レオナルド

アメリカンライフ 真偽その2:ジェントルマンが多い?

筆者の経験、独断と偏見でアメリカの真偽を語るアメリカンライフ。二回目の今回は、アメリカにいるジェントルマンについてです。 海外ドラマや、ハリウッド映画を見ていると、気になりませんか? ホテルやマンション等のドアを、後から入ってくる女性のために率先して開けてくれたり。 家の中の面倒な修理などを喜んでやってくれたり。 とりあえず力仕事やそんなことをひょいひょいと笑顔でやってくれる、アメリカンジェントルマンの存在。 筆者は在米中、日本に一時的に戻ってくると、必ず女の友達から、「映画で見るような感じで知らない人でもドアを開けてくれたりした?」と聞かれることが多かったです。 多くの日本の男性は面倒くさがったり、照れたりしてやってくれなかったりすることが多いのかもしれないですね。なので、女の人は、やはりそういうところに目がいってしまうし、気になるところなようです。 さて、本当にアメリカではそんな「ジェントルマン」が多いのか? ドアは勝手に開く ドラマや映画でよく見られるような、「はいどうぞ」とレディーファーストでドアを開けてくれるような光景。結論から言えば、全く知らない男の人でも、相手が女の人であれば必ずドアは開けてくれます。 あなたが女性であれば、ほとんど必ず、といっていいほどドアは勝手に開きます! 中年のおじさんだったり、もう「おじいさん」といっても言いような年の頃の男性でも、ドアを開けてくれた経験は、筆者でもあります。男であれば、女の人がドアのところに立っていれば、開けないとプライドが許さない、という感じです。 「アメリカでは男性は本当にドアを開けてくれるのか」という質問を里帰り中の日本でされたとき、そういえば在米中は自分でドアを開けること、というのがないなと改めて思いました。 ところで、アメリカのドアって、すごく重いんですよ。日本とは造りが違っていて、すごく重くて、何気なく開けると、開かないときなんかもある。そして案外、都市部でも自動ドアが日本より少なかったりします。そういう背景もあってなのか、男性がドアを開ける文化は、浸透しています。 結構セレブ気分が楽しめます。 荷物は持ってくれる 留学生活を始めるために、初めてアメリカという地を踏んだとき、まず最初にするのが大学の寮にチェックインして、自分の部屋まで行くことでした。 もちろんその時、日本から持ってきたスーツケースや鞄を引きずって行ったわけです。大学のキャンパスをごろごろと大きな荷物を持っての移動は大変でした。しかも、私の寮の部屋はエレベーターがない寮の4階。 これは大変だぞと思いながら、ひいひいと歩いていると、「荷物持ってあげるよ」と見ず知らずの大学生が声をかけてくれました。 彼はアジア系のアメリカ人だったのですが、同じようなアジアの風貌の筆者に親近感がわいたのかもしれません。とにかく、彼は率先して私の大きなスーツケースを転がし、4階の部屋まで階段も大変だったと思いますが、嫌な顔ひとつせずに、運んで行ってくれたのです。 部屋まで荷物を運んでくれると、じゃ、とすぐに行ってしまいました。 私は初めてのアメリカ生活第一日目にそんな経験をして、アメリカ人の男性というのは本当にジェントルマンだなと思ったものでした。 ジェントルマンは存在する 筆者が思うに、アメリカのジェントルマンというのは存在します。 女性の視点からいうと、見ず知らずの男性が優しくしてくれるというのが、得点が高いです。 日本で生活していると、知らない人同士でお話をするというのも稀ですが、特に知らない異性がナンパではなく妥当な理由でそういう手助けをしてくれたりというのは、緊急時でない限り少ない気がします。 日本でもそういった知らない人同士のつながりが強くなれば、おもしろい出会い方もあるのになと思います。 アメリカにいる時の一つの楽しみは、そういうきっかけでの人の縁であったりもします。 画像提供:写真ACより http://www.photo-ac.com/

Read More

聖徳太子の施政

聖徳太子が摂政になる   蘇我氏が物部氏を倒した後、泊瀬部皇子は天皇に即位、祟峻天皇となった。 しかし、蘇我馬子のあまりの専横ぶりに、やがて憎しみをもつようになった。 即位から5年後のある日、天皇に一頭のイノシシが献上された。 すると、天皇はそのイノシシをさして、「いつになったら、このイノシシの頭を切るように、嫌な男の首を切ることができるのだろう」とつぶやいた。 このことを聞いた馬子は、身の危険を察し、天皇を暗殺した。 次の天皇として、馬子は、かつて自分を支援してくれていた姫を天皇にした。 推古天皇である。 そして、その甥であり、自分を支援した聖徳太子(厩戸皇子)に皇太子として即位させ、かつ摂政として、馬子とともに政治をおこなうことにした。 聖徳太子は20歳だった。 聖徳太子は、画期的な改革をおこなった。 冠位十二階や十七条憲法を定めたり、遣隋使を送ったりしたのはあまりに有名だが、その他にも、日本で始めて暦を採用したなど、後世に残るような改革をおこなった: 十七条憲法においては、1条の「和をもって貴しとなし…」で有名だが、その他にも、「近頃、賄賂を取る者が多く、そのため財のある者が訴訟に勝つようになったが、訴訟に当たるものは、賄賂を断ち、公明正大を期さねばならぬ」という注意書きもある。 ところで、日本書紀によると、「十七条憲法は皇太子自らが初めて作った」と書いてあるが、果たして、その皇太子は、聖徳太子のことを指しているのか、と疑問視する声もある。 遣隋使の派遣 そのころ、大陸文化は、朝鮮経由で日本に入っていたが、朝鮮における日本の出先機関「任那」が新羅により滅ぼされると、聖徳太子は大陸文化を直接取り入れようと考えた。 大陸では隋が栄えていたので、大使は隋と国交を開くことにし、607年、小野妹子を使者として隋に送った。 妹子は、「日出ところの天子、書を日没するところの天子にいたす。 つつがなきや・・・」という、有名な書き出しの国書をもって隋に渡った。 この国書をみた隋の皇帝煬帝は、大いに機嫌を損ねた。 そうかといって、日本との国交を拒否できない事情が、隋にはあった。 それは、朝鮮の高句麗を牽制するため、隋は日本と手をにぎるほうが有利だったからである。 こうして、互いの国に使者を送りあい、日本と隋は正式に国交を開始した。 そのころ朝鮮では、百済と新羅が争っており、高句麗は隋に圧迫されていたので、百済も高句麗も日本との交友を深めたい、と考えていた。 高句麗からは、曇徴という僧侶がやってきた。 彼は仏教だけでなく、儒教にも通じており、また絵画、紙、墨などの製法を教え、また水力で回る臼なども作った、といわれている。 一方で、隋に渡った留学生は、隋の進んだ文化をむさぼるように吸収した。 玄理や請安といった日本人留学生は、のちに大化の改新にて活躍した。

Read More

我が家の猫さんたち

うちには2匹の猫がいます。 それぞれ特徴があり、どちらも大変可愛いです。 犬も猫も飼ってみましたが、わたしは猫派でした。 もちろんワンコも可愛いですが、 やっぱり、ぜったい、だんぜん、猫です!! 1匹目の猫 わたしにとって初めて飼った猫はバーミーズです。 今年で11歳になります。 バーミーズというのはタイやミャンマー原産で、 顔つきや体のパーツに丸みがあり、 ツヤツヤな毛並みが美しく、 子供や病人や老人にも優しい慈悲深い猫と言われ、 病人を癒す猫としても知られています。 色は何種類かあって焦げ茶色のセーブルや 白いブルー、うちの子のような何種類か色の混じった子も います。 うちの子は焦げ茶と薄茶と白が混じっていて、 わたしは「チョコファッジ色」と呼んでいます。 とても穏やかで陽気で世話好きで好奇心あふれる 女の子です。 小さなマスコットをくわえてニャーニャー鳴きながら 運ぶのが好きです。 家のあちこちに運ばれた子たちが散らばっていますが 好きにさせてあげています。 子供にとても優しく、一緒に寝ますし、 子供のお友達が遊びに来てもおとなしく抱っこされています。 2匹目の猫 バーミーズと同じキャッテリーから アビシニアンの男の子を迎えました。 陽気で可愛らしくて雑誌のモデルをつとめたこともあります。 いつもわたしと一緒に寝てくれました。 肩乗りしたり、焼いた魚を置いておくと 持っていかれたりして、やんちゃな面もありました。 残念なことに数年後、病気で天国へ行きました。 わたしにとってペットを見送るのは初めてのことで いっぱい泣いて夫の実家の庭に葬りました。 そこには夫が飼っていた歴代のワンニャンたちがいるので きっと寂しくないでしょう。 3匹目の猫 またしても同じキャッテリーから、 今度はロシアンブルーの男の子が来ました。 今までにない内気な子です。 シャイな子ならではの良さもあり、 人見知りするのにわたしにはベッタリ甘えてくれる ところがキュンとなって可愛いのです。 この子は冬の間だけ、わたしと寝てくれます。 独り寝が好きなようで、冬以外は好きな所で 寝ていますが、昼間は時々お膝に来てくれます。 ロシアンブルーは滅多に鳴かないボイスレスキャットと 図鑑に書いてありますが、 うちの子はよくニャンニャン鳴きます。 わたしがクシャミをすると「ニャニャ?ン」と 返事するのが可愛いです。 去勢手術後にブクブクと太ってしまい、 巨大猫に成長しましたが、 それでもとっても可愛いです。 ライター:ミャウミャウ カテゴリ:ペット

Read More

温活はじめよう!子宮美人で不調知らずに!

基礎体温ってなに? 基礎体温とは、人がカラダを動かす前の安静な状態にあるときの体温です。基礎体温は、朝目覚めたときに測ることが推奨されています。そして、基礎体温には、個人差はありますが「低温期」と「高温 期」にわかれています。「低温期」が2週間程度続いた後「高温期」になります。この「低温期」と「高温期」の分かれ目の前後に「排卵」 が起こります。この体温の変化は、女性のホルモンの影響です。つまり、女性はホルモンで支配されているといっても過言ではありません。ここまでは、皆様もご存知かもしれませんね。さて、次は体温によって どのようなカラダの変化が起きるのかを調べていきましょう。 低温期のカラダの変化 低温期には、エストロゲンというホルモンが卵巣から分泌されます。よい卵を育てる大事な時期でもあります。カラダは、良質な卵を作り排卵に備えて色々な栄養素を必要とします。バランスの良い食事を心 がけカラダを冷やさないように注意しなければなりません。「低温期」と「低体温」は意味合いが違います。全体的に基礎体温が低い人は、様々なカラダの不調が出てきてしまうかもしれません。カラダが痛くなったり、 気分が暗くなったり、胃腸の調子が悪くなったりする場合もありますので、まずは婦人体温計で基礎体温を把握する必要があります。 高温期のカラダの変化 排卵が終わると2週間ほど高温期が訪れます。敏感な方は、カラダの温かさや微熱を感じるかもしれません。この時期は、プロゲステロンというホルモンが分泌されます。このホルモンによって、着床のための分厚くなっていた子宮 内膜がはがれ月経が起こります。体温が上がることで低温期の時期よりカラダの免疫力は高いはずですが、高温期後半は、生理が始まる前の不快な症状、眠気頭痛、胸の張りを感じる方もいます。よく言われる月経前症候群です。 中にはうつを発症する方もいらっしゃいますので、症状がひどい方は生活を見直す必要があります。また、生理痛にかんしても食事が影響しています。生理前はなるべく肉類や卵を食べ過ぎないようにしたいものです。 カラダの基礎体温を上げる活動 温活! 子宮美人 上記のように女性はホルモンに支配されいてるといっても過言ではありません。ご自分の体温を把握し低体温の人は、基礎体温アップを心がけましょう。 まずは、以下の10項目をクリアしてみませんか? 1、衣食住を安定させ、悩まないよう雑事に気を配る。 2、低温期には、大豆製品を積極的にたべる。 3、高温期は、葉酸(のり)、ビタミンE(いくら)積極的にたべる。 4、全体的な食事の量は野菜が半分以上とする。 5、カラダが冷えないように根菜類(にんじん、れんこんなど)積極的に食べる。 6、冷たい飲み物を控え、水は常温、温かい飲み物を飲む。 7、冷温浴を気が向いたらする(冷たい水シャワーと温かい湯せんを使い交互に温冷浴をする) 8、生理前は、肉類や卵の摂取を極力控える。 9、女性ホルモンが分泌される22時~2時(夜中)は、熟睡している状態にする。 10、人と比較せず自分を信じ、他人の言動に惑わされないようにゆとりをもって生活する。 まずはこの10のステップを実施してみてはいかがでしょうか? カテゴリー美容、健康 画像元 foto project ...

Read More

太陽光発電設備の設置による意外な効果!

東日本大震災をきっかけに太陽光発電設備を導入 本業が電気工事店という我が家、2011年3月11日に発生した東日本大震災は、電気というエネルギーについて非常に考えさせられるきっかけとなりました。従来の火力、水力、そして地震による津波で福島第一原子力発電所事故を生み出した原子力というベース電源のみに頼ってはいられないと思い、太陽光発電設備を導入することになりました。 設備容量は4.56KWシステムと、一般の住宅の屋根に載せる設備としては大きめで、当時の価格は200万円強と、今現在の価格からすればかなり高い金額で購入しました。諸手続き、設置工事を経て、同年9月より発電を開始しました。 発電開始後の売電状況 2011年当時の太陽光発電による電力の売電価格は42円/KWhの10年間固定で、見積時のシミュレーションでは10年で元が取れるということでしたが、実際のデータを見ると、2年3か月経過時点で約350,000円の売電収入で、約8,300KWhの発電量となっており、月に換算すると、12,962円の売電、308KWhの発電量なので、元を取るには約13年かかる計算となっています。思ったよりも発電量が少ないのか、それとも発電時の消費量が多すぎるのかはわかりませんが、期待していたほどの数字は出ていないのが現状です。もっとも、売電収入はそれほど当てにしておらず、むしろ環境貢献の意味合いと、電気に関わるものとして積極的に再生可能エネルギーに目を向けなくてはならないという思いのほうが強いので、太陽光発電設備を載せてすこしでも環境にやさしい住宅になっているというだけでも満足しています。 売電は伸びずも、思わぬところで効果が!? ところが、効果は意外なところに現れました。発電開始とともに、モニターが設置され、また、メーカーのモニタリングサービスにも登録して、リアルな発電状況や電気の消費状況が数値化された状態で見られるようになったことで、その数字を意識するようになりました。その結果、モニタリングサービスのグラフを見ると、ほとんどの月で、毎月の電力消費が前年同月よりも約2割ほど減っているのに驚きました。確かに数字を意識し、数字が上がっていると、どこかで電力の無駄がないか探して、不要な電気は消す等のことをやっていましたが、節電意識という点ではあまり意識していなかったので、グラフを見て、無意識のうちに節電していたのだということに気づかされました。直接的な太陽光発電の効果ではないですが、間接的効果として、非常に大きいものがあると思います。今後はより強く意識して、さらに節電を行うようにできればと思っています。 導入をお考えの方へ 現在は売電価格も38円/KWhに下がっているそうですが、その分、設備にかかる価格も、需要が増えてパネルの価格破壊が起きていて、当時に比べ2~3割ほど安くなっているようです。一度仕事でシミュレーションしたことがあるのですが、うちの設備と同じ程度のシステムで、同じ発電量とした場合に、9年くらいで元が取れる計算になりました。今後はさらにそれが技術革新によって縮まる可能性もあると思いますが、その考えで待っているといつまでも設備を載せられません。欲しいと思った時が買い時!という考えで検討されることをお勧めします。

Read More


Back to Top