スマートフォン

心ほっこり住まいの中のハンドメイド

私の趣味は手芸です。ミシンや手縫いで小物をつくるのが特に好きです。 お金があれば何でも手に入る時代だからこそ、自分の手で何かを作り出す事に生きがいを感じています。(経済的には決してお金持ちではありませんが、手作りを通じて、心豊かな毎日を過ごしたいなと日々思っております。) 今回は住まいの中に取り入れた私のハンドメイド作品を軽く紹介したいと思います。 (1)クッション ミシンでクッションを二つ作りました。一つはハワイアンキルト、もう一つはクレイジーキルトの技法を取り入れたクッションです。グリーンテイストの部屋に色がマッチしていると自負しています。両方とも製作時間は一日も掛からずに出来ました。 ソファーの上でうたた寝する時に便利です。頭の下にサイズの大きいハワイアンを、小さいクレイジーは足の下に引くと快適に寝られます。クッションの中身の綿は100均で購入したものなのに、何故か気持ちよく寝られるのは気のせいでしょうか? (2)ティッシュボックス 専用のキットを購入し、ティッシュボックスを作りました。フクロウです。手芸店で製作キットが売っており、思わず購入しました。メタリック状の糸で作る「開運ティッシュカバー」(発売元:タカギ繊維株式会社)です。ティッシュボックスの土台(糸を通すように格子状になっています)に糸を手順通りに通すだけなので、小学生でも頑張れば完成できるかと思います。(小学生の夏休みの工作にも活用出来そうですね。)職場での休憩時間、テレビを観ながら、と細切れの時間を利用して作ったので一つ作るのに一週間要しましたが、梱包材のプチプチをつぶすのと同じくらい、作っている最中は快感でした。 果たして「開運」効果があるのかは未知数ですが、部屋の雰囲気が明るくなった事は間違いありません。 (3)印鑑ケース 某住宅に関する雑誌の付録についていました。(雑誌はブックオフで購入しました) ペーパークラフトです。宅配便が来たとき、いつも印鑑をスムーズに取り出せなくて困っていたので、ペーパークラフトの経験は有りませんでしたが、作ってみました。糊とハサミだけで簡単に出来ました。1時間もかからなかったと思います。ちなみに印鑑は煙突の中に、朱肉は家の底に入っています。写真では分かりませんが、家の本体を上に引くと取り外せるのです。煙突も取り外し可能です。 今は賃貸アパートに住んでいますが、いつかマイホームが欲しいです。マイホームを主人と協力して建てて、インテリアに自分がつくったハンドメイド作品を取り入れるのが夢です。 「開運ティッシュカバー」効果でマイホーム資金が早く貯まりますように・・・と願う今日この頃です。

Read More

メンタルを鍛えたい人に読んでほしい思考術その1

ちょっとしたことで落ち込んでしまう、落ち込んだが最後なかなか元のように振る舞えない…。私なんてダメ…。そんなことでお悩みの方が多いのではないでしょうか。今回はそんな人のためにメンタルを鍛えるための思考術をまとめてみました。 落ち込んだらいけないは嘘 何となく、落ち込んだり悲しんだり泣いたりするのはいけないことなんていう風習がありますがそれこそいけないことです。実は、泣いたり悲しんだりすることで次の楽しい嬉しいなどの感情が生まれてくるのだということが臨床で立証されています。 「喜怒哀楽」という言葉がありますが、喜と楽は怒と哀でフタをされている感情だそうなので怒ったり悲しんで泣いたりをしなければいけないんですね。我慢をしても仕方のないことは我慢せず自分を解放してあげましょう。周りに被害がいかない程度には怒って泣いてさっぱりしませんか? 世間の間違った常識や風習に惑わされないようにして日々を楽しく過ごしましょう。 内なる声を理解すること 仕事に行きたいから起きなきゃいけないけど起きられない。そんな風に思ったことはありませんか?その時って本当に仕事に行きたいと思っていますか?本当の気持ちは「起きられない」というところだけではありませんか? それは恥ずかしいことでも何でもありません。そのように自分の内なる声にきちんと耳を傾けることで本当の自分はどうしたいのかを理解することはメンタルを鍛える上の初期段階の自己認識や分析の面でとても重要です。もちろん遅刻して職場に迷惑を掛けてしまってはいけませんが…。 自信は日々の習慣から 「でも私自身ないし…」「私なんて何もできないし…」そんな風におどおどとしている時間はそろそろもったいないですよ。本当になんでもいいですからひとつだけ毎日続けられる習慣を持ちましょう。私は毎晩ブログを書くことにしていてもうすぐ半年になりますが周りからの反響も聞けて自己表現にもなるのでおすすめです。 筋トレをしたり料理をしたり掃除をしたりでもいいでしょう。必ず毎日続けられることを意識して始めてみてはいかがでしょうか。 どんな事があってもこれだけは毎日続けている、だなんて素敵だと思いますよ。 いかがでしたでしょうか。 最近、少しずつでも自分を変えて行こうという気持ちがあれば意外と変わっていけるものだなぁと思う機会が増えました。あなたがもっと素敵になれますように。 http://www.photo-ac.com

Read More

「笑える子育て方法 失敗は成功のもと? パート3」

巣立ち 子供をムギュってするたび、いつまでムギュさせてくれるかな?って、思います。 いつか子供は大人になってママから巣立っていくんだと考えると寂しい気もします。 それなのに、「いっぱい食べて、いっぱい笑って、優しい子になって。早く大きくなれ」 と望んでいます。 母の気持ちは複雑です。 妊娠から出産 子供がおなかの中にいるとき、ベビー用品をたくさん買い集めたのを昨日のことのように覚えています。  ベビーカーを見るたび、チャイルドシートを眺めては、おなかの子供がここに座るんだと想像するだけで楽しくて、 うれしくて涙があふれてきました。産まれてくる子のために小さい肌着を洗濯してまぶしい太陽の下に干すと、 こんなに小さいのかとまた涙があふれてきました。 妊娠から出産まで女の人の体は見た目以上に感情的になったり不安がおそってきたりと、日々劇的に変化します。  出産に立ち合う男の人が増えているのは個人的にいいことだと思っています。 ほんの少しかもしれないけど、女の人と一緒に出産する感情が分かち合えると思うからです。  産まれてきた子供に「ここに来てくれてありがとう」とおもった気持ちを大事に出来る瞬間も分かち合えると思います。 大事な宝物 私は、切迫流産の危機を乗り越え子供を出産しました。 そんなときの話や産まれてきたときの話を子供に聞かせてやると 「ママ産んでくれてありがとうね。 ママのところに産まれてきてよかった」という言葉を返してくれました。  正直、おどろきと感動でした。 成長するにつれ、ついつい多くを望んでしまう。  あれもこれもと子供のことを心配してしまうからこそなのでしょうが、だからこそ産まれてきてくれただけで本当に うれしかったあの時の気持ちを忘れちゃいけないと思いなおしました。  そして「君はママの宝物だよ」と、言うようにしています。 続いていく世代 「こら!そんなことをしたらあぶないでしょう」 「食べ物で遊ばない!神様はちゃんと見ているよ」 口から出てくる言葉の数々は、昔私に言った母親の言葉ばかりだと 親になって気づきます。今さらながら、母が私を一生懸命に育ててくれたのだと気づいたりもします。 それなのに、大人になると「育ててくれてありがとう」と、なかなか口に出して言えなくなります。  ...

Read More

超遠距離恋愛、成功のコツ

遠距離恋愛って、した事ありますか? 毎日とは言わなくても毎週末会えない距離だと寂しくなりますよね。 時には、相手が見えないだけに疑心暗鬼になったりして、 不必要な喧嘩が増えて、疲れたりします。 そんな遠距離恋愛も、 国を超えての超遠距離になるとまた苦労が二倍!三倍!です。 私がアメリカで留学していた時も、 恋人を日本に残して、アメリカに来た人。 恋人も他国に留学していて、自分はアメリカに来た人。 自分も恋人もアメリカに留学しているのだけど、 広いアメリカの中で遠距離している人。 色んな形の超遠距離恋愛している日本人を見てきました。 そんな苦労の恋愛が実を結んだカップルもいたし、 残念ながら別れ別れになったカップルもいました。 超遠距離恋愛を成功させるコツ、 距離があっても円満なカップルでいるコツって、何でしょうか? 再会の努力 とにかく会えない。 遠距離恋愛は相手に会えないのが、難題です。 国内なら1か月に1回とか、努力をすれば会えるかもしれませんが、 海外旅行と同じだけの金額と労力を必要とする超遠距離。 会えないのが普通になってきます。 いくらネットやスマホの普及で、世界は小さくなった。 といえども、毎日パソコンにずっと向かっての恋愛も疲れてきます。 思えば、仲の良い超遠距離カップルは会おうとする努力をしていました。 もちろん学生だったりすると、お金もあまりないし、 実際1年に1回会えれば良いほう。 それでも、休暇が取れるチャンスや、 何だかんだと言い訳を見つけて、相手に会おうとする努力。 これが、必要だったりします。 実際に再会できるかどうかはおいておいて、健全な仲なら、 とにかく会いに行きたい。自然と思うはずです。 そして、「次の夏休みに、会いに行きたいんだよね」 というような会話で、 自分をまだ好いていてくれている。 そんなに時間とお金をかけてまで自分に会いたいと思ってくれているんだ。 と相手は安心します。 そういう意味でも、会おうとする努力は必須です。 束縛しない 超遠距離恋愛で、相手は地球の裏側なのに、束縛されまくりの友達もいました。 私が、パーティや何かのイベントに一緒に行こうよ。 と誘っても、「彼氏が行くなって言うから」とつれない返事。 留学先で、その女の子が毎週末楽しそうなことばかりしているので、 彼氏が「もう行くな!」と怒っているらしいのです。 距離があるため、どうしても相手のいる環境が見えない。 自分が知らないところで、自分が知らない異性と出会ったりもしている。 そういう話を聞くと、やはり無意味に疑心暗鬼になって、 嫉妬して、束縛をしたくなるのも分かりますが、 ここはあえて束縛をしないほうが良いです。 見えないのに束縛をすると、束縛された側は、 信用してくれていない。 理解されていない。 と不満がたまるものです。 日本に彼氏を置いてきて、アメリカに留学に来た日本人の女の子の中に そういう経緯で束縛をされていた子たちがいましたが、 皆、彼氏に不満を感じていました。 「楽しんでこいよ」とその一言が欲しいだけなのに。 見えないからこそ、信用してほしい、と思うみたいです。 いっぽう、この状況で彼氏のほうの視点から言うと、 「楽しんでこい」と言うのは確かに、なかなか怖い気もしますが、 相手の人生も尊重してあげましょう。 会えない間は、何をしても会えないのですから、 離れているあいだ、お互いにお互いの人生を充実させたほうが得です。 長い目でみると、カップルとしてのお互いの信用度にも影響してきますので、 束縛したい心はぐっと押さえたいものです。 目的意識 何事にも目的意識というのは大切で、それがあるのとないのでは、違います。 一度は接点があったからこそ出会いましたよね。 今は何らかの理由で離ればなれになったので、超遠距離恋愛に発展しました。 では、その超遠距離の果てになにがあるのか? この超遠距離が終われば、こうしよう。 というような目的があれば、超遠距離恋愛は成就しやすいようです。 その目的は、結婚じゃなくてもかまいません。 2年の留学生活の完了。 今のプロジェクトが終わるまでの間。 など、離れていなければならない理由がいつか終わるはずです。 もし、超遠距離の期間満了が不明なら、自分たちで決めれば良いのです。 ○年やってみて、上手くいっていれば、二人の関係をこうやってステップアップさせよう。 恋愛をするにあたって、超遠距離は確かに不自然ですが、 期間が決まっていれば耐えられます。 二人で乗り越えていこうという気持ちが大切です。 超遠距離恋愛を無事完了したカップルは、 絶対にそれを乗り越えなかったカップルより絆は強いはずです。 あんなに会えなくて辛くて。寂しくて。 でも乗り越えられた。 離れていても、支えてくれた。 その自信が、二人の関係を特別なものにします。 それを思えば、短期間の超遠距離恋愛が二人を成長させてくれる恋愛のカタチに思えてきます。 画像提供:写真ACより http://www.photo-ac.com/

Read More

おばさんアロマセラピスト誕生!

夫が薬局を経営し始めて10年ほど経った時の事です。 あるお客様が 「俺は、毎日薬を飲んどるからええんや(薬を飲んでいるから、安心だ)」 と、おっしゃったのです。 毎日、病気や体調の悪い方のお相手をしていたので、 当然の台詞か、とは、思えませんでした。 なぜ、薬を飲まなくても良いように努力しないんだろ?と、 その時、急に私の心に引っかかってしまいました。 以後、なんとかして不調のお客様が、 快調になって薬と縁が切れる方法はないだろうか?と、 模索する日々がはじまったのです。 最初は煙から 私、煙フェチで、たき火の煙にはめっぽう弱い。 弱いって苦手なのではありません。 大好きなのです。 たき火のにおいを嗅ぐと、 へろへろっと体の力が抜けてしまうのです。 お線香の香りに包まれていると幸せを感じる一方で、 流行の香水には幸せを感じるどころか、 頭痛まで起こってしまうのでした。 ある日近所で枯れ草を集めて燃やしている (20年前は野焼きが禁止ではありませんでした)ところに、 ふらふらと立ち寄って、 煙のくる風下で待ち構えていました。 そしたらその時は、 煙のニオイぜんぜんおいしくないのです。 匂いではなく臭いです。 むしろ、イライラする香りがするのです。 たき火おじさんに、 何を燃やしているか尋ねると、 ニンジンの葉っぱだと言いました。 最近の農業は、 農薬漬けの作物であふれていると聞きます。 やはり、その時のニンジンも農薬漬けだったのでしょうね。 「アロマセラピー」発見! そんな匂いフェチの私、 たまたま、図書館で面白そうな本をボオッと探していた時に、 「アロマ」という言葉にひっかかりました。 当時は(20年以上前) アロマセラピーとか、アロマセラピスト などという言葉がほとんど知られていませんでした。 でも、香りで不調が良くなるなら私の天職だ!と、 ほとんど反射的に 自分の行方を決めてしまったのです。 事故でした。 加えて、 当時ちょっとしたブームだった 「手当て」という言葉が、 私の中でも膨らんで行きました。 香りと手当て、 その両方が重なりあったのがアロマセラピーでした。 すでに、30歳を超えていた当時ですが、 それまでの人生の中で初めて、 猛勉強をしました。 さて、どんな風に始めれば良いのやら・・・ 今のようにインターネットは普及しておらず、 頼りは図書館の本だけ。 その本を出版している出版社に問い合わせて関連の本を探す。 そしてそこからまた、関連の本を探す。 片っ端から、読みあさり自分の資料を集めて行きました。 いざっ、実践を!〜落胆の日々 アロマセラピーで使用する精油は、 日本には売っていませんでした。 薬局で薄荷があるくらいです。 具体的な体験が出来ない事に、 じりじりする思いでひたすら勉強をする日々が続きました。 机上で妄想ばかりを広げて 何ヶ月も経った頃、 やっと「精油」を輸入して自分で使っている、 アロマセラピストに出会いました。 その方 ・・・イギリスで本場のアロマセラピーを学んで帰国された方でした・・・が、 今でも私の先生です。 果たして、 これでやっとアロマセラピーを実践できると思いきや、 そこからが本格的なアロマセラピーの勉強の始まりだったとは! とにもかくにも、私のアロマセラピスト人生の幕が開いたのでした

Read More


Back to Top