ご当地ラーメンから全国に広がる横浜家系ラーメン

ラーメンショップが起源?の横浜家系ラーメン ご当地ラーメンから全国に広がるラーメンは、札幌、喜多方、博多など、少なくないですが、ここ最近急速にその勢力を増やしているご当地ラーメンが、横浜の吉村家に端を発する、横浜家系ラーメンではないでしょうか。横浜市内、神奈川県内にはもちろん多数の家系ラーメン店が軒を連ねていますが、ここ最近では東京都内を はじめ、千葉、埼玉、茨城といった他県にも、横浜家系ラーメンを看板にするラーメン店が多数出店するようになりました。常磐自動車道の守谷サービスエリアには、横浜家系ラーメン専門店が出店するということも発生しています。 その横浜家系ラーメンですが、起源はラーメンショップと言われています。とんこつ醤油ベースのスープが特徴のラーメンショップですが、ラーメンショップの出身者である吉村家店主によって、細麺が太麺にアレンジされ、その他の具材にチャーシューの他、のり3枚にホウレンソウという組み合わせとなって、現在の家系ラーメンの原型が誕生しました。 横浜家系ラーメンと一口に言っても大きく分けたら2~3種類 その横浜家系ラーメンですが、一口にまとめていうのであれば、とんこつ醤油のスープに鶏脂を使用して、固めに茹でた太麺と、チャーシューに大判ののり3枚とホウレンソウの具材が乗ったラーメンですが、細かく分ける味や具材が少しずつ異なっており、2種類あるのではないかと思います。 まずは起源とされている吉村家の本流の店で修業した人がオープンした店で、こちらの系統は吉村家系とか直系とか言われ、醤油の味がやや濃い目で、脂はそれほど多くなく、出汁がしっかりとしたスープが特徴と言えるでしょう。その対極にあるのが、壱六家に端を発する壱六家系とか壱系とか言われるグループで、こちらはとんこつ色が強く、白湯スープに近いクリーミーなスープが特徴で、具材にうずらの卵が入るのも独特といえます。両方の系統も横浜から全国にどんどん出店攻勢をかけてきており、関東地方ではほぼどちらの系統の店もあるのではないかと思います。 一方、横浜家系に入れていいかどうかわかりませんが、麺、具材、スープともに同じような構成のラーメンに、山岡家という店があります。こちらは茨城県に端を発する店で、起源がラーメンショップにある点、具材もほぼ横浜家系に同じである点から、家系の仲間に入れる人もいるくらいです。ただ、山岡家は全国にチェーン展開を始め、その際に横浜家系ラーメンの看板も出していないことから、家系とは別物と考えるのが一般的です。ちなみに山岡家は鶏脂ではなく、豚油を使用しています。 今後も増えると期待される横浜家系ラーメン 横浜家系ラーメン店は、多くの店で支店展開や姉妹店制度を取っており、既存店で育った多くの弟子が店主となって店を開くということが多く発生しています。横浜市内やその周辺に限らず、千葉や埼玉、茨城など、横浜から離れた他県でもこの流れが見られるようになりました。これらの店にも多数の弟子が存在していることから、今後も各地で横浜家系ラーメンの出店ラッシュが続くものと思われます。これらの家系ラーメン店がそれぞれ切磋琢磨し、どんどんおいしいラーメンが食べられるようになれば、食べる方としてはこの上なくうれしいですね。

Read More

増税を乗り切れ!格安・栄養満点食材もやしレシピ

 今年の4月から消費増税が行われ、少なからず生活に打撃を受けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。食費などにおける毎日の必要出費も増え、対策を練ることは避けて通れません。  そこで、今回は食費をおさえつつ栄養満点の食材とそれを使ったレシピをご提案します。そのおススメ食材とはこちら!  じゃん! もやしです! 「もやしっ子」なんて言葉もあるほどひ弱に見られがちですが、実は低カロリーでありながらビタミンC、カルシウム、食物繊維などの栄養も豊富に含み、疲労回復や滋養強壮などの効果も期待大、しかも低コストという優秀食材なのです。  今回はこのもやしを使ったおすすめレシピを3つ、ご紹介いたします。 その1:青椒肉絲もやし 【材料】 ・牛肉 ・ピーマン ・もやし ・ごま油 [調味料] ・豆板醤 ・料理酒 ・みりん ・しょうゆ  牛肉・ピーマンは細切りにし、もやしはよく洗います。ごま油で牛肉を炒めながら豆板醤、料理酒、みりん、しょうゆで味付け。たったこれだけでお手軽中華、栄養満点野菜たっぷりの青椒肉絲の出来上がりです。  辛みがあるのがお好きな方は心持ち豆板醤の量を増やしても美味です! 一般的には水煮たけのこを入れることも多くありますが、やはりお値段としては若干お高めなように感じられますが、もやしなら格安で、しかも食感も良く食べることができます。もやしの加熱調理時間が長くなるともやしがしなりきってしまうと同時にビタミンCが壊れやすくなりますので、炒め調理はささっと行うことがポイントです。 その2:もやしチヂミ 【材料】 ・もやし ・ニラ ・小麦粉 ・片栗粉 ・ごま油 ・桜えび  小麦粉、片栗粉、にら、もやしを入れて混ぜ合わせたら、水を加えてさらに混ぜます。お好みで卵を加えても良いかもしれません。仕上がりもふっくらとなります。さらにそこに桜えびを投入して再び混ぜます。  具だくさんで美味しく出来上がりそうな予感。  中火で中までしっかり火が通るように、外側に少し焦げ目がつくくらいにごま油で焼いていきます。もやしでかさ増し効果になり、さらに食物繊維もじゅうぶんに含まれているのでこれだけで充分お腹いっぱいになります。  今回わたしは豆板醤とお醤油を合わせてたれを作りましたがぽん酢で食べても美味しいですよ!  わかめスープを添えて、先ほどの青椒肉絲と合わせてもやしコースのディナー。お野菜たっぷりでお腹もいっぱいなのに材料費はかなりお安いです。 その3:もやしナポリタン 【材料】 ・もやし ・ベーコン ・ペンネ ・玉ねぎ ・サラダ油 ・トマト缶(ケチャップでも可)  ペンネはゆでてしっかり水けをきります。ベーコンは薄切りにするつもりでしたが、わたしは食べごたえがある方が好きなので、少し厚めに切りました。  フライパンにサラダ油をひき、ベーコン、玉ねぎを炒めます。充分に火が通ったらもやしを投入し、トマト缶を投入。トマト缶のほうが色も味もしっかりつくのですが、さらにコストを抑えたい方はケチャップでも代用できます。  見た目はナポリタンですが、野菜量で言えばおよそサラダです。ペンネが入っているので食べごたえもあります。  いかがでしたでしょうか? もやしはこのほかにもいろいろな料理に活用できる、無限の可能性を秘めた食材です。お財布にも身体にも優しい食材、もやし。様々なアレンジで、安くおいしく健康的に食生活を送っていきたいものです!

Read More

カメラマンの取材日記 湯けむり美女ツアー

取材先は栃木の秘湯「湯西川温泉」 今は昔、私がビデオカメラを相棒に駆け回っていた頃のお話しです。観光地のPRビデオ制作は仕事としてのボリュームが大きく、ギャラも上々、おまけに無料で名所や史跡を拝見できるなど、仕事のランクABCの内間違いなくAランクに輝く有難いお仕事でした。ある時取材で訪れたのは、栃木県の秘湯「湯西川温泉」栃木県内のみならず、全国的に名の通った名湯です。今を遡ること10数年前、取材記録をめくってみましょう。 意気揚々と出掛けた取材旅行、なぜかって、今回の取材は現役のモデルさん同行、入浴シーン満載、まるで勤労感謝の日のような特Aランクのお仕事ですから。取材クルーは男性4人、女性3人、2泊3日のスケジュールです。仕事ですから当然観光気分でのんびりなんて冗談じゃない、宿泊施設からお客さんがいなくなる午前10時頃から旅館内の撮影にかかり、頃合いを見て周辺観光施設を取材して、夕食前に再び旅館に戻り料理の撮影をこなした所で1日のスケジュールが完了します。3日で旅館を5軒、観光施設を5か所以上取材するからかなりの強行軍ではありました。 テーマは「おすすめ、宿自慢の露天風呂」 早速ですが今回のメインは各旅館ご自慢のお風呂、そのために現役のモデルさんも連れて来てるわけです。最初に自己紹介された時には思わず「おおっ!」と声を出してしまう所でした。21歳、上背があるわりに年齢より幼く見える顔立ち、しかし、ところが、顔立ちに反比例したメリハリのあるボディ。ワインで言えばロゼか? 撮影はいきなり入浴シーンから始める事になりました。撮影で重要なのは、実際にカメラをまわす(撮影する)前のカット割りと呼ばれる作業です。カメラの撮影位置を決めて、そこから撮影する映像をイメージするのです。撮影自体も根気のいる作業で、完成映像(完パケと言います)が僅か5分だとしても、実際にはその5~10倍程度の時間テープを使います。編集作業とは、その映像の不要な部分を捨てる作業なのです。 お待ちかね、美人モデルの入浴シーン 監督、助監督、カメラマンとで綿密なカット割りを終えたらいよいよ、「美女の入浴シーン」です。クライアントさんありがとう。季節は初夏、新緑が目にも眩しい露天風呂からテイク・ワン。モデルさんは純白のバスタオル1枚でスタンバイ、「じゃあ1回入ってみて。」監督のひと声で彼女はそのままお風呂の中にスルッと。 (え・・・全裸じゃないの?)「監督、バスタオルがありますが?」「バカ、あるに決まってんだろ!」 事前の個人的段取りとは違ってしまいましたが、まあ仕方ないか。ここで急きょ予定変更。「1人じゃ絵になんないな、彼女も入れろ。」モデルさんの世話係(エージェントの担当者)に白羽の矢が立ってしまいました。 「え・・・私もですか?」年齢的にかなり開きがありますが、どんな設定にするというのか。友達じゃムリがあるし、親子ほどじゃないし。「いいから入れ。」この監督は大変押しの強い人です。そして現場では、監督の権限は絶対です。 湯けむりの向こうに見えたもの 入浴シーンに特別な撮影技法はありません。それでも不変のサービス・カットなるものがあって、そこを押さえれば基本的にOKです。では撮影スタート。カメラは洗い場の床いっぱいに低めから、湯船の階段部分を狙います。「はい、スタート、カメラ回ってるよ。」助監督の声でモデルさんがアクションに入ります。湯船が画面いっぱいに映り込んだ所に、モデルさんの足先からフレーム・インするお決まりのカットです。「はい、カット。」 次はお湯に浸かってチャポチャポのシーン。入浴シーンではどうしてみんな肩の辺りにお湯をかけながら、腕を洗うようなしぐさをするのか。それしかやりようが無いからです。首まで湯に浸かってじっとしてる?両手でゴシゴシ顔を洗う?結局あれしか無いんですね。 「やっぱり肌が違うな。」監督が小声で言います。「若い方はお湯をはじくよな。あっちは逆にお湯を吸っちゃってるもんな、あハハハハ。」自分でやらせといてひどい。「聞こえますよ、それ。」 今回はお風呂を魅力的に撮るのが任務、モデルさんはおまけです。それでもやっぱり「湯煙美女ツアー」はいい!撮影はまだまだ始まったばかり、次回もまた、カメラマンの取材日記からいいところをピックアップしてお届けしましょう。

Read More

カメラマンの取材日記 手ぶらで登山がしてみたい 前編

今は昔、私がビデオカメラを相棒に駆け回っていた頃のお話しです。 1年に1度、秋、自分の身体に備わった全体力を絞り尽くす過酷なミッションがありました。秋山登山です。 映像プロダクションとしての安定的な収入源の1つに、小学校や幼稚園のイベント撮影や企画物の制作がありました。 イベント物は運動会や発表会など毎年巡って来る催し物を撮影して、編集を加えて保護者の皆さんに販売する仕事。企画物とはイベント物から派生して、1年間を例えば前半と後半に大きく分けて、その範囲内で行われる大小のイベントを、いくつかずつミックスして撮影~編集する、いわばテレビの総集編特番みたいなものです。 最も過酷な撮影に挑む 肉体的限界に挑む登山の取材は、ある小学校6年生の卒業記念として毎年行われる“卒業登山”に密着して撮影する番組でした。 卒業と登山が結びつくのは、多くの名峰を抱える地ならではのもの。ヤマナシ県ではこうはいきません。 小さな小学校だったので、山に登る卒業生は約50名、校長先生をはじめ引率の先生方が5~6名、忙しい中わざわざ丸一日付き合って下さる(ヒマな)保護者代表が7~8名。総勢60数名が、福島県の中央で狷介孤高、独立不羈を貫く単独峰“会津磐梯山”の頂上を目指します、標高は1816m。 登山は準備から始まった 我々取材陣はスタッフ2名で2カメ態勢、我々にとって登山は当日の1か月前から既に始まっていました。 通常の身体レベルでは、重い撮影機材を身に付けて、自分たちより遥かに若い小学生を山中で追い回すなどまず不可能。だから私は登山当日の1か月前を準備スタートの日と定め、脚力の強化策を実行しました。 まずは自宅と会社間の通勤を、特別な場合を除いて徒歩にする。片道約30分強を、せっせと早足で歩く事から始めました。 そして仕事を終えて自宅まで歩いて帰ると、食事の前に約30分の縄跳び運動です。 皆さん、縄跳びをバカにしてはいけません。甘く見ると大変な目に遇います。まず縄ですが、カラフルな色がついたオモチャレベルではダメです。ちゃんとスポーツ用品店で購入した、競技用縄跳びを使います。脚部の強化が目的なので、二重跳び、後ろ跳び、交差跳びなど一切無用、前方を見据えたまま一心不乱に跳び続けます。 久しぶりに縄跳びをやってみると、意外に楽しくぴょんぴょん跳べます。これが落とし穴です。普段運動不足の脚部に、調子に乗ってぴょんぴょん不自然な負荷を与えてしまうと、その晩はなかなかに爽快でビールが進みます。 しかし、翌日目を覚まして身体の異変に気付きます。ふくらはぎがパンパンで歩行できないのです。当然翌日の縄跳びは休み、このダメージから回復して、日々の縄跳びを日常生活の一部としてエンジョイできる様になった頃、我々は登山当日を迎えます。 挑むのは天下の名峰磐梯山 民謡にも唄われる会津磐梯山は、福島県中央部北寄りに位置する独立峰、文句なしの名山です。 広大な自然公園の主軸をなし、過去に繰り返し起こった噴火によって、周辺に大小様々な湖をはじめ表情豊かな景観を作り上げました。1888年にも大爆発を起こしていて、周りには温泉もいっぱい、まだまだ現役の元気な火山です。 卒業登山とは言ってもそこは小学生ですから、平地から頂上まで標高差に匹敵する高度を登るわけではありません。いくつかある登山口の中で最も初心者向きの、八方台登山口から頂上を目指すのです。 八方台登山口が標高1194mで、頂上は1816mだから標高差は約622m、何だ、大した事ないじゃないか。ついでですが、最近磐梯山の頂上は標高1819mから1816mに訂正されました。自重で少し沈んだのでしょうか。 さあ、準備ができたところでいよいよ登山です。でも今回はここまで、続きは後編でお楽しみ下さい。 ①Yoshihiro Sakamotoブログ yskablog.blogspot.jp ②経営者会報ブログ makasetaro.keikai.topblog.jp ③石井スポーツHP磐梯山

Read More

走ること

小学生を相手にスポーツ少年団のコーチをやっていると、教え子の弟だとか、自分の娘の友達だとか、いろいろと対象外である幼稚園児を見る機会が多くあります。幼稚園時代から、小学生を経て、中学、高校生になるまで、かなりの人数の成長を見てきました。すると「走る」ということについてある共通した特徴があることに気づきます。 幼稚園児の時の走り方で、おおよそ「とびぬけて運動神経の良い子」「努力をすれば何とかなる子」はピックアップ可能です。幼稚園児のお子さんを持つお父さん、お母さん。自分の子供さんを見てみませんか?(あくまで私の経験のみに基づく私見です。) 真似のできない「とびぬけて運動神経の良い子」 まず、「とびぬけて運動神経の良い子」は、走る際に体の上下動が非常に大きいのが特徴です。みんな一緒に走っていると、一人だけぴょこぴょこと頭が見え隠れします。決して効率的な走り方ではありません。教えた訳でもありません。それでも何故か「ぴょんぴょん」と跳ねているように走る子は、その後、とんでもない成長を見せます。 もう一つの特徴は全力で走った後の地面に現れます。こうした子が走った後は、足跡がとても深く掘れています。父兄に聞いてみると「履いているシューズがすぐ駄目になる」と言います。こちらは何となく想像できます。足が接地してから地面を蹴るまでの間に足首をかえしているんでしょう。とても足首に負荷がかかる走り方ですが、前に進む力はかなり大きくなります。無意識にトレーニングをしていることになります。 こうした子は、幼稚園や小学校低学年までは走り方もちょっとおかしいし、決して速く走れるわけではありません。それでも小学校高学年から中学校にかけて必ず速くなります。期待していてください。 でもこうした子はとても少ないです。これまで、かなりの数の子供を見てきていますが、こうした条件に当てはまった子は、本当に数人です。 親の努力で「何とかなる子」 次に「なんとかなる子」。これはほとんどの子が当てはまります。この時点でスキップができていれば後々の努力で、かなり早くなります。なぜスキップ?「そこそこ早く走る」のであれば、その動作はそれほど複雑で難しいものではありません。同じ動作をなるべく早く繰り返せばよいわけです。そこで必要なのが『リズム感』なのです。 ではリズム感を養うにはどうしたらよいか? いろんな方法があると思いますが、スキップや縄跳びが身近です。案外、小学生の高学年になってもスキップできない子は多いんです。是非幼稚園の内にトレーニングしてみてください。すぐできるようになる子は問題ありません。できなかったら、スキップできる大人が二人で、各々左右の手をつないで、3人でスキップしてみてください。「タンタターン タンタターン」と掛け声を掛けながらしばらく付き合ってあげるとすぐに覚えます。 前向きにスキップできるようになったら、高く飛ぶスキップや速いスキップなどいろいろと変化をつけます。後ろ向きもお勧めです。前に進むのと同じ動作で、後ろに進むんです。できますか? 小学生中学年で、スキップができて、縄跳びが50回くらいできれば、後は少し練習しただけで足は速くなります。クラスで5~6番目くらいまでの速さであれば、何とかなります。ほとんどの場合、才能なんてほぼ平等です。 小さいつまずきを乗り越える なぜこんなことにこだわるのか? 変なところでつまずいてほしくないなぁと思う気持ちからです。運動会の前に気持ちが凹む子は多いです。決して遅くない子でも「一緒に走るのが早い子ばっかりで..」なんてこともよくあります。ちょっと頑張れば何とかなるんです。そんな小さなことで、いじけたり、運動を嫌いにならないでほしいなぁと思います。 「子供のつまずきにいちいち親が先回りして防いであげたんじゃ、自分で成長できなくなるじゃないか」という意見もあります。でも、最初のうちくらいは親と一緒につまずきを乗り越えていいんじゃないでしょうか?運動なんて、一番手近で簡単な問題克服の事例になるんじゃないでしょうか? 今日は親子でスキップしてみませんか? 画像出典: http://www.photo-ac.com/

Read More


Back to Top