さとしい

おばさんアロマセラピスト、動く!

やっと入門 やっと、人生の師(というと、先生は照れて「やめてえ〜」と言う)に、出会えた私を迎えたのは、膨大な症例の勉強。先生のもっている何千という経験談の記録を、見せていただき自分なりに分析する事から始まりました。 頭でっかちの私はそれまで妄想する事でしかアロマセラピーの勉強はできなかったのですが、実例を学ぶ事でますます、アロマセラピーの奥深さを知り、次から次へと学びたい分野が広がって行きました。 自信?どこでみつける? 匂いにどんどん興味を深めて行った私にまず分かったのが、私の嗅覚は天然の物と、人工的に作られた物を嗅ぎ分ける事が出来るということでした。少しずつ精油を集めて行く中で、偽物が混ざっている事も分かるようになって行きました。 どうやって嗅ぎ分けるかうまく表現できませんが、香りが私の体に入った時に体が受け入れるか、拒否するかで判断をしました。自分の判断を信じて、より質の高いアロマセラピーを目指す事を目標にしたのです。 揺らぐ自信 自分の感覚を大切にするという事は、簡単なようで実はとても難しいものです。 勉強をするという事は、他から自分に取り入れる事です。高いところから低いところへ水が流れるように、先生から私に知識を取り入れて行きます。 そしてその知識を実践へ向ける時に自分の判断を加えるというのは、最初はとても勇気の要る事でした。これでいいんだよねと自分に何度も語りかける事が、勉強を重ねれば重ねるほど多くなって行きました。 先生は、「いいのよ、自分を信じてやりましょ。それがアロマセラピーなのよ。アロマセラピーは、医学とは違うの。100人のアロマセラピストがいたら、100通りのアロマセラピーがあるのだから。」と、いつも力強く励まして下さいました。 いざ、始めて見ると・・・ 初めの頃は、身近な人々を実験台にして、アロマセラピートリートメント(脂に精油を混ぜて、全身に塗り、相手の不調を少しずつ和らげる)を試しました。 相手の人となりが分かっているだけに、精油の選択や、トリートメント方法も比較的易しいはずです。 ところが、実際に裸の相手(クライアント)を前にすると、学んだ事が全く浮かんできません。あがってしまうのです。当然、手は氷のように冷たい。 これは、デビュー当時のアロマセラピストは誰しも感じる事かもしれません。 日本人には他人様と触れる、実際にタッチする習慣がありません。ハグなんて最近の事です。握手さえしません。それが、いきなり素肌に素手で触れるのです。 「手当て」の言葉に食いついてアロマセラピーを目指した私ですが、手当ての一歩が、緊張してうまく出来ないのです。 これは大変な事です。あまり物事を深く考えない私が最初にぶつかった壁でした。アロマセラピートリートメントを受けてみても、緊張するあまり、自分に良いはずの効果が見つかりません。 信じるはずの自分の手が、信じられないのです。 そんな事では、勉強を続けられるはずがありません。自分の手のひらを見つめて、考え込む時間が長く続きました。 あれっ、これって? ある日の事、自分の手を見ながらぼおっとしていました。すると、だんだん手のひらが暖かくなって行くのです。あれっ、これってアロマセラピー止めるなって、啓示?単純な私は自分の変化に気づくと、直ぐに気を取り直す事に成功したのです。 後で考えてみると、自律神経のトレーニングの様な物だったと思います。以後、生徒さんに教える今になっても、私のネタとして、この時の事を話してます。 かくして、おばさんアロマセラピスト、最初の路線に復帰してやっぱり勉強の日々が続く事になります。

Read More

今が肝心!風邪対策

はじめに 冬本番で、インフルエンザやノロウイルスによる感染症が大流行していますが、皆さまはいかがお過ごしですか? お風邪はひかれていませんか? わたしも風邪をひかないように、毎日予防策を実践しています。今日はわたしがしている予防策をご紹介したいと思います。 ホットレモネードを飲む 免疫力を向上させるためには、粘膜を守ってくれるビタミンCの存在が欠かせません。そこで毎晩ホットレモネード(ホットはちみつレモン)をつくって飲んでいます。 作り方は簡単。レモンを絞り(市販の100%レモン汁でもOK)、お好みではちみつを淹れてお湯を注ぐだけです。 レモンの爽やかな酸味とはちみつの甘さが気分も落ち着けてくれます。 ヨーグルトを食べる 胃腸は免疫の要です。腸内環境が良くないと風邪などにかかりやすくなります。 そこで腸内環境を整えるため、善玉菌を育てる効果のあるヨーグルトを食べています。わたしは自家製のカスピ海ヨーグルトに、ジャムやはちみつをすこし混ぜて食べています。 市販のヨーグルトでももちろんかまいません。ただ一度にたくさん食べると身体を冷やしてしまうので、毎日すこしずつ食べましょう(商品によっては1日の摂取量の目安が表示されているものもありますので、必ずチェックしてください)。 野菜スープを飲む 身体の調子を整えるには栄養バランスの良い食事が欠かせませんが、毎日忙しい生活をしているとなかなかそこまでできなかったりします。そこでわたしはスープを作り置きしています。 ゴボウや大根などの根菜類、カボチャやトマトなどの緑黄色野菜、キャベツや白菜などの淡色野菜、ソーセージやベーコンなどの肉類などなど、そのとき冷蔵庫に残っているものをどんどんお鍋に放り込みます。 味付けもコンソメにしたり和風だし、トマト、カレーなどなど。 野菜は火を通せば量を食べられますし、溶けだしたビタミン等も摂ることができます。 食欲がないときにもぴったりですし、忙しいときにも簡単につくれて大助かりなので、スープは本当におすすめです。 おわりに 風邪や感染症には日頃の予防が大切です。手洗い・うがいはもちろん、マスクの着用と合わせて、わたしの風邪予防策をぜひ参考にしていただければ嬉しいです。 photo by 無料写真素材 写真AC(http://www.photo-ac.com/)

Read More

特別なものは買わなくて大丈夫!一日で効果を実感できるダメージヘアのケア方法

美しくあるためにするヘアカラーやアイロン、ドライヤーなどですが同時に髪をとても痛めます。乾燥してぱさぱさの髪になってはいませんか? 毎日市販のヘアケア用品でケアしているけれどなかなか効果が出ない…。 そんな悩みを持つ女性のためにその日のうちに効果を実感できるヘアケアの方法をまとめてみました。 サボりがちだけど実は重要な簡単なこと きちんと髪の毛を梳かしていますか?ヘアケアの基本中の基本のブラッシングですが、朝の支度をする時とシャンプーの後だけの人が多いようです。ブラッシングの効果は、絡まった髪を解いたり髪型を整えたりするだけではありません。実は髪を美しく保つためには必要不可欠なものなのです。大きなメリットは2つあり、1つ目は頭皮の脂を毛先まで行き届かせる事で髪の保湿を促して髪全体をしっとり落ち着かせてくれることです。2つ目はマッサージ効果で、頭皮の血流を良くする事で髪質を上げてくれることです。もちろん力の入れ過ぎには要注意。神経質になる事はありませんが気持ちいい程度にしましょう。 台所にあるアレが大活躍!マッサージしましょう 「天使の輪」がくすんできた、毛先が広がってしまう、手触りが悪く硬い感じがする…。これらのお悩みは、なんとオリーブオイルで解決できちゃいます。もともと食べるものですから薬品などの心配もしなくていいですね。使い方はとっても簡単です。シャンプー前に、髪の毛が乾いた状態でオリーブオイルを使って頭皮をマッサージするだけ。出来るだけ全体に行き渡るようにしながら頭の凝りをほぐしていきます。私はアニメやドラマを観ながらのんびりこの作業をしています。少し置いたらいつも通りにシャンプーすればOKです。すすぎの時にいつもと違うと感じると思いますが、とてもしっとりなめらかな指通りになりますよ! ドライヤーは必ず!でも熱風に気をつけて! 洗い髪のままの状態はとってもデリケートです。決してそのまま寝てしまうなんて事はないようにしなくてはいけません。トリートメントは乾かす前にすると熱でのダメージを防いでくれます。もちろん、その前のブラッシングを忘れてはいけません。ドライヤーの当て方は、出来れば15~20cm離して反対の手で髪を持ち上げ根元や頭皮に空気を送り込むようなイメージが理想です。前髪を最初に、根元を手で掻くようにしながら乾かすと後で形が決まりやすいのでおすすめです。乾いたかな、と感じてから更に3分ほど根元を中心に当てるとしっかり乾いてふんわりと仕上がります。 最後に… 頭皮のオイルマッサージをして少し置くとき、シャワーキャップや蒸しタオルなどをかぶせるとパック効果で更に効果が期待できます。しかし外側からのケアだけではやはり行き届かない事もあります。普段からタンパク質やミネラルをきちんと摂って美髪を目指しましょう! http://www.ashinari.com http://www.pakutaso.com  

Read More

乾燥知らずの潤い肌に!乾燥を防ぐ、スキンケアの“ちょい足しテク”

乾燥が気になるこの季節。いくらスキンケアをしっとりタイプにしてもイマイチ潤わない、こってりクリームをたっぷり塗っているのにいつもカサカサのまま・・・なんていう悩みは、多くの女性が体験するものです。 今までとおなじ乾燥対策のスキンケアを行っていてもお肌が乾燥してしまうなら、乾燥に効く簡単テクを試してみませんか?普段のスキンケアやメイクなどにワンステッププラスするだけで格段にお肌が潤う、「ちょい足しテク」をご紹介します。 “洗顔×はちみつ”のしっとり洗顔 「はちみつって、食べるはちみつですか?」そう、あの甘くておいしいはちみつです!実は、はちみつは食べるだけじゃない!家庭にあるはちみつは保湿ケアの強力なアイテム。 乾燥を一番招いてしまう危険があるのが、お肌が裸になる瞬間の洗顔時。この洗顔にはちみつをスプーン半分~1杯の量を混ぜて一緒に泡だてるだけ! はちみつの保湿成分がお肌にうるおいを与え、洗顔後の化粧水をつけるまでのお肌の乾燥を防ぎます。さらに、はちみつを混ぜた泡は通常よりもこんもり濃密に泡立つため、洗顔による摩擦を防ぐこともできます。 しっとり&くすみオフの簡単黒糖パック お肌が乾燥すると、お肌表面の角質層が荒れてしまいどんよりくすみがちに。南国の太陽をたっぷり浴びたミネラルたっぷりの黒糖は、健康にはもちろんのこと、美容にも効果を発揮する万能薬です。そんな黒糖を使用したとっても簡単なパックをご紹介。 ・黒糖(粉末)・・・スプーン2杯 ・水(ハーブウォーターやハーブティーなどでもOK)・・・スプーン2杯 ・はちみつ・・・スプーン1杯 黒糖・はちみつ・水をよく混ぜ合わせて、お肌にのせてる少しおくだけの簡単パック!黒糖に含まれる保湿&美白効果でくすみを取り除き、はちみつを加えることでしっかりとお肌を保湿してくれます。さらに、お水の代わりにローズヒップなどの美白効果のあるハーブティーや、お肌の表面を整えるローズウォーターなどのハーブウォーターに変えると、さらに効果絶大です。 普段のファンデーションにオイルを1滴 ファンデーションをつけるとなんだかカサカサする、でもこってりタイプのファンデーションはちょっと抵抗が・・・という人にこのテクがおすすめ。 いくらメイクが肌によくないものとはいえ、日中はエアコンや外気にさらされるのでメイクでお肌を守ることも大切です。 いつものリキッドファンデーションに美容オイルを1滴プラスするだけで、ファンデーションのテクスチャーは変わらないままで、保湿機能が格段にアップします。さらに、メイク前のお肌にオイルを1滴伸ばしてからメイクをすれば、お肌の乾燥も外気からの乾燥もを防ぐことができ、お肌への刺激も緩和できて、まさに一石二鳥。 パウダーファンデーション派の人は、メイクアップベースにオイルをプラスすればOKです。美容オイルは高価なものでなくても大丈夫。まずはお肌に合う 簡単ですぐに実践できる乾燥対策テクニック、いかがでしたか?読んだらすぐに実践したくなる簡単&効果抜群のテクニックで、冬でも潤いたっぷりの美肌を保ちましょう! 画像引用:http://www.photo-ac.com/

Read More

働くママの上手な家事手抜き術

働くママは時間を有効活用! 働くママは、時間を上手に使って子供との時間も大切にしたいものですよね。 そこで、今回は、働くママのワーク・ライフ・バランスを実現するための、上手な家事手抜き術をご紹介したいと思います。 現代版?働くママの三種の神器! 専業主婦や育休中のママなら、家事に十分時間をとれますよね。 しかし、働くママとなると、家事と育児にかけられる時間が限られてきます。 そこで、購入して良かった!働くママのお助け家電をご紹介しましょう。 ・お掃除ロボット やはりお掃除ロボットは、働くママの必須家電です。 勝手に掃除をしてくれて、自分で充電器に帰っていく賢い家電なので、不在にしていても安心です。 掃除ロボットはちょっと・・という人には、コードレス掃除機もおすすめです。 コンセントにさして一部屋ずつ回る手間が省けます。 ・乾燥機付き洗濯機 働くママは、洗濯物を干す時間を短縮したいですよね。 そこで、乾燥機付き洗濯機がおすすめです。ヒートアイロン方式採用の機種だと、アイロンの必要がなくしっかり乾かしてくれますよ。 ・食器洗浄機 食器を洗う時間も短縮できれば、子供とふれあう時間が増えますよね。 意外に節水なので、家計にも優しい家電ですし、ミスト洗剤を使えば汚れを浮かせる事ができるので、自分で洗うより綺麗になります。 お得なサービスを有効活用! 忙しいママは、こんなサービスも利用してみてはどうでしょうか? ・宅配クリーニング クリーニング屋さんに「洋服を持っていって、仕上がったら持って帰ってくる」この何度も行ったり来たりするのって結構手間ですよね。 しかも洋服ってかさばります。 そこで、おすすめなのは、クリーニングの宅配です。 宅配といっても、いろいろな方法があって、本当に宅配便のように箱につめてやり取りするパターン、大手クリーニングチェーンだと玄関先でやり取りするパターンなんかもあります。 クリーニングを頼む量によって送料無料になったり、生協に入っている、クリーニング店の会員である、お店のエコバッグがある、などの条件で安くなったりもするので、意外と料金もほとんど変わらないも藻嬉しいところです。 ・家事代行サービス フルタイムで働くママの場合、休日は子供としっかり遊び、そして自分の体もしっかり休みたいところ。 そんな時は、家事代行サービスがおすすめです。 掃除、洗濯、買い物、食事の支度など家事にまつわることなら代行してくれるので、頼みたい家事をお願いするもの良いですよね。 まとめ いかがでしたか? 働くママは、それでなくとも子供と触れ合う時間が少ないですよね。子供の成長はあっという間です。 子供が小さい間、かげがえのない「時間」を仕事と家事だけで使ってしまうのはもったいない!時間を有効に活用し、家事を上手に手抜きしましょう! 画像引用元 http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_25.html http://www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_260.html http://www.pictcan.com/item/0101.html

Read More


Back to Top