ライフ

アメリカンライフ 真偽その7:通行人のキスハグ事情

日本人が抱くアメリカという国や人々に対する知識や印象は、本当に正解でしょうか?筆者の経験からそこを追求するエッセイ、アメリカンライフの7回目です。 今日は、公共の場でのキスやハグなどどれくらいオープンに見られるかという話です。 日本人のカップルはとても保守的で、今となっては手をつないだりキスくらいは見られるかなという認知ですが、実はまだまだ欧米諸国と比べると全くレベルが違うと筆者なんかは言いたいところです。 人前でキスやハグをするのが良いのか悪いのかはまず置いておいて、どれだけ一般的にそれが見られるかということだけをお話すると、日本ではほとんどと言っていいほど、まだまだ見られません。 スキンシップは自然 アメリカでいる時は、カップルはいつも体が触れているのが普通でした。お年寄りでも手をつないでいるし、若いカップルは腕をからませていたり、腰に手を回していたり、隙あらば軽くキスをしたりしているのは言うなれば息をしているくらい自然でした。 カップルだけでなく、友達同士でも久しぶりに会えばすぐにハグをします。別れ際にもハグをします。家族内でももちろんです。 つまり、スキンシップが日本人より格段に多いことが言えます。 これは文化の差なので本当にどちらが良いということではないのですが、基本的に、他の人間に触れることをあまり特別視していないという日本人とはスタートラインの差が浮き彫りになるところです。 むしろカップルはイチャつくもの アメリカでパーティに行ったり、カップルでのイベントに参加していて、キスやハグや何かしらお互いに触れていないとなると、「あれ、あの二人は喧嘩したのかしら?」「もうあんまり上手くいってないらしいわよ。」と噂になるかもしれません。 そのくらいに、カップルはむしろいちゃつくものだという認識さえあるような気がします。 そうしていないと、もう仲が良くないのか。浮気しているのかも?なんて見ているこちらも思ってしまいます。逆にいちゃついているカップルを見ると、アメリカ文化に慣れていると不思議ですね。こちらも幸せな気分になってきます。 筆者なんかも、アメリカナイズをたっぷりした方なので、彼氏がいたときはアメリカ人と同じようにラブラブしていましたし、友達が恋人とそういう風に触れ合っていると、こちらも「良かったよね!」という気分になっていました。 表現が素直 日本人は愛情表現が苦手だという風に言われています。 しかし、日本でいるときはその実感が湧きませんでした。 それが、日本を出てアメリカのスキンシップたっぷりな文化に慣れ、そして日本にまた戻ってきて、自分の感覚がずれていると気づいたときのいわゆる「逆カルチャーショック」を体験すると、それがはじめて分かりました。。 在米中、アメリカのべたべた触る文化が「普通」だと思うくらいに慣れ、日本人の友達に久しぶりに会ったとき、「そうだハグできないんだ」と自分で自分を押さえないといけない程になって、「日本人は愛情表現が苦手だ」ということの本当の意味が分かった気がしました。 日本文化は恥の文化で、自分の感情を見せることは恥ずかしいことだと昔から言われていました。2000年を過ぎた今も、やはりその文化というのは根強いところがあり、今の若い人の間でも、やはり日本人は日本人なのだとここで再確認してしまいます。 結論をいえば、アメリカ人は愛情表現をところ構わずします。そして、それを普通に受け入れる文化と社会があります。郷に入れば郷に従えというところでしょうか。これを日本ではやはりできないのは、それを受け入れられない文化と社会の雰囲気があるからでしょう。 食生活から政治政策まで、日本は欧米化ばかりしている昨今ですが、実はこんな文化的なところでは、やはり日本は日本なのだとうなってしまいます。 画像提供:写真ACよりhttp://www.photo-ac.com/

Read More

お金をかけずにキレイ! 低コスト美容法

いつまでもきれいでいたい女性にとって毎日の美容ケアは欠かせないものですが、それは時間も手間もかかって大変ですし、日々どんなに丹念にケアしてもいまいちパッとしないときだってあります。できれば時間も手間もかけずに難しい段階も踏まずに出来る美容法があれば嬉しい……。 今回は女性にうれしい、最近話題の「0円美容」「低コスト美容」を集めてみました。お金をかけなくても意外な方法であなたのキレイを高めていきましょう! 【生活にひと工夫編】 ・かむだけ美容法 食事は毎日とるもので、ここに少し気を使うことで一気に美容に繋がります。やるべきことはただひとつ、とにかくよく噛むことです。食べ物をかむことで顔の「咬筋」が活発に働き、引き締まっていきます。また左右バランスよく噛んでいけば表情筋が刺激されたり顔のデトックスになったりして、顔全体のシェイプアップになります。顔の歪みもバランスよく噛むことで解消されます。また噛むことで消化にも良く便通が良くなったり、満腹中枢が刺激されるので食べ過ぎを抑えることができ、ダイエットにもつながったり、唾液がよく分泌されるので歯周病や虫歯、口臭の予防になったりと、たったひとつの「噛む」という行為だけでこんなにお得なことだらけ! 現代の食事では噛む回数が昔よりも半分近くに減少しているといいますので、もう一度「よく噛む」行動の重要性を見直してみるのをお勧めします。 ・笑むだけ美容法 日常生活の中でよく笑う人には美人が多いとよく言いますが、これは迷信ではなく色んな所で効果が実証されているものです。口角が上がることで自然な笑顔の魅力的な女性になれるだけでなく、表情筋に程よい負荷がかかりむくみが解消したり、自律神経が整ったり、笑う時の呼吸の効果で血行が良くなったり、「笑う」ということは美容にも健康にも前向きな効果をもたらします。日常生活のなかで口角を意識的にあげる時間やワッハッハーと声を出して笑うことを増やせば、より一層魅力的になれるでしょう。 美容に関する効果のみならず、いつも笑顔だったり自然な笑顔の好きな人というのは人の見目にも美しくすこやかに映るものです。笑むだけで美容にもよく、健康にもよく、人の目にも美しく映る。日常のなかのたったひとつの行為ですがそれを意識的に行うだけで、美容法に相成りえるのです。 ・フーフー美容法 日常生活で水分をとるとき、温かい飲み物をフーフーして飲む美容法もあります。 たとえば朝の洗顔後などに白湯や美容に良い緑茶、リラックス効果のある紅茶などを少し熱めに入れて、フーフーして飲める温度になるまで冷ましていきましょう。立ち上る湯気が顔に当たるようにフーフーし、その後化粧水などで保湿します。温かい蒸気で毛穴が開き、肌もやわらかくなって化粧水の浸透もよくなりますし、あたたかい飲み物は体温がほどよく上がるので一日の始まりに最適です。 【お風呂にひと工夫編】 ・はちみつ 湯船に大さじ2杯ほどのはちみつを入れるだけで、入浴剤のかわりになります。しかももとは食品なので肌に合う合わないを気にせず入れますし、入浴剤を買うより安価で済みます。はちみつにはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、適度な油分もあるので保湿効果も抜群。また殺菌効果もあるので、ニキビ肌にもお勧めです。加糖はちみつではなく、純はちみつをしようするのが良いみたいです ・お米のとぎ汁 お料理の灰汁抜きや下ゆで、掃除などに再利用できるお米のとぎ汁はお風呂に入れても大変効果があります。これも難しいやり方はありません。お湯をはった浴槽にそのままドバドバとぎ汁を入れちゃってください。たったこれだけで、とぎ汁が入浴剤に早変わり。古い角質を吸着させて美肌に導き、また適度な油分もあるため保湿効果もあります。 捨ててしまいがちなお米のとぎ汁。実はビタミンB群やでんぷん質など美容効果の高い栄養の宝庫なのです。 ・茶殻 出したあとのお茶ガラは捨てずに取っておいて、零れないようガーゼやティーバッグなどにしっかりと包んで浴槽に投入! 殺菌・消毒効果に優れているので普段ケアがなかなか行き届かない背中ニキビなどには大変効果的です。また緑茶のほのかな香りが浴室全体を包み込み、リラックス効果も期待できます。心のリラックスは健康的な肌にもつながります。ただし、揉み出しすぎたり残り湯を放置したりすると浴槽に茶渋がついてしまいますし、洗濯用水として使ったら色がついてしまうことも考えられますので気を付けてくださいね。 いかがでしたでしょうか。日常の中の小さな行為を意識的に行うことだったり、お風呂のシーンにひと工夫するだけで、それらが女性にうれしい美容法に早変わりです。それらは全く難しい手順を踏むこともありませんので、誰でもお気軽に実践することができます。お風呂のひと工夫でも加えるのは食品なので肌にもやさしく、低コストですので女性のお財布にもやさしい! 健康的で簡単な低コスト美容、ぜひお試しください!

Read More

より効果を実感する!シートマスクの効果的な使い方と間違った使い方

今やシートマスクは美容の常識となりました。コスメメーカー以外のメーカーからも発売されていたり、100円均一ショップでも手に入るようになった「お手軽美容」の代名詞、シートパック。 なんといってもこのシートパックの良さは、「即効性」と「ながら美容」にあります。 でもこの効果的な美容グッズ、間違った使い方をする人が増えているようです。正しく使えば、驚くほどお肌の調子が良くなるシートマスク、この機会にぜひ再確認しましょう。 洗顔してからシートマスクを! 私が調べた事実で大変驚いたことがこれ。シートマスクは洗顔後(ものによっては化粧水の後)、お肌が成分を吸収しやすいタイミングで使用するもの。これを寝起きすぐの汚れたお肌や、洗顔後何分もたって乾燥してしまっている お風呂ではシートマスクを使うな! お風呂でシートマスクをススメている商品があったり、美容サイトにはお風呂で使うことが効果的と書かれていることが多いですが、実はあれ間違いです。 お風呂でゆっくり半身浴→その時間を有効に使ってシートマスクってことでしょうけれど、半身浴の目的はしっかりと温まってじっとり汗をかくこと。そんな半身浴の際に、シートマスクをしても噴き出す汗で成分が流れ落ちてしまいますので、全く意味がありません。 シートマスクをするときは、毛穴の開いた状態のお風呂上りすぐに使用し、成分をしっかりと摂りこむことが大切です。 決められた時間以上は使用しない シートマスクをお肌にのせてからの放置時間は10分~20分と書かれているものが多いですが、10分ほど置いて剥がそうとしてもまだシートは美容液がたっぷり。「もったいないなぁ・・・」なんて思ってもう少しお肌にのせておくことはNGです。 マスクに使用しているシートは美容液をたっぷり吸いこんでいますが、その美容液が蒸発して乾いてきたときに、今度は逆にせっかく潤ったお肌の水分が逆にシートに吸われてしまうことあるのです! 美容液がひたひたで次から次へとお肌に与える水分が多いくらいが、シートマスクの一番いい具合なのです。使用時間はきっちりと守りましょう。 シートマスクは毎日使わない 「1日1枚使っても月にたったの〇〇円。これなら毎日使えちゃう!」といった宣伝文句のシートパックをよく見かけます。でもシートパックを含む「パック」全般は、毎日やることはかえって逆効果なのです! パックは、お肌に与えるご褒美。ご褒美は毎日与えるものではないでしょう?人間の体は、自分で自分のお肌を守って修復する機能があります。また、記憶力に優れている人間の体には、毎日欠かさず何かを行うと、その効果に慣れてしまう性質があります。 ガサガサのお肌にパックをすると与えられた成分を摂りこんで「明日からもガンバロー!」となるのですが、毎日豪華なものを与えてしまうとお肌が甘えてしまい「明日ももらえるんだ、じゃ別に頑張ってお肌を修復しなくていいな」となって、自分でお肌を回復しなくなるのです。結果、そのうち自分で美容成分を摂りこもうとしなくなって、結果だらけたお肌に・・・。 1週間に1回、疲れている時は1週間に2回など、自分のお肌と相談して回数を決めましょう。 いかがでしょうか?これらの使い方に注意して、より効果的にシートマスクを使いましょう! 画像引用:http://www.photo-ac.com/

Read More

透明肌を守りきれ!夏に万全日焼けケアの基本とコツ

冬も終わり、行楽には最適なシーズンとなりました。 これからの季節、きれいな透明感のある肌を保つために気をつけたいのが「日焼け」。 どんなに日焼け止めをつけていても完全に防ぎきれない、憎いヤツです。 今回は今年こそ美白肌を保ちたいあなたのため、日焼けの基本ケアをおさらい、まとめてみました。自宅で身近なものを使って簡単に出来るケア方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 基本的に  日焼けは英語でsunburnといい、まさしく太陽(sun)によるやけど(burn)です。またはsuntanといい。こちらは紫外線が体内のメラニンに働きかけた結果、褐色色素が皮膚に定着することを指します。  やけど肌のケアと同じなので、強くこすったり刺激を与えたりすることはNGです。また、やけどをしたらすぐに流水で冷やして! と言いますがこちらも同じです。日焼けをして帰ったらなるべく早くケアすることが後に残さないために重要なステップです。また程度のひどい日焼けであれば自分なりの方法などでむやみに触りすぎず、すぐに皮膚科医にかかることも大切です。 フェイスケア編  まずは「冷やす」ステップからです。  このように保冷剤や氷を入れた袋をタオルに包んだもの、または冷たいシャワーでしっかり冷やします。注意すべき点は先に化粧水や乳液をつけてしまわないことです。肌が刺激されてしまうため、赤みやひりひりした感じが引くまでは避け、まずはしっかりと冷やしましょう。  そうしたあとは水分補給です。1日かけて肌の水分が奪われ、パリパリに乾燥している状態なので、化粧水はたっぷり入れ込みます。高価なものを少し使うのではなく、安価なものでも構わないのでとにかくたっぷり、まんべんなく浸透させることが大切です。その後シートマスクをする方は、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておくことをお勧めします。日焼けしそうな日は冷蔵庫に入れて外出。不意に日焼けしてしまったらお風呂に入る前でもよいので冷やしておくと良いですね。シートマスクはつけすぎたままにしていると乾いて逆に肌の水分を奪ってしまうので、ある程度時間がたったら湿っている間に剥いでしまうようにしましょう。その後化粧水が蒸発しないように乳液できちんと蓋をします。 ボディケア編  まずはフェイスケアと同じようにシャワーや水風呂などで肌を冷やします。しっかり冷やしたタオルやフェイスと同じように保冷剤や氷を袋に入れたもので冷やすのも良です。  日焼けをしないよう腕や足など身体に日焼け止めを塗るでしょうが、これはお化粧をしていることと同じような状態になりますので、身体もしっかりクレンジングすることが大切です。顔と同じように、クレンジング効果のある洗顔フォームでしっかり洗い落としましょう。肘部分は日焼け止めがたまりやすいので、特に念入りに落としてあげましょう。  ここで大切なのは刺激を与えないことです。日焼け止めは肌に刺激を与えてしまうもので、しかも何度も塗りなおしているものですから肌はずいぶん弱ってしまっています。ボディタオルなどでゴシゴシしたりせず、優しく撫でるように洗ってあげることが大切です。  またお風呂から上がったらしっかり水分を拭き取ったのち、ボディ用のローションやクリームで保湿しましょう。ここでも肘部分はかさつきやすいので、くるくる円を描くようにしっかりと塗り込みます。ここで注意すべき点はボディクリーム。保湿とはいえワセリンなど油分の多いものを使用すると体内の熱が放出されないままになってしまい炎症を起こしてしまったり水泡や感染症のリスクも高まるといいますのでボディクリーム選びはしっかりと行いましょう。 インナーケア編  まず大切なのは水分補給です。肌の外側からの補給だけでなく、きちんと飲料を取って体内の水分補給も忘れずに行いましょう。  またケアに必要な栄養補給も大切です。よく言われるのはビタミン類。とくにC、A、Eは有効です。Cはレモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系や緑黄色野菜、Eはアボカドやゴマ、ナッツ類、Aはニンジンやピーマン、ホウレンソウなどの緑黄色野菜で摂取することをお勧めします。  サプリメントで補うのも良いかもしれませんが、健康的に摂取するためにはやはり食品から摂ることが望ましいです。またそのほかにもβカロチン(緑黄色野菜)で肌細胞を傷つける活性酸素を抑制したり、たんぱく質(肉、魚、大豆食品)で肌を再生することも重要です。  これからの季節、お出かけには最適ですがお肌には天敵がいっぱいです! しかしせっかくの外出日和です。後々のケアを万全にすることで、臆することなく外へ飛び出していきたいものですね!

Read More

女性のための情報コラム Woman's 24.お風呂タイムで自分磨き

このコラムでは、忙しい現代の女性を応援し、生活の情報をお届けしています。 学校、仕事、家事、育児と毎日様々なことで忙しい毎日を送られている女性も多いでしょう。 しかし、そんな忙しい中でも自分磨きをしたいと思われている方もいらっしゃると思います。 自分磨きと一口に言っても、習い事、エステ、ダイエット、ファッションやメイクの研究など様々なものが挙げられます。 今回は、簡単に出来るお風呂タイムを使った自分磨きについてお話します。 ■お風呂は健康にも美容にも効果的■ 日本人は湯船に浸かることを好みます。 夜、お風呂に入ると、一日動いて疲れた体から疲れが抜けていくように感じて、 思わず口から「ふう~」と声が出てしまうこともあるでしょう。 お風呂は、健康のためにも美容のためにも効果的です。 お風呂に入ると体の血行がよくなるので凝りも解れ、体の芯まで温めることが出来ます。 冷えは体を冷たく感じさせるだけでなく、肩凝りや腰痛の悪化、生理痛の悪化も引き起こします。 忙しいとシャワーだけで済ましてしまうこともありますが、ゆっくりと湯船に浸かって体を温めることは大切なのです。 ■お風呂タイムはお風呂のためだけの時間じゃない■ お風呂に入っている間、皆さんは何をして過ごしていますか? 体や髪、顔を洗ったり、ぼんやりと湯船に浸かったりして過ごすことも多いと思います。 しかし、せっかくのお風呂タイムですから自分磨きに繋げましょう。 湯船に浸かっている最中は、自分磨きに最適な時間です。 例えば、湯船に浸かりながら読書をするのもおすすめです。 読書をしていれば、退屈することなく、ゆっくりとお風呂に浸かっていられますから、 ファッション誌を読む時間をお風呂タイムと重ねるのも良いでしょう。 ■香りの効果でリラックス■ お風呂は、心も体もリラックスさせてくれる時間です。 体が温まり、心もゆったりとしていると寝付きも良くなるので、寝る前のお風呂は睡眠にも大きく影響します。 忙しいと、お風呂に入っている最中でも「お風呂から出たらあれをやらなきゃ……」「まだやることがあるから早く済ませなきゃ……」と考えてしまうこともありますが、 お風呂タイムはリラックスをするための時間にするようにした方がいいでしょう。 お風呂でリラックスをする時には、香りにこだわるのがおすすめです。 アロマセラピーで使われるオイルの香りで癒されるように、好きな香りに包まれていると心も安らぎます。 お風呂に入る時には、好きな入浴剤を入れるようにすれば香りで癒され、入浴剤を何種類も常備しておけば「今日はどれにしようかな?」と選ぶ楽しみも出来ます。 掲載画像提供サイトURL http://www.photo-ac.com/ http://www.ac-illust.com/

Read More


Back to Top