花香

初夏の岩手の風物詩 「チャグチャグ馬コ」を見に行こう

6月は連休のない月などと言われ、なんとなくテンションの上がらない時期かもしれません。そんな時期に行われる岩手県滝沢市のお祭り「チャグチャグ馬コ」は、じめっとした心に癒しを与えてくれるかもしれません。 心温まる、馬と人のお祭り 岩手といえば、最近ではNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で沿岸地域が脚光を浴びたり、平泉中尊寺が世界遺産に指定されるなど、にわかに注目を浴びています。それに比べて、チャグチャグ馬コ(ちゃぐちゃぐうまっこ)はあまり知名度がなく、同じく盛岡市で夏に行われる「さんさ踊り」などと比べたら地味かもしれませんが、他にはない心温まる味わいのあるお祭りです。 チャグチャグ馬コとは、岩手県滝沢市と盛岡市で毎年6月の第2土曜日に行われる伝統のお祭りのこと。 滝沢市の鬼越蒼前神社から盛岡市の盛岡八幡宮まで約15kmの道のりを、華やかな馬具をまとった馬と人が練り歩く、全国的にもめずらしい行事です。 もともとは江戸時代、農耕馬として働く馬の無病息災を、飼い主が神社に祈願したのが始まりだそうですが、幕末のころから、馬に装飾をして参詣するようになり、現在の形になっていったのだそうです。 「チャグチャグ」は馬の装束の音から スタート地点の蒼前神社を一頭ずつ出発した馬たちは、雄大な岩手山をバックに、のどかな田園地帯を歩いていきます。約100頭もの馬と、それを引く人、馬の背に乗る子供がパレードをするので、その長さは時に500メートル以上にもなるのだとか。 静かな景色に、装具に着けられた鈴の音と、ポクポクと蹄鉄の音が響きます。そしてなんといっても、色鮮やかで華やかな装具と、田園風景とのコントラストは圧巻の一言。 こうしてパレードは、田園風景を過ぎ、やがて街中を進み、ゴール地点である盛岡市の八幡宮神社までを、ときに河原で休憩を挟みながら、約4時間半かけて練り歩くのです。 初めてチャグチャグ馬コを目の前にした人々は、アジアのお祭りを見るような、どこかエキゾチックな気持ちになるそうです。 わたしは、このお祭りを見るたび、はるか昔の人々が日々の生活の中で働いてくれる馬に感謝をし、めいいっぱい馬におめかしをさせた気持ちを思い、心が温かくなります。そしてまた、農耕馬としての役目を必要としない現代においても、地域の人たちが馬を飼い、装束を手作りし、この行事を続けていることに、この地域の人たちと馬との深い絆を感じます。 時間と場所は旅行日程に合わせて このお祭りは、15kmもの距離をパレードするので、その間、どのポイントからでも見物しやすいのもポイントです。スタート地点の蒼前神社やゴール地点の八幡宮神社、新幹線の発着する盛岡駅周辺などは込み合うかもしれませんが、他の場所ならさほど混まないで見られるでしょう。 順路マップは駅や役場などで配っていますし、HPからもダウンロードできます。 ご自身のほかの観光予定と照らし合わせて、ちょうどよいスポットを見つけてみてください。

Read More

話題のまいたけダイエットってどういうもの?

某芸人さんが番組内で挑戦した事で注目が集まっている話題の「まいたけダイエット」。今回はそれがどういうものでどうやったらより効果が出るのかをまとめてみました。 どうして「まいたけ」で痩せられるの? キノコ類は低カロリーなのでいままでもダイエット中に食べる食材として活躍してきましたが今回注目を浴びているのはまいたけです。では何故まいたけなのでしょうか。 まいたけにはMXフラクションと呼ばれる成分が含まれているのですが、この成分は他のキノコにはない成分だそうです。なのでまいたけに限定されるのですね。このMXフラクションという成分がどのようにダイエットに貢献してくれるのかを簡単に説明すると、摂取する事で脂肪の分解を促進してくれて更に基礎代謝が上がるという事です。基礎代謝が上がる事で体内に蓄積された内臓脂肪を減らす働きをしてくれるので太りにくい体になります。 一日にどのくらいどうやって食べたらいいの? 一日に、30~50g摂るといいそうです。これはスーパーなどで売っているパックのまいたけ半分に相当します。毎日食べるにしても無理のない量ですしまいたけは調理法が沢山あるので続けるのが大変、という事はないと思います。炒めて良し揚げて良し焼いて良し茹でて良し煮て良しで万能ですね! ただし、気をつけなければいけない事が一つだけあります。有効な成分MXフラクションは水溶性で油にも溶け出すという事です。調理の際に水で洗ってしまうと成分が流出してしまうので水洗いはしないで使いましょう。切り口は軽く洗うか切り落とすなどして対応しましょう。油にも溶け出してしまうという事なので揚げ物には不向きですね。茹でたり煮たりした場合は煮汁も使う事を心がけましょう。まいたけは香りもいいですし、炊き込みごはんやみそ汁、カレーなどに使って溶け出した成分も美味しくいただくのがベストです! 他に気をつける事は? 今回のまいたけダイエットは食べ物でダイエット効果を得ようとするものなので尚更ですが、いくら食べてもいいダイエットだからって大盛りやおかわり、脂っこいものやカロリーが高いものは控える必要があります。これはどんなダイエット法でも同じ事で、むしろ運動をするよりも大切な事です。 そして運動ですが、ハードな事をする必要はありません。代謝を落とさないためにダイエットすると落ちやすくなってしまう筋肉を体に引き止めておくためのトレーニングをするといいです。 一日にたった腹筋20回でもいいので毎日続けましょう。 http://www.photo-ac.com

Read More

刑法上の違法とは何か(2)-結果無価値論とその統合

結果無価値論は法益侵害性を重視 前回の記事では刑法上の違法という概念について行為無価値論という考え方をご紹介しました。行為の持つ社会的意味を考えて、社会通念上(倫理上)許されない行為に限って違法と考えるという考え方です。 しかし、このように考える違法論には批判があります。つまり、何が社会通念上許されない行為であるかという判断がケースバイケースになってしまうということです。 社会倫理というのは非常にあいまいです。そこで、刑罰という重い制裁を加える犯罪論に社会通念というものを入れるのは好ましくないと考えます。そこで、別の視点から考える違法論があります。 刑法の条文を見ますと、次のように考えることができます。なぜ殺人罪という行為が犯罪となるのかといえば、生命という大切な利益を奪っているからであると考えます。 また、逮捕罪が犯罪となるのは自由な身体活動を奪っているためです。このように刑法は非常に大切な個々人の利益を守っているものであると考えます。刑法が守っている利益を「法益」と呼びます。 結果無価値論はこの「法益」を侵害している行為を違法であると考えます。このように考えることで社会通念という曖昧な考え方を排除して明確に犯罪行為か否かを考えることが出来るという理論体系をとります。 純粋な結果無価値論からの帰結と見解の統合 行為無価値論と結果無価値論との対立として挙げられる仮想事例として偶然防衛という事例が挙げられます。これは、Aという人物が殺意を持ってBをピストルで撃ち殺したところ、Bという人物もAを同時のタイミングで殺そうとしていたという事例です。 この事例で行為無価値論の場合には、AはBが自分を殺そうとしていることを知らないで殺人を犯した以上、社会通念上許されない行為であるとして違法である(殺人罪である)と考えます。 一方で結果無価値論では、殺人の一歩手前であったBの命は、もはや法律的に保護に値する利益ではないと考えます。(正当防衛の制度があることから、法律は自らが殺されることを我慢してまで相手の命を守ることまでは要求していません。もはやBの命は法律的には守られない命であると考えます。) その結果、偶然防衛の事例の場合、行為無価値論と結果無価値論では結論が異なることとなります。この例は行為無価値論と結果無価値論の対比を現す仮想事例としてよく取り上げられます。 判例・実際の裁判例は行為無価値論的と言われます。また、行為無価値論・結果無価値論という学者の議論も完全に対立しているものではなく、お互いの考え方を取り入れたり、考え方を修正したりしています。 その意味で刑法上の違法論は、統合されつつあるということができるかもしれません。 http://www.ashinari.com/category.php?blogid=2&category=33&page=5

Read More

冬の乾燥対策はオイル美容にあり!全身うるおいに満ちた、艶肌冬美人へ

冬肌に必須のオイル美容 日々気温が下がり、冷気による肌のごわつきや湿度の低下による乾燥など、この時期はとくに保湿に気を使いたいもの。植物性のオイルは、肌へのなじみもよく、冬肌のトラブルである乾燥や肌のごわつきはもちろん、マッサージと併用して血行促進などの効果にも最適です。 オイル美容は上級者向けのイメージがありますが、実は誰でも簡単に取り入れることが できます。乾燥肌だけでなく、混合肌や脂性肌などあらゆるタイプの肌に効果的なオイル美容。 その保湿のメカニズムや目的別オイルをご紹介します。 保湿とは水分を与えるだけでな不十分?! 保湿といえば水分を与えることで保たれるイメージがありますが、与えるだけでは十分な保湿ができません。肌の一番外側を覆っている角質層は、上から皮脂膜、角質細胞、細胞間脂質の3つの層でできています。水分や脂分が足りなくなると細胞間脂質がもろくなり、隙間ができてしまい、皮膚の中で水分が保てなくなります。保湿をしても水分が蒸発してしまうため、水分を与えつづけても十分な保湿機能をはたせない場合があります。 肌になじみやすいオイルなら、肌を隙間なく整えて、しっかり水分保持! 皮膚は、外的ダメージなどから肌を守るため、皮脂膜という油分で覆われています。角質細胞や細胞間脂質へ潤いを届けるには、皮脂膜と同じ構造をもつオイルを使うことで、肌にすばやくなじみ浸透し、細胞脂質の層に隙間が埋まることで、その上の角質細胞の層がみだれなく整い、水分と油分のバランスをキープ。このバランスを細胞レベルで調整するため、乾燥肌の方は十分な保湿で潤いをキープできるのはもちろん、混合肌や脂性肌の方は、過剰な皮脂分泌を抑えて、トラブルがおきにくい肌をつくることができます。 植物オイルはマッッサージにより、さらに効果大! オイルを塗布するだけでも、保水力をアップの効果はありますが、マッサージを併用するとオイルのもつ効果を最大限に。リンパの巡りが良くなることで、老廃物の滞りがなくなり、筋肉の緊張もほぐれます。そのため、肌のごわつきもなくなり、やわらかくなることで植物オイルに配合されている栄養やビタミン、ミネラルなどの美容成分も肌に浸透しやすくなります。 目的別に植物オイルを使い分け! 肌の細胞を整えるものだから、傷つけずになじみがよく、浸透しやすく、実や種を圧搾してとれる自然の恵みをたっぷり受けた植物性のオイルがおすすめ。ビタミンやミネラルなど美肌効果が高いのも特長です。肌悩みにあわせて、化粧品を選ぶときに参考にすると、自分のベストチョイスのオイルアイテムを見つやすくなります。 1乾燥によるシワやごわつきが気になる肌に ビタミンEを豊富に含み、浸透性が高く保湿作用に優れているホホバオイルや「森のバター」と呼ばれ、ビタミン類も豊富で栄養価が高く、浸透性にも優れているアボカドオイルがおすすめです。 2ハリや弾力がほしい、エイジングケアに エイジングに効果的な必須脂肪酸やトコフェロール、ビタミンEを含み、新陳代謝を活発にしてくれるアルガンオイルや、近年注目を浴びているバオバブオイルがおすすめです。 バオバブオイルは、安全性はもちろん浸透力も高く、パルチミン酸やオメガ3.6.9などを含み、ハリ感のある肌へ導きます。 ホルモン分泌を調整してくれる、γリノレン酸を含むイブニングプリムローズオイル(月見草オイル) や、皮膚の再生、保護効果に優れたローズヒップオイルも◎。 3保湿もエイジングにも必須のマッサージオイル 皮膚に良くなじみ、浸透しやすいホホバオイルをはじめ、皮脂の成分の一つであるパルミトレイン酸も少量含むマカダミアナッツオイルや、ビタミンEを豊富に含み、アーユルヴェーダでも免疫と代謝を高める目的で使用されているセサミオイルがおすすめです。

Read More

脳に訴えかける!ズボラにうってつけのダイエット方法!

はじめに こんちには!ズボラ新米主婦のマコです。 ダイエットしたいと思っていても「面倒くさい」「疲れる」「長続きしない」 「寒い/暑い」などの理由で、なかなかとりかかれないアナタ! 私が脳に訴えかけるだけの簡単ズボラダイエット術を伝授します。 そもそも「痩せなきゃ」って思うのがダメ そもそも、痩せなきゃ!と思うのがダメなのです。 ストレスを増幅させるだけです。 ダイエットしよう!と思えば思うほど焦るだけですし、無理な運動、キツい食事制限、不味いわりに高いダイエット食品を飲んだりするから長続きしないのです。 ダイエットをしてもいつも失敗する!という人は、もしかしたら成功しない理由は「ストレス」かもしれませんよ。 思い込むだけ!ダイエットは「脳」でする! 私が日頃から実践しているのは、ただ一つだけです。 簡単すぎてダイエットと言えないくらいです。 それは•••「お菓子やケーキを食べたって太らないから大丈夫、大丈夫」と思いながらとっても味わって食べるだけです。 つまり、脳に「太らない」と訴えかけるだけの簡単ダイエットです。 ズボラでもできますよね? 医学的にも立証されている! 脳に訴えかけて「私はおいしいものを食べても太らない」と念じる、訴えかけることで太らないのは私だけ?となると怪しいのでもう少し医学的見地からリサーチしてみました。 すると、九州大学の医学博士であられる藤野武彦先生が『脳疲労概念』を提唱されており、臨床研究で証明されているようです。 そのあたりを簡単にご紹介すると、 脳には大脳新皮質と呼ばれるいわば「知性」の部分と、旧皮質と呼ばれる「本能」の部分があります。 通常はこの「新皮質」と「旧皮質」はバランスよく対等に働くべきものなのです。 しかし、現在は、スケジュール管理された世の中で動かなければなりませんよね。 そのせいでバランスが悪くなり、「新皮質」が優位になっている状態なのです。それが脳疲労の原因だそうですよ。 そして、この脳疲労が肥満の原因になってくるのですって。 脳疲労になると、脳のプログラムに異変が起こって、五感も鈍くなり、意欲が低下してきます。倦怠感も出やすくなり、運動したくなくなります。 また五感の中で顕著に影響がでるのが味覚だそうです。 甘味に対して鈍感になり、しかもエスカレートしてくると、もっと甘いものが欲しくなってしまったり、もっと食べないと足りないと思ってしまうのです。 食べる量や味覚のモノサシに狂いが生じてくるそうですよ。 そんなわけで、自分だけが実践している(と思っていた)とっておきの「脳に訴えかけるダイエット」は医学的に研究されているものだったんですよね。 おわりに いかがでしたか? ダイエットが続かないと自分を責めてしまいがちですよね。 少し痩せてもリバウンドするとへこみます。 でも、それは「脳疲労」のためだと考えるとちょっと気楽になれますよ。 ぜひ「脳に訴えかけるダイエット」を実践してみてくださいね。 画像引用元 足成 a  http://www.ashinari.com/2013/11/27-384047.php?category=5 b http://www.ashinari.com/2012/07/01-364376.php c http://www.ashinari.com/2012/11/17-373078.php

Read More


Back to Top