カメラ

「にきび=さっぱりコスメ」は間違い!今すぐ実践できるにきびケア

「ニキビ肌=さっぱりコスメ」という間違った常識が横行している昨今、ニキビ肌じゃないのにニキビ用化粧品を使用して、間違った情報に踊らされている人が多く非常に残念です。 ニキビ肌にこそ大切な油分を水から遠ざけて、つるつる素肌から遠ざかっていませんか? ニキビ肌と油分の正しい関係を理解して、ニキビのないつるつる潤い肌を手に入れましょう! ニキビの原因とメカニズム ニキビはオイリー肌だからできると思っている人は、そこからもう間違いが生じています。 乾燥肌だって、敏感肌だって、ニキビができる人はできてしまいます。それではなぜニキビができてしまうのでしょうか? ニキビにはさまざまな種類がありますが、炎症を起こしているいわゆる「皮膚病」に分類されるニキビ以外は、乾燥からきているものがほとんど。 お肌表面の角質層が乾燥により硬くなるとターンオーバーが十分に行われず、老廃物や古い角質、酸化した油分などが詰まって肌表面に出られなくなり、皮膚の下で膿んでしまいます。これがニキビとしていつまでもお肌表面に居座ってしまうのです。 ニキビ肌に本当に必要なのは『油分』 ターンオーバーは、お肌にとって何よりも大切。お肌の新陳代謝が良くないとターンオーバーも正常に機能しなくなります。また、乾燥などでお肌の表面が固くなってしまった場合も、古い角質がはがれにくくなり、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。 ニキビ肌が避けがちな油分ですが、油分にはお肌表面の角質層を柔らかくほぐし、そのあとに使用する化粧品の成分を浸透しやすくする役割があります。また、油分はお肌の表面で均一な膜の役割を果たしてくれます。これによって、外的ストレスを守り、ターンオーバーを正常に機能させてくれるのです。ニキビのできにくい肌にするには、まずはしっかりと油分を与え、て肌表面を柔らかく保ってあげることが必要です。 スキンケアコスメの成分に注意! 潤いを与えるために毎日使用しているスキンケアコスメ。でもその成分がお肌を傷つけているかも?!ニキビができる原因として、スキンケアコスメの中に含まれる成分でトラブルを起こしている可能性もあります。 一般的にコスメの中には防腐剤として使用される代表的な「パラベン」などを始め、香料や着色料、エタノール、合成界面活性などの化学成分がたくさん含まれています。これらが含まれるコスメを使い続けることによって、肌の奥に成分が残ってしまって後々トラブルを引き起こしたり、それらの成分によって肌の水分が蒸発して乾燥を引き起こしてニキビ肌となっていることも考えられるのです。 とはいえ、100%オーガニックのものを使えばいいというわけでもなく、また化学成分のすべてがお肌に悪いというわけでもありません。自分のお肌に合うものであるかどうか、成分の特性を知ることが大切です。 乾燥して肌がカサカサするようならエタノールや合成界面活性剤などが含まれているものを避ける、赤みやかゆみが出てしまうようなら無添加のものを選ぶなど、まずは自分のお肌にとって必要なものと必要でないものを見極めてコスメを選び、お肌の調子が一番良くなるコスメを選ぶようにしましょう。 若者の悩みの種であるニキビは、油分を取り去ればいいという間違った噂やニキビ用化粧品のCMなどのイメージが横行して、正しい知識が知られていないことも事実。でも、ニキビ肌はきちんとしたお手入れで大幅に改善することが可能です。 今日からしっかりと油分を与えてあげて、ニキビのない潤ったお肌を目指しましょう。 画像引用:http://www.photo-ac.com/

Read More

映像記憶

人が物を記憶するにはどんなメカニズムがあるのかご存知ですか?時々テレビに出てくる「なんでもすぐに記憶してしまう人」の頭の中ってどんな感じなんでしょうか?「あれだけの記憶力があれば受験勉強なんて簡単だろうに」と感じる人も多いと思います。 記憶が得意な人と苦手な人 実は、人が目に見た情報を頭の中で処理する方法には2つの方法があります。1つは文章化する方法で、もう一つは画像のまま処理する方法です。たとえば縦横4マスに埋められた16個の数字を覚えるものとします。前者は、上から順に数字を「一番上の列は左から10,21,56,32.2番目の列は…」と記憶していきます。しかしながら後者は縦横4マスのボードを画像として、カメラで写真でも撮るように『撮影』するのです。 あとで「一番上の右端の数字」を思い出そうとすると、前者は記憶した16の数字を頭から引っ張り出そうとしますが、後者は先ほど撮影した画像を引っ張り出して、一番上の右端部分を『見る』のです。 映像記憶という能力 両者にそれほど大きな違いはないようですが、大きな違いが2つあります。1つ目は、覚える数字が多くなった場合に「文章化する」前者には限界があることです。一方の「画像化する」後者は画像の大きさが変わらなければ、記憶の手順はかわりません。もう一つは記憶に要する時間です。文章化する前者は数字の個数が多くなるほど時間を要しますが、後者の作業は基本的に同じですので、数字の個数が増えることによって記憶に要する時間が増えることはありません。 テレビに出てくるような記憶術の達人は「フォトグラフィックメモリ」(映像記憶)という能力で、記憶すべき風景を完全な画像として記憶できるんだそうです。 訓練次第でできるの? 残念ながら、この情報処理の方法に関しては全ての人に平等ではありません。生まれつき画像化して記憶するのが得意な人と、画像化するのが苦手な人がいます。幼稚園児を対象に実験を行ってみると、「文章化」タイプと「画像化」タイプは、ほぼ半分ずつに分かれます。同様に大学生を対象に実験してみても同様です。一般的に画像化が得意な人は暗記の他に絵を描くのも得意な場合が多くなります。(それはそうです! キャンバスに風景を投影することができればそれをなぞるだけですから..) それでは文章化タイプは泣くしかないのか? そうでもありません。小さいころから文章化する訓練を繰り返していますから「論理的な思考」ですとか「文章を把握する」能力はこちらの方が優れているケースが多いのです。 あなたはどちらのタイプでしょう? 目の前の風景を「カシャッ」とカメラで撮影してみましょう。夜になって寝る前にその写真を思い出してみましょう。頭の中に浮かんでくるのは文字ですか?それとも画像ですか? 画像出典: http://www.photo-ac.com/ http://www.ashinari.com/

Read More

「小さな引越し大作戦」

たった1人のプロジェクト 我が人生でも屈指の無謀なるプロジェクトは、何度かおこなった内で最後の引越しです。当時住んでいた3DK一戸建てを隅々まで片付けて、荷物全部を片道170キロ離れた転居先まで運びきる計画。しかも全作業をたった1人で、誰一人手伝ってくれません。 引越しに使える車輛は軽トラのワンボックスが1台、準備された日数は年の瀬大晦日を含めて3日間。その年の内に荷物1つ残さず退去する事が、引越しの条件でした。 3日で完了するのが最優先、予定オーバーは許されないので、時間をかけて慎重に計画を練りました。荷物の移動はどうやっても2往復が限度、頭の中で何度もリハーサルを行い、3日間の流れを1時間単位に区切って完璧なスケジュールを作成、そして引越し初日を迎えました。 不用品と涙のお別れ 実際には前日夜から作戦開始です。まずあらゆる収納場所から物という物を引っ張り出します。記憶にある物ない物含めて、信じ難い量の物体が出て来て全部の部屋を埋め尽くします。予想していた量をはるかに上回る物体を前に立ち尽くす私。 (これ3日でどうにかなるんだろうか・・・とりあえずビールでも飲みながらやるか。) 引越し初日は不用品の処分から始めます。当時住んでいた自治体には郊外に巨大なゴミ処分場があり、基本的に市民は無料でゴミを持ち込む事ができました。転居先では使わない不用品は、全てこの処分場に運びます。 部屋いっぱいになった物体のうち、使えそうな物は運ぶつもりでした、最初は。でも物体の総量から推測すると、およそ半分は処分しないと軽トラ2杯分には収まりそうもありません。 残念だけど使える物までかなりの量を諦める事になりそうです。そうと決めたらすぐに動かないと間に合いません、まず大型の不用品を軽トラの荷台に積み込みます。本当はもっと使いたいけど運べない物、断腸の思いで荷台に載せます。 めいっぱい詰め込んで部屋に戻って唖然としました。(全然減ってないじゃないか・・・。) 巨大な廃棄物処分場 処分場までは片道約15分、数本並ぶ巨大な煙突が遠くからでも良く見えます。車のまま受付を済ませて、倉庫型の大きな建物に入って行くと、中はがらんどうで奥の壁側にだけ何かの構造物が見えます。 バックで車を寄せて行くと、ぽっかりと巨大な口を開けたゴミの投入口が並んでいます。1辺が5~6mはある四角い投入口から下を覗くと、深さは10mぐらいあるでしょうか、底の方に様々な廃棄物が積み上がって無残な姿をさらしています。 「いいですよ、どうぞ。」 係員の言葉に従って、やるべき事はただ1つ、処分品を投入口から放り込むだけです。 (ごめん、今までありがとう。) 心の中で詫びながら、ゴミの山に向かって1つずつ処分品を投げ込みます。自分の過去まで一緒に投げ込んでいる気がして、最初は何ともやるせなかったのですが、その内に心の中が軽くなってきて、爽快感さえ覚え始めてしまいました。 この日はこれを繰り返す事4回、処分場まで4往復していたら終わってしまいました。 さよなら1年、さよなら我が家 2日目、最初の移動を行います。残り1泊分の物資のみ残して、冷蔵庫や洗濯機など大物を優先的に車に載せます。運転席以外は全て荷物、一般道で170キロを一気に駆け下って転居先に到着、荷物を下ろして1時間だけ休憩したらそのまま引き返します。 再び戻ったら残りの荷物を全部車に詰め込んで、後は生活の痕跡を消去する作業に掛かります。徹底的に掃除機をかけて、窓を拭いて、部屋の中汚れた雑巾で思い出も一緒にぬぐい去ります。 3日目の朝を迎えると、さすがに体力の消耗が激しく作業のペースも落ちてきます。掃除は残すところ台所だけ、でもここが最大の難所なのです。この日は奇しくも大晦日、引越しの残り時間と共にこの1年の残り時間も刻々と少なくなってゆきます。 日が暮れる頃になれば、残りは時間と折り合いをつけての妥協の産物、リミットぎりぎりまででできない部分は諦めるしかない。最後に掃除用具を車の中に投げ込むと、何も無くなってガランとした部屋に戻ります。 思い出すのは同じ様に空っぽだったこの部屋に、荷物と一緒にやって来たその日の事です。 (ありがとう、さよなら。) 玄関のカギを閉めると、もう二度と中に入る事はありません。暗い中我が家の姿をもう一度まぶたの裏に焼き付けてから、荷物でふくれあがった車のハンドルを握りました。 ...

Read More

法律の同音異義語 拘留と勾留

難解な法律用語? 法律用語というとどうしても難しい言葉というイメージがあると思います。実際、多くの法律用語は海外から流入した概念を無理に翻訳したものであったり、法技術的な概念を示す一種の「造語」であるなどの理由で大変難解であることは違いがありません。特に、日本語の場合には同じ発音でも漢字が異なることで、概念が混同してしまいがちです。 今回は法律用語の同音異義語として、拘留と勾留についてその意義と違いをまとめてみたいと思います。 拘留と勾留 いずれも「こうりゅう」と読みます。この2つは混同されやすく、実際に雜誌などで混同をしている例を見かけることがあります。 まず、拘留は刑罰の一種です。タイプとしては死刑や懲役などと同じということになります。内容としては、1日以上30日未満の拘留場に入れられてしまう刑罰です。ざっくばらんに言えば、1日以上30日未満の期間、「牢屋にぶちこまれる」という刑罰です。 拘留を受ける犯罪としては、刑法上の暴行罪(人に攻撃をして傷害にいたらせないケース・刑法第208条)・侮辱罪(同法第231条)・公然わいせつ罪(同法第174条)などがあります。拘留はあくまでも刑罰であり、いわゆる前科となるものです。 一方で、勾留は、裁判確定までの身柄拘束をいいます。刑罰ではなく、裁判中の罪証隠滅防止と逃亡防止のために行う手続きです。 刑事裁判確定までに被疑者・被告人を身柄拘束する方法としては、逮捕と勾留の2つのタイプがあります。逮捕は3日以内の短期の身柄拘束、勾留は10日から2ヶ月まで裁判のプロセスに応じて中長期的に身柄を拘束するものです。 勾留は犯罪について有罪・無罪の判決が出るまで証拠隠滅・逃亡防止等の手続き上の目的から行われるものです。そのため、証拠隠滅や逃亡のおそれがなければ身柄は解放されます。また、保釈の制度により、お金を担保にして身柄拘束を解いてもらう可能性もありえます。 勾留中は、無罪の推定を受けますので、読書等は自由です。仮に裁判で無罪となれば、勾留されていても前科となることはありえません。また、有罪となって懲役の実刑を受ける場合には勾留期間は実刑の日数に加算されます(いわゆる未決勾留期間)。 さらに、勾留された上で無罪の判決を受けた場合には刑事補償法に基づき罪なくして身体拘束されたことに関して刑事補償を受けることが可能となります。 このように同じ発音の「こうりゅう」でも意味が全く異なってくるということになります。他にも法律用語として意味が異なるものは数多くあります。例えば、過料と科料(いずれも「かりょう」)などです。同じ音でも法律的な意味は全く異なっています。   (ライセンスURLhttp://www.ashinari.com/search/search.php?search=%E5%8B%89%E5%BC%B7 )

Read More

血縁関係と法律上の親子関係

生物学上の親子=法律上の親子とは限らない 親子の関係は社会生活の基礎であると同時に、人とのふれあいを感じるスタートラインとしてとても大切であることは言うまでもありません。この親子についても法律は様々なルールを設けています。 ところである人とある人が親子関係があるかどうかということは、必ずしも明らかであるとは限りません。時々ドラマなどでみるように、実の親だと思っていたら、戸籍を見たら養子であったということがあります。また病院での取り違えによって半世紀以上、血のつながりがないのに親子関係として成立していたというニュースもありました。 Aという人とBという人がいた場合、その両者に親子関係があるということはじつは非常に立証が難しいものということを法律は前提としています。 特に、婚姻関係のない男女に生まれた子供については法律上の取り扱いは非常にシビアです。婚姻関係がない男女に生まれた子供については、法律は男性とは全く関係がないと考えます。つまり、婚姻関係なくして生まれた子供については法律上、母とは親子関係が発生しますが(出産という事実で親子関係を容易に証明できるため)男性とは、一切の他人とし扱われます。 仮にDNA等である男性の子とわかったとしても法律的には婚姻関係がない男性と女性の子は全くの他人として扱われます。そのため、その子は男性を相続することもできませんし、男性はその子について扶養の義務も負いません。 法的には血縁関係=親子関係とはならないということになります。 認知によって生じる父子関係と法定血族関係 このようなケースの場合、父は子について認知届けという届け出を出すことで父娘関係が初めて発生します。そのため、血縁があっても認知届が出ていないため、法的に他人となっているということも数多くあります。 一方で、血のつながりがなくとも血族の関係を発生させる制度があります。つまり、養子の制度です。養子は基本的に養子縁組届1通を市役所に提出すること(未成年者の場合には家庭裁判所の許可が必要となることがあります) で成立します。この時点で他人だった人が血族となります。この場合、養子となる方は実親と養親二人の親を持つことになります。一般的な養子縁組は普通養子縁組といい、子が欲しい独身の方、伝統芸能や家業を継がせたい方、相続税対策など様々な理由で行われます。 これに対して、実親との縁を切ってしまうという養子があります。民法第817条の2以降に定められた特別養子という制度です。この特別養子縁組をすると、実の親と子の関係は完全に断絶され、他人となります。そして養親と養子だけが親子関係が存在することになります。 実親とは血の繋がりがあっても他人にしてしまう制度です。これは、実親に虐待等ある場合に子を守るための制度です。 このように法律で定める親子の制度は血のつながりとは必ずしも一致しません。 父子関係の証明の難しさ、養子を取りたいというニーズ、子を守るという目的など様々な観点から技巧的に親子関係が創設されるものとなっています。 ライセンスURL http://www.ashinari.com/category.php?blogid=2&category=226&page=1

Read More


Back to Top