせいか眠りが浅めになったような気もするので、なるべくぐっすり寝られるような環境づくりをしています。たとえば、この時期は湯たんぽなどで温かくして早く眠りにつけるようにしたり、夜中にトイレに目覚めなくて済むように寝る前は水分を控えたり、直前に用を済ませておくなどです。ただ、最近よく感じるのが、目覚めがすごく早くなってしまいました。高齢者が朝早起き、若者が遅起きなのもうなずける気がします。 それから、最後に私の場合ですが、よく歩くことです。とりたてて運動をしなくても、日々の生活移動を短い距離であれば、歩くことにしています。これなら、お金もいりませんし、また何より軽い運動なので誰でもできます。私は運動音痴だからと、スポーツなら敬遠してしまうところですが、歩くことなら気がまえず誰でも何時でも始められることでしょう。

Read More


Back to Top