引っ越し

初夏の岩手の風物詩 「チャグチャグ馬コ」を見に行こう

6月は連休のない月などと言われ、なんとなくテンションの上がらない時期かもしれません。そんな時期に行われる岩手県滝沢市のお祭り「チャグチャグ馬コ」は、じめっとした心に癒しを与えてくれるかもしれません。 心温まる、馬と人のお祭り 岩手といえば、最近ではNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で沿岸地域が脚光を浴びたり、平泉中尊寺が世界遺産に指定されるなど、にわかに注目を浴びています。それに比べて、チャグチャグ馬コ(ちゃぐちゃぐうまっこ)はあまり知名度がなく、同じく盛岡市で夏に行われる「さんさ踊り」などと比べたら地味かもしれませんが、他にはない心温まる味わいのあるお祭りです。 チャグチャグ馬コとは、岩手県滝沢市と盛岡市で毎年6月の第2土曜日に行われる伝統のお祭りのこと。 滝沢市の鬼越蒼前神社から盛岡市の盛岡八幡宮まで約15kmの道のりを、華やかな馬具をまとった馬と人が練り歩く、全国的にもめずらしい行事です。 もともとは江戸時代、農耕馬として働く馬の無病息災を、飼い主が神社に祈願したのが始まりだそうですが、幕末のころから、馬に装飾をして参詣するようになり、現在の形になっていったのだそうです。 「チャグチャグ」は馬の装束の音から スタート地点の蒼前神社を一頭ずつ出発した馬たちは、雄大な岩手山をバックに、のどかな田園地帯を歩いていきます。約100頭もの馬と、それを引く人、馬の背に乗る子供がパレードをするので、その長さは時に500メートル以上にもなるのだとか。 静かな景色に、装具に着けられた鈴の音と、ポクポクと蹄鉄の音が響きます。そしてなんといっても、色鮮やかで華やかな装具と、田園風景とのコントラストは圧巻の一言。 こうしてパレードは、田園風景を過ぎ、やがて街中を進み、ゴール地点である盛岡市の八幡宮神社までを、ときに河原で休憩を挟みながら、約4時間半かけて練り歩くのです。 初めてチャグチャグ馬コを目の前にした人々は、アジアのお祭りを見るような、どこかエキゾチックな気持ちになるそうです。 わたしは、このお祭りを見るたび、はるか昔の人々が日々の生活の中で働いてくれる馬に感謝をし、めいいっぱい馬におめかしをさせた気持ちを思い、心が温かくなります。そしてまた、農耕馬としての役目を必要としない現代においても、地域の人たちが馬を飼い、装束を手作りし、この行事を続けていることに、この地域の人たちと馬との深い絆を感じます。 時間と場所は旅行日程に合わせて このお祭りは、15kmもの距離をパレードするので、その間、どのポイントからでも見物しやすいのもポイントです。スタート地点の蒼前神社やゴール地点の八幡宮神社、新幹線の発着する盛岡駅周辺などは込み合うかもしれませんが、他の場所ならさほど混まないで見られるでしょう。 順路マップは駅や役場などで配っていますし、HPからもダウンロードできます。 ご自身のほかの観光予定と照らし合わせて、ちょうどよいスポットを見つけてみてください。

Read More

ご当地ラーメンから全国に広がる横浜家系ラーメン

ラーメンショップが起源?の横浜家系ラーメン ご当地ラーメンから全国に広がるラーメンは、札幌、喜多方、博多など、少なくないですが、ここ最近急速にその勢力を増やしているご当地ラーメンが、横浜の吉村家に端を発する、横浜家系ラーメンではないでしょうか。横浜市内、神奈川県内にはもちろん多数の家系ラーメン店が軒を連ねていますが、ここ最近では東京都内を はじめ、千葉、埼玉、茨城といった他県にも、横浜家系ラーメンを看板にするラーメン店が多数出店するようになりました。常磐自動車道の守谷サービスエリアには、横浜家系ラーメン専門店が出店するということも発生しています。 その横浜家系ラーメンですが、起源はラーメンショップと言われています。とんこつ醤油ベースのスープが特徴のラーメンショップですが、ラーメンショップの出身者である吉村家店主によって、細麺が太麺にアレンジされ、その他の具材にチャーシューの他、のり3枚にホウレンソウという組み合わせとなって、現在の家系ラーメンの原型が誕生しました。 横浜家系ラーメンと一口に言っても大きく分けたら2~3種類 その横浜家系ラーメンですが、一口にまとめていうのであれば、とんこつ醤油のスープに鶏脂を使用して、固めに茹でた太麺と、チャーシューに大判ののり3枚とホウレンソウの具材が乗ったラーメンですが、細かく分ける味や具材が少しずつ異なっており、2種類あるのではないかと思います。 まずは起源とされている吉村家の本流の店で修業した人がオープンした店で、こちらの系統は吉村家系とか直系とか言われ、醤油の味がやや濃い目で、脂はそれほど多くなく、出汁がしっかりとしたスープが特徴と言えるでしょう。その対極にあるのが、壱六家に端を発する壱六家系とか壱系とか言われるグループで、こちらはとんこつ色が強く、白湯スープに近いクリーミーなスープが特徴で、具材にうずらの卵が入るのも独特といえます。両方の系統も横浜から全国にどんどん出店攻勢をかけてきており、関東地方ではほぼどちらの系統の店もあるのではないかと思います。 一方、横浜家系に入れていいかどうかわかりませんが、麺、具材、スープともに同じような構成のラーメンに、山岡家という店があります。こちらは茨城県に端を発する店で、起源がラーメンショップにある点、具材もほぼ横浜家系に同じである点から、家系の仲間に入れる人もいるくらいです。ただ、山岡家は全国にチェーン展開を始め、その際に横浜家系ラーメンの看板も出していないことから、家系とは別物と考えるのが一般的です。ちなみに山岡家は鶏脂ではなく、豚油を使用しています。 今後も増えると期待される横浜家系ラーメン 横浜家系ラーメン店は、多くの店で支店展開や姉妹店制度を取っており、既存店で育った多くの弟子が店主となって店を開くということが多く発生しています。横浜市内やその周辺に限らず、千葉や埼玉、茨城など、横浜から離れた他県でもこの流れが見られるようになりました。これらの店にも多数の弟子が存在していることから、今後も各地で横浜家系ラーメンの出店ラッシュが続くものと思われます。これらの家系ラーメン店がそれぞれ切磋琢磨し、どんどんおいしいラーメンが食べられるようになれば、食べる方としてはこの上なくうれしいですね。

Read More

2014年、今年は秩父にいこう パワースポットを巡る女子旅①

そうだ、秩父へ行こう 2014年2月放送のTBS系「ぴったんこカンカン」で、同局安住アナウンサーと俳優の濱田岳くん、岡田将生くんが秩父観光をしていました。 なんでも秩父は有名なパワースポットとのこと。その中でも、秩父駅のすぐ近くに位置する秩父神社は、2000年以上前に建てられた、関東でも有数の古社であり、高いご利益で人気なんだそうです。 番組では、さまざまなグルメスポットなども一緒に紹介されていて、見所も多そうだったので、秩父に行ってみることにしました。 もう1つ、目的は・・・ 実はもう1つ、秩父で訪れたい場所がありました。秩父三十四ヶ所観音霊場です。 秩父三十四ヶ所観音霊場とは、秩父地方にある、観音様が祀られている霊場(寺院)のこと。点在する三十四の霊場を巡り歩くことを、秩父札所巡り、札所巡礼などとも言うそうです。 静かな山村に広がる自然風景や、街中の賑やかな景色を楽しみながら、観音様をお参りして歩く・・・それだけでもリフレッシュできそうですよね。 しかも、2014年は午年(うまどし)ということで、霊場にとっては特別な年。観音様の眷属(けんぞく:神様の使いのこと)が馬であることにちなんで、あるいは、霊場の創建が文暦元年の甲午(きのえうま)と言われることから、午歳に総開帳が行われているのです。 総開帳では、各霊場で厨子の扉が開かれ、普段は秘仏として見ることのできないご本尊を拝見することができます。(3/1~11/18まで) いろんな意味でパワーを感じる秩父。 これは行くしかない!ということで、桜が咲き始める3月、秩父へ行ってきました。 まずは秩父へ、車を走らせてみる ではいざ秩父へ、と思うのですが、霊場といっても漠然としすぎて目的地が絞れません。 とりあえず、ナビに秩父神社をセットして向かいます。 するとやがて道端に、霊場を示す赤いのぼりを発見。すぐ近くに、秩父札所21番「観音寺」があったので、早速お参りしてみました。 札所21番 観音寺(ようこうざん かんのんじ)・・・秩父市寺尾2352 日本武尊が武運長久・東国平定を祈り、矢を納めたとか、平将門が戦勝祈願のため矢を納めたので「矢之堂」とも言うらしいです。 また、本道の観音様は「火伏せ観音」などとも呼ばれ、火難よけに霊験あらたかと信仰を集めているんだとか。 境内に入ると、まず目に入るのが、本堂の前に建てられた木柱です。 この木柱には、「お手綱」と呼ばれる布が結ばれていて、このお手綱の先は、本堂に安置されている観音様の左手につながれています。 つまり、木柱のお手綱を触ることで、観音様と手をつなぐことができ、観音様との縁をつなぐことができるというわけです。 (写真:pinoko_chichibu20140401a お手綱の先は観音様の左手へ) 木柱のお手綱を触って、本堂にお参りして、隣の事務所を覗いてみると、「散華(さんげ)差し上げます」との張り紙を発見。 何のことか聞いてみると、散華というのは、花びらの形をしたシールのことでした。 仏様が来迎する際に、仏様を褒め称えるために華を降らせたことに由来するのでしょうか、三十四ヶ所それぞれの霊場で少しずつ色やデザインが違っているそうで、各霊場で無料でいただけます。台紙を500円で買って、1つ1つ貼っていくのも巡礼の楽しみになるのでしょう。 こんな調子でのんびりと、 札所16番 西光寺(さいこうじ) 札所20番 岩之上堂(いわのうえどう)・・・秩父市寺尾2169 札所22番 童子堂(どうじどう)・・・秩父市寺尾3595 札所23番 音楽寺(おんがくじ)・・・秩父市寺尾3773 などを巡りました。 巡礼といえば、お袈裟やご朱印帳などの本格的なスタイルで歩く人を見かけますが、そうした道具がなくても、気軽にお参りしてよいと思います。 日常の喧騒から離れて、静かに観音様に手を合わせるだけで、すっと心が安らぎます。 各札所ではみなさん温かく迎えてくれますし、春はお堂の周りに桜や梅が咲き、青空とお手綱の五色、黄色やピンクの花の色などがよいコントラストになっていて、とてもキレイでしたよ。 (写真:pinoko_chichibu20140401b 桜や梅が咲いていてとてもキレイ) ランチは地元の「くるみそば」 お腹がすいたので、ランチをしようとお蕎麦屋さんに向かいました。 秩父は、寒暖の差が激しく、キレイな水が豊富なことから、蕎麦の栽培地として有名なんだそうですが、中でも、地元産の山ぐるみを使った「くるみそば」が名物です。 「ぴったんこカンカン」でも安住さんが注文していたので、ミーハーな私は同じものをいただきます。 普通のそばつゆではなく、すりつぶしたくるみが入ったくるみダレをつけていただく蕎麦は、意外にあっさりしていて食べやすかったです。もちろん、風味の豊かなお蕎麦もおいしい。そば湯までしっかりいただきました。 わへいそば 秩父市中村町1-4-13 http://www.waheisoba.gr.jp/index.htm (写真:pinoko_chichibu20140401c お蕎麦もとてもおいしい) ライター:ぴのこ カテゴリ:国内旅行 写真 pinoko_chichibu20140401a お手綱の先は観音様の左手へ pinoko_chichibu20140401b 桜や梅が咲いていてとてもキレイ pinoko_chichibu20140401c お蕎麦もとてもおいしい

Read More

男子必見。女子の恋愛観

女子の占いが好きなわけ 女子は恋人の「愛している」という言葉を、次会える時まで大事に心へ充電しているものです。 昨日彼から言われた「愛している」なら心の充電池は幸せ一杯で、「占いなんてしょせん占い」という思考回路を持つのですが、恋人と会えない時間が進めば進むほど充電が持たなくなってきて、頭の思考回路は進路を変えて応急処置を探し始めるのです。 「しょせん占いは、されど占い」へと変わっていきます。 占い本やテレビで、恋愛の欄に星★マークがたくさんついているだけで、今恋人も自分のことを想ってくれているに違いないと感じ、心の充電池が少したまるのです。 女子は、思考回路が狂いかけた自分(恋愛にはまっている自分)も好きなのです。 ものわかりのいい女に隠された真実  恋人が休みだと知っていても、彼にも友達と遊びに行ったり、ゆっくり休みたいと感じたりする日もあるだろうから、会えない日があっても仕方ないとわかってくれる女子は、多いはずです。 けれど、女子の本音は「切ない」です。 女子は、大人の女を見せなきゃいけない「私は大人です」と、書いた電光掲示板を背負っているのです。 目には見えない電光掲示板を恋人に見えるようにわざとピカピカ光らせて、本当は重い電光掲示板に押しつぶされそうなのです。 そんなことを繰り返す度、思い電光掲示板を軽々背負える女になってしまうのではないかと不安になってきて、恋人から離れてしまいたくなるのが女子かもしれません。 そうなる前に、配慮のある優しい言葉一つでも女子に伝えるだけで、「私は大人です」と掲げた女子の重いプライド掲示板に羽がついて軽くなるかもしれません。 ものわかりのいい女を求める男子とものわかりのいい女を演じたい女子が、本当の姿です。 恋人に癒されると感じる瞬間 会社の同僚や、上司、また友達と沈黙が続けばなんとなく気を使い疲れてくるものです。 そんな沈黙が退屈と感じられるのが嫌で、彼女のためにいろんなデートプランを考えたりする男子も多いはずです。 けれど、女子は大好きな彼との沈黙は嫌いではないのです。 恋人にただ抱きしめてもらえるだけで、時間が止まればいいのにと考えたりするものです。 沈黙が続いたとしても、恋人なら心がどんどん癒されていく時間で、いつもより時間が早く感じられたりするものです。 まったりする時間は時に愛を深めるときもあります。

Read More

より効果を実感する!シートマスクの効果的な使い方と間違った使い方

今やシートマスクは美容の常識となりました。コスメメーカー以外のメーカーからも発売されていたり、100円均一ショップでも手に入るようになった「お手軽美容」の代名詞、シートパック。 なんといってもこのシートパックの良さは、「即効性」と「ながら美容」にあります。 でもこの効果的な美容グッズ、間違った使い方をする人が増えているようです。正しく使えば、驚くほどお肌の調子が良くなるシートマスク、この機会にぜひ再確認しましょう。 洗顔してからシートマスクを! 私が調べた事実で大変驚いたことがこれ。シートマスクは洗顔後(ものによっては化粧水の後)、お肌が成分を吸収しやすいタイミングで使用するもの。これを寝起きすぐの汚れたお肌や、洗顔後何分もたって乾燥してしまっている お風呂ではシートマスクを使うな! お風呂でシートマスクをススメている商品があったり、美容サイトにはお風呂で使うことが効果的と書かれていることが多いですが、実はあれ間違いです。 お風呂でゆっくり半身浴→その時間を有効に使ってシートマスクってことでしょうけれど、半身浴の目的はしっかりと温まってじっとり汗をかくこと。そんな半身浴の際に、シートマスクをしても噴き出す汗で成分が流れ落ちてしまいますので、全く意味がありません。 シートマスクをするときは、毛穴の開いた状態のお風呂上りすぐに使用し、成分をしっかりと摂りこむことが大切です。 決められた時間以上は使用しない シートマスクをお肌にのせてからの放置時間は10分~20分と書かれているものが多いですが、10分ほど置いて剥がそうとしてもまだシートは美容液がたっぷり。「もったいないなぁ・・・」なんて思ってもう少しお肌にのせておくことはNGです。 マスクに使用しているシートは美容液をたっぷり吸いこんでいますが、その美容液が蒸発して乾いてきたときに、今度は逆にせっかく潤ったお肌の水分が逆にシートに吸われてしまうことあるのです! 美容液がひたひたで次から次へとお肌に与える水分が多いくらいが、シートマスクの一番いい具合なのです。使用時間はきっちりと守りましょう。 シートマスクは毎日使わない 「1日1枚使っても月にたったの〇〇円。これなら毎日使えちゃう!」といった宣伝文句のシートパックをよく見かけます。でもシートパックを含む「パック」全般は、毎日やることはかえって逆効果なのです! パックは、お肌に与えるご褒美。ご褒美は毎日与えるものではないでしょう?人間の体は、自分で自分のお肌を守って修復する機能があります。また、記憶力に優れている人間の体には、毎日欠かさず何かを行うと、その効果に慣れてしまう性質があります。 ガサガサのお肌にパックをすると与えられた成分を摂りこんで「明日からもガンバロー!」となるのですが、毎日豪華なものを与えてしまうとお肌が甘えてしまい「明日ももらえるんだ、じゃ別に頑張ってお肌を修復しなくていいな」となって、自分でお肌を回復しなくなるのです。結果、そのうち自分で美容成分を摂りこもうとしなくなって、結果だらけたお肌に・・・。 1週間に1回、疲れている時は1週間に2回など、自分のお肌と相談して回数を決めましょう。 いかがでしょうか?これらの使い方に注意して、より効果的にシートマスクを使いましょう! 画像引用:http://www.photo-ac.com/

Read More


Back to Top