スキンケア

ポートフォリオを組んで、投資に負けない

ゼロサムゲームの投資に負けないために 投資というのは、ゼロサムゲームになっています。 ゼロサムゲームというのは、簡単に言ってしまえば、絶対に勝者と敗者が存在するゲームということです。 ここで言う買った人間と言うのは、投資によって利益を出し、儲かった人間のことです。これが投資における勝利です。 投資における勝利が儲ける人間というのであれば、逆に、そこには絶対に利益を出せず、損している人間がいるということです。 悲しいことですが、これが投資における絶対の原則です。誰かの利益は、誰かの損益なのです。 ならば、当然、投資に参加する人間は勝つことを考えています。当然です。儲けるために投資しているのですから、損しては意味がありません。 では、投資で勝つには、何が必要なのでしょうか。まずは、情報です。誰よりも早く株価や為替レートが上がる、下がるという情報を手に入れる。 そして、他の誰かが感づく前に、株を売ってしまう、買ってしまうのです。こうすれば、損は少なく、利益は大きくなります。 しかし、それは難しいのが当然でしょう。 一日中、テレビに齧りついていても、経済に関する情報なんてニュースの終わりの為替と株の値動きが三分くらいです。 値動きを調べるためにネットサーフィンしようとしても、ずっとネットに耽溺してばかりもいられません。 しかし、為替や株価は刻一刻と、変化しています。あまり情報を手に入れて、株を売買する投資方法というのは、オススメできません。 何より現実的ではない。よほどの投資家であれば、別でしょうが、基本は片手間にしていますから、難しいでしょう。 それに、これでも負ける時は負けてしまいます。 しかし、絶対に負けない、失敗しない投資方法というのが、存在しています。 それが、ポートフォリオを利用することです。 ポートフォリオとは何か ポートフォリオというのは、簡単な日本語に言い換えれば、どの金融商品を、どれだけの量で、持てば利益が最も出るかの組み合わせです。 投資に使われる金融商品は、すべからくリスクが存在しています。つまり、どれだけ「儲かる」と言われているものでも損する可能性があるのです。 どれだけ損をする可能性があるか、これが金融商品のリスクです。投資家には、投資できる限界というのがあります。 しかし、その中で、複数の金融商品に分散して投資すると、そのリスクを減らし、リターンを大きくすることが出来るのです。 これが、ポートフォリオと言うことです。 その中で、儲ける可能性と、損する可能性を組み合わせていくと、最もリスクが少なく、リターンが期待できるラインがあります。 このように、同じリスクであっても、同じリターンが期待できる複数の金融証券の組み合わせを、有効フロンティアと言います。 実際に計算するとなると、統計学の標準偏差やリスクなどの数値が必要になり、計算が非常に複雑になります。 ここでは、簡単な例で、有効フロンティアについて解説します。 A社とB社の二つの株式があり、現在、A社の株価は100円、B社の株価は200円です。予想価格は以下の通り。 証券Aの予想価格は、| 0.5 | 80円 | 150円 |で、 証券Bの予想価格は、| 0.5 | 150円 | 300円 |です。 このときの、二つの株式の期待される収益率は、確立×利益÷現在の価格の合計なので、 証券Aの期待収益率: [1/2*(80-100)/100] + [1/2*(150-100)/100] = 15 % 証券Bの期待収益率: ...

Read More

アラフォー視点 生活&人生を楽しむコツ2

前の記事の続編です。さて、次は私が生活の中で気をつけていることをご紹介したいと思います。 4.やっぱり大切なのは健康です! 私が、この年齢にして、この年齢だからこそ大切だと感じることはやはり健康です。主には体の健康です。健康にはもちろん精神的に健康な状態、心の安定や安心感というのもすごく大切なのですが、両者はすごく緊密につながっているのではないでしょうか。まずは体が健康でなければ、精神的な安定や安心感を得るのは難しいでしょう。ですからまずは体が健康であるように自己の健康管理に気をつけています。といっても、ものすごく健康志向になるわけではなく、日々の生活の中でできるとても些細なことばかりです。たとえば、暴飲暴食を控える、夜中の飲食は避ける、早寝早起きなどです。 私の基本は規則正しい食事と睡眠です。規則正しい食事といっても、朝食を必ずとるようにしていること、夕食もなるべく自宅で調理をしてとるぐらいのことです。だいたい、時間も一定にして不規則にならないようにしています。内容は、それほどこだわらず、あまりにもジャンクなもの以外は特に気にせず何でも食べるようにしています。主には野菜中心です。あとは私の好みですが、温かいもの食べて体を冷やさないようしています。とはいうものの私は乳製品や甘いものも大好きなので、多量ではないですが、ある程度は自由にとっています。あまりにもストイックな健康食やオーガニックフードをとる必要はないと感じています。いいかげん(良い程度)の健康志向、自分流がモットーです。 それからもう一つ大切なのが睡眠です。これは、本当に重要だと実感しています。若いころは、多少睡眠不足でもそれほどこたえなかったのですが、睡眠不足の次の日は1日の業務すべてがボツ状態で頭が働いてくれません。年齢のせいか眠りが浅めになったような気もするので、なるべくぐっすり寝られるような環境づくりをしています。たとえば、この時期は湯たんぽなどで温かくして早く眠りにつけるようにしたり、夜中にトイレに目覚めなくて済むように寝る前は水分を控えたり、直前に用を済ませておくなどです。ただ、最近よく感じるのが、目覚めがすごく早くなってしまいました。高齢者が朝早起き、若者が遅起きなのもうなずける気がします。 それから、最後に私の場合ですが、よく歩くことです。とりたてて運動をしなくても、日々の生活移動を短い距離であれば、歩くことにしています。これなら、お金もいりませんし、また何より軽い運動なので誰でもできます。私は運動音痴だからと、スポーツなら敬遠してしまうところですが、歩くことなら気がまえず誰でも何時でも始められることでしょう。

Read More

相続税の基本についてコンパクトなまとめ

  相続税という税制度 相続が発生しますと相続税という税金が発生し得ます。相続税は、相続の事実に基づいて財産の移転があった場合に財産の相続人にかかる税金です。 今の日本の法律では、財産権は(負債も含めて)死亡と失踪宣告という事実が発生すると相続されることとなっています(民法第896条)。 戦前の法律では、家督相続制度により、死亡や失踪以外に戸主の意思で包括的に財産を譲ることが可能でしたが、現在では、例えば「一切の権利義務を贈与する」というような特殊な契約をしない限りは、財産権は相続によっての承継されることになります。 そして、相続した遺産の価格(正味財産)が一定以上の場合には相続税が徴税されることになります。 相続税という制度は、実はアジアでは珍しい税金の制度です。例えば、中国や香港、シンガポールなどでは相続税の制度はありません。 なぜ相続税が課せられるのかという点については、明確な答えはないということが正直なところではないでしょうか。 一般には富の再配分、資産の世襲化の防止(親が資産家の場合に子が資産家のままであることを防ぐ)などの理由が挙げられますが、相続税がなくとも富の再配分、資産の世襲化の防止は成功している国はたくさん存在していますので、実証的な根拠に欠けます。 現実的な理由として、日露戦争の頃に制度化され、その後、国の収入として欠くことができないものとなっているため存在しているというのが現実的な理由ということができるでしょう。 実際、平成27年からは相続税の基礎控除額が引き下げられ、税率が高くなり、相続税からの税収入を増やす方向であることは否定できないと言えます。 相続税の算出方法のポイントは基礎控除額 相続税の計算方法は非常に複雑ですが、端的に計算方法の要点をまとめますと、基礎控除額の範囲内かどうかがポイントです。 平成26年中に発生した相続については、 【5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人数】 を超えなければ、相続税は発生しません。 例えば、相続人が配偶者と子息お一人であれば、法定相続人は2人ですので、5000万円+1000万円×2=7000万円以上の遺産がなければ相続税が発生しないことになります。 一方で、平成27年1月1日以降の相続については、 【3,000万円 + 600万円 × 法定相続人数】 で計算されます。その結果、先の例であれば、3000万円+600万円×2=4200万円以上の遺産で相続税が課税される可能性が生じることになります。 相続税の課税ハードルが半分近く下がっており、相続税発生の可能性は非常に高くなります。 平成27年以降は、日本の相続税制度は、国家財政を支える程の大きな税収となるかもしれません。 (ライセンスURL http://www.ashinari.com/search/search.php?search=%E3%81%8A%E9%87%91)

Read More

アメリカンライフ 真偽その3:銃が多い?

アメリカやアメリカ文化の印象の真偽を問うエッセイ、アメリカンライフ。真偽その3は、アメリカといえば、銃。銃についてです。 筆者は約10年間の在米生活すべてを、西海岸のオレゴン州というところで過ごしました。短期間はオレゴン州で一番大きな都市、ポートランドでも生活しましたが、10年のうちの大方の時間を、郊外で過ごしました。 アメリカと一口にいっても、州によって法律も違うし、なにしろ大きな国ですから気候風土も少しずつ違ってきます。 銃問題ひとつとっても、地域によって違うとは思いますが、今回はオレゴン州に限っての銃事情を紹介します。 銃社会アメリカ 日本で生活する中で、聞こえてくるアメリカのニュースといえば、銃関連の事故や事件が多いですね。それを聞くたびに、銃のない日本で暮らす私たちは、アメリカというのは非常に怖い国であるという印象を抱いてしまいます。 確かにアメリカという国は銃という存在に寛容な国です。 法律で、銃によって自分で自分の身を守ることが認められている国なのです。 そういう意味で、アメリカ人にとって銃はとても身近な存在です。店にいけば売ってありますし、州によって決まりは違いますが、犯罪歴などがなければ、基本的に誰でも手に入れることができます。 筆者が、アメリカの日用雑貨や日曜大工の品物を取り扱うお店で働いていたときも、なんと「○○パーセントオフ!」などという新聞の折り込みチラシを手に、セールになった銃や弾丸を買いに、お客さんが来ていたものでした。 銃売り場では、狩猟用の銃やピストルなどがたくさん並んでおり、日本で生まれ育った私には考えられないような軽い扱いで、武器である銃が売られていました。 日本人が聞けば、驚くような文化ですが、アメリカ人にとってみれば、これが普通です。日本とアメリカを比べると、銃という概念では、基本的に大きくずれています。 どこでも撃てる 筆者は、そのお店で働いていたときは、東オレゴンに位置する小さな田舎町に住んでいました。その町の大部分の人たちは、田舎の素朴な人たちで、自然がたくさんあるので、趣味でハンティングをしたりする人が多くみられました。 その町には日本人の存在は私以外いなかったので、私の銃に関してのこの驚愕の感覚は誰にも分かってもらえませんでした。 筆者は当時、そんな町でいる機会もそうそうないと思い、同僚の男性にお願いして、ある週末、銃を撃ちに連れて行ってもらうことにしたのです。 アメリカでも都市部にいる人たちは、銃を撃ちに行くというと、射撃場に行って、銃を貸してもらったりして撃つのが普通ですが、こんな田舎町では射撃場などにも行く必要がなかったのが驚きでした。 「ちょっとドライブして町から離れれば、誰でも撃てる」といって、彼は私を連れて少し離れた土地へ連れて行ってくれました。アメリカは広いので、どこまでも広がる地平線、というような場所がたくさんあるのです。そこで、彼の自分で手作りの的を置いて、銃を持参して、自由に撃てるのでした。 彼は射撃が趣味で、休みがあれば、そこへ撃ちに行くと言っていました。弾丸もセールで買えば安いので、私にも、「好きなだけ撃っていいよ」と言っていました。 そこで現に、私も数種類の銃の取り扱いを彼から習い、ライフルやピストルを撃たせてもらいました。初めての銃を撃つ感覚というのは不思議なものでした。弾が的に当たる感覚というのは、独特の「暴力」としか形容の使用の無いような感触で、肌をもって感じることができました。 確かに、これが当たれば、人でも動物でも死んでしまうんだ、という感覚が、銃を通じて私の体の中まで駆け抜けていったのを覚えています。 貴重な体験でした。 銃犯罪が消えない理由 このように、日本から来てアメリカで住んでいる私でも、銃があればそこらへんで撃てるような国ですので、これでは銃犯罪があるのが当たり前だと思いました。 その同僚も、何本か銃を持っていましたが、そのどれもが、犯罪歴などをチェックしての店から買ったものではなく、知り合いや、友達など人から買ったものだと言っていました。そんなことができるのなら、店で犯罪歴などチェックしても、結局意味がないなと、改めて思いました。愕然としました。 銃を撃たせてくれた同僚や、銃を手にした私が、もしおかしな考えを持ったとしたら、簡単に町に銃を持って出向いて、ぶっ放すことだってできたのだと思うと、自分のことながら寒気が走りました。 日本でいると銃というのはなんだか遠い世界の話、映画の中の話のような気がしますが、アメリカ人にとっての銃というのはこんなかんじで身近なものなので、銃犯罪も日本人にとってのそれとは印象が大きくかけ離れているような気がします。 画像提供:写真ACより http://www.photo-ac.com/

Read More

ノンフィクション回想記 インド旅行 世界遺産編

インドを観光する旅つづいてはムンバイから電車やバスで5時間ほど東に走った町プネーへ訪問しました。ほど近く宗教と学術の街といった印象 外れの街プネー 滞在予算は一日800ルピーほど、宿代もそこまで高くなく500ルピー前後でビジネスホテル並みの2人部屋を確保できる程度です。それに観光者もそれほど多くないので現地人には大学に来た留学生と言って通るくらいです。ですので現地料金で食事や屋台などで買い物もできます。旅の箸休めとしては非常に居心地がよく友好的でインド人の落ち着いた生活場といった印象です。それに大学が近くにあるせいか英語が通用するので助かりますし、英語を知らない人としゃべっていても近くの人が通訳してくれたりしますからなかなかのリーズナブルで居心地がよく、現地の人柄もいいインドの隠れた穴場スポット。 Go to the アウランガバード!! エローラ・アジャンターといった古代寺院やかつての王国の廃城など世界遺産めぐりの拠点となるアウランガバードまで、ここからバスで3,4時間このあたりの人はインド人には珍しくビールを非常に好みます。オートリクシャー(三輪のタクシー)の運転手も観光客慣れしているのでホテルや観光スポット、レストランに連れて行ってくれと言うと良い場所に連れて行ってくれたり観光をパッケージで提案してくれたりします。それに採掘資源が豊富なためかアメジストや水晶、虎目石といったいわゆるパワーストーンが転がっていたりと面白い場所です。ブッタが実際に瞑想に使った場所などがあり日本でいう熊野古道など弘法大師ゆかりの場所の様な歴史的文化遺産のある街です。 歴史的遺産アジャンター寺院洞窟群 アウランガバード中心部からおよそ100km北部に位置する。とあるジャングルの中ひっそりと佇むように存在している当時の宗教寺院跡、日本で言うところの奈良県東大寺周辺のような場所です。当時は多くの王族や商人がここを訪れ救いを求めたとされています。28の寺院がジャングルの谷間を切り抜いて作られている一大建築物です。各宗教が混同しまた28もの建築にいったのは寄贈者(商人や王族)の苛烈な競争意識から生まれたと言われています。紀元前2世紀に建築が開始され、およそ1500年ほど前に完成したと文献に記述されている。 アジャンター建築技法 河が流れ、その横に硬い岩の断崖絶壁がある。そこにアジャンターは建築ており足場を組んで作業をしなかったとされている。当時の石工たちはまず断崖の岩を削り表面を整えアーチ状の窓を作りそこから掘り進む形で寺院を建築していった。削りだされた石は前庭の埋め立てに利用され、アーチ状の窓は太陽光を取り込む為と石の搬出口として利用された。上から掘り進む為足場は必要とせず、不安定な足場による事故を防いだ。しかし、その分装飾と仕上げを同時に行う為、建築構造の把握と高度な技術と忍耐力を要求された。確かに、寺院で人が事故で亡くなるなどあってはならない。仕事の仕方から当時のそういった事情も今に伝えている。ちなみに現代のインドもこの技術を受け継ぎ高い加工技術水準を今に残している。 エローラ寺院遺跡郡 アウランガバードから北西に25kmにエローラ寺院遺跡郡がある。アジャンターとの違いはヒンドゥー教色が強く、装飾には当時の芸術家がヒンドゥ―教叙事詩(ラーマーヤナ)を基にしてデザインしたとされている。一つの岩山をくりぬいて作ってあり、アジャンターと建築技法は同じで足場を使わず装飾と仕上げを同時に行って作られている。またエロティックな装飾が多いがこれは苦行に励むシヴァ神の心を乱すため愛の神カーマを他の神々が送り込んだと言う逸話から構成されている。(日本ではカーマ・スートラとして有名なあのカーマの事)掘り起こされた石の量は54000立法m。面白い事に日本の大黒様はシヴァ神の化身と言われているが定かではない。

Read More


Back to Top