安藤みゆき

海外旅行への持ち物(マチュピチュ編)

自分の初めて行く外国。そこの人々の生活や文化に触れる。 海外旅行で得られるものは本当にかけがえのないものです。 もしかしたら、一生に一度しか行かない国もあるかも。 そんな時に、体調を崩したりせず、最高の日々を過ごすため、 我々日本人に合った準備が必要になると思います。 今回御紹介するのはそんな、世界の旅で役立った準備の中から、持ち物についてです。 舞台はあの世界遺産、ペルーのマチュピチュです。 昨年11月、私はここへ行きました。 その経験から、特に必要と感じたものをピックアップします。 尚、もし今後本気で行く予定の方がおりましたら、他のページで紹介している方の情報との併用をお勧めします。 それではスタートです。 1.高山病の薬 固有名称で言うと、「ダイアモックス」という薬です。内科医の先生に処方してもらうことができます。 いきなり薬で、持っていくというより「事前に服用する」が正しいですが、本当に必須なので、冒頭に紹介させていただきました。 マチュピチュへ行く途中のクスコ、マチュピチュ村は標高3000m前後の高山帯に位置し、多くの場合、そこへは飛行機で行きます。 普段標高の低い位置で生活する日本人にとって、高度順応は難しい様で、服用せずに行った友人は2日間、酷い頭痛のため、ホテルでのたうち回ったそうです。 私と旅のパートナーはその話を聞き、旅の前日からマチュピチュへ着くまでの4日間朝晩服用し続けたところ、全く頭痛もなく、楽しく行動できました。 2.日本食 和食を持っていくべきということではなく、「日本の味」を幾つか持っていくことをお勧めします。具体的には梅干やたくあん、あとは保存食のお粥などですね。 というのも、これらは現地で手に入りにくいのです。 先にペルーに着いていた友人にお願いされ、日本からはるばる持って行きましたが、日本人は皆さん喜んでいました。 日本人にとって、慣れ親しんだ、いい塩梅の食はいい精神安定にもなる様です。 是非少しだけでも持っていくことをお勧めします。 3.防寒着 標高の影響もあり、日中は日差しが強く、夜間は冷え込むクスコ、マチュピチュです。 特にフリースと携帯できる合羽の上下がオススメです。 着る服としては、勿論現地にも売ってはいますが、この地域は傾斜の多い道が多く、 また、天気も変わりやすいため、自分に合った、動きやすい格好がいいかと思われます。 自分に合った防寒着がまだない方は、日本で購入し、一度国内で使用してみるのもいいかもしれません。 4.スペイン語の本 携帯のアプリなどでも大丈夫だと思います。私が行ってみて特に驚いたことは「英語がかなり通じないこと」でした。 タクシーの運転手との交渉やショップ店員でも英語がわからず、スペイン語しかわからない方は多いです。 ではスペイン語を日常会話レベルにしなくてはならないかというと、そこまでではなく、英語とこうした本の組み合わせで意志の疎通はできました。 ホテルでは100%、英語が通じました。 5.携帯音楽プレイヤーに「天空の城ラピュタ」のテーマソング そう、あの日本が誇るジブリの音楽です。 世界遺産にたどり着いた、その瞬間の盛り上がりを強めてくれます。 ジブリ作品への好き嫌いはあるかもしれませんが、あの壮大な景色を前に聴いた時、 私、少し涙を流して感動してしまいました。 インカ文明における、天空の城ですね。 如何だったでしょうか。 日本に戻ってきて、つくづく、これらのものがあってよかった旅であったと実感しています。 今後、マチュピチュへ訪れる予定の皆様。 日本人としての安心、快適さを保ちつつ、是非ペルーの風土を楽しんでくださいね。

Read More

関東で食べられるご当地ラーメン

茨城県中央部から端を発する野菜たっぷりのスタミナラーメン 茨城県は関東地方北部に位置する人口300万人前後の県ですが、茨城県=水戸黄門!納豆!というくらいのイメージしかないのが実情ではないでしょうか?実際、イメージが薄いことが国民から敬遠されているのか、先日あるアンケートで住みたくない県No.1に輝いてしまったというニュースもありました。そんな茨城県ですが、あまり知られていないだけで、実際はいろんな魅力にあふれた素晴らしい県でもあるのです。農産物では全国有数、東京の台所は茨城県が担っていると言っても過言でないくらいです。ラーメンの世界においても、そんな茨城県を象徴するラーメンが存在します。スタミナラーメンと言われ、県都である水戸やその隣である勝田(現ひたちなか市)を中心に、野菜たっぷりのラーメンがソウルフードとして食べられています。 野菜の他にレバーが入った甘辛の餡をかけて食べるのが特徴 そんなスタミナラーメンですが、普通のラーメンとは一線を画し、チャーシューやメンマといったような定番の具材は一切なく、レバーの他、キャベツやニラ、ニンジン、カボチャなどの茨城名産の野菜が入り、甘辛の餡を絡めて炒めたものが、ラーメンの上に乗っかります。そのラーメンですが、スープの入った状態の太麺のラーメンの上に餡を乗せると、通称「ホット」と呼ばれるスタミナラーメンとなります。スープも醤油ラーメンで、和風だしが結構強く効いたものとなっており、甘辛の餡とうまく融合し、決して手抜かりのない旨さがそこにあります。一方、茹でた太麺を水で締めた上に、先ほどの甘辛の餡を直接かける、通称「冷やし」と呼ばれるスタミナ冷やしというものも存在し、こちらは、麺の旨さが甘辛の餡によって一層引き立つ、ホットとは違った旨さがあります。どちらもそれぞれ違ったおいしさがあり、どちらがいいとは一概に言えず、できることであれば両方食べてその違ったおいしさを実際に味わっていただきたいと思います。 最近では県央にとどまらず、県南部、県北部にも進出中! そんな茨城県中央部から端を発したスタミナラーメン、スタミナ冷やしですが、総本山と言われる水戸市の「松五郎」から、どんどん弟子が巣立っていき、今では地元のみならず、県南部や県北部にもこれらの店が増えていきつつあります。つくば市の「がむしゃ」や「馬しゃ屋」は、もとは「松五郎」から生まれた直系の店で、本店に負けずとも劣らぬ旨さで、割と都心から移ってきた新住民の多いつくばにも根付く人気店となっています。また、「松五郎」を起こした店主が創業した水戸市内の「玄海」は、レバーの代わりにホルモンを使っており、こちらでしか味わえない貴重なスタミナラーメンとなって人気を博しています。最近は新しいスタミナラーメンの店はそれほど出店ラッシュにはなっていませんが、茨城県のB級グルメ、ソウルフードとしてのスタミナラーメンが、今後人気を博して全国にも知られるくらいになっていければいいと思っております。

Read More

運勢を上げるハッピーモチーフ!

新しい年の幕開けとなりましたが、皆様いかがお過ごしですか? 今年こそは良い年にしたい!と意気込まれている方も多いのではないでしょうか。 今日ははそんな方の味方になりそうな、ハッピーモチーフをご紹介したいと思います。 クローバー:全体運 ラッキーモチーフの定番と言えるクローバー。クローバーの三枚の葉はキリスト教の三位一体(父・子・聖霊)を表しているといわれおり、また四つ葉のクローバーは名誉、富、恋人、健康をもたらしてくれるといわれています。身につけると不思議な力が宿り、妖精が見えるようになるという言い伝えがあります。 ホースシュー:金運 2014年の干支である午にもちなんだラッキーモチーフのホースシュー(馬蹄)。ヨーロッパでは伝統的なお守りです。特にイタリアでは、貧しい人がお金持ちの飼っている馬の馬蹄を治したり、自分の馬蹄を貸したりして臨時収入を得ていたそうです。そこから金運や家運をアップしてくれるお守りになったといわれています。また上向きのホースシューは幸運が舞い込んでくるといわれ、特に好まれています。 星:勝負運 夜空に輝く星は、いつの時代も希望の象徴とされてきました。昔、旅人や漁師は夜空に輝く星を道しるべにしていたことから、星は正しい道を知らせてくれるといわれています。また、その輝く姿は人に自信と明るさを与えてくれます。恋愛でも仕事でも学業でも、チャンスをつかみたいときは、勝負運をアップしてくれる星のモチーフがおすすめです。 ハート:愛情運 心臓を表すハートは、愛を表すシンボル、生命力の象徴として世界中で愛されています。旧約聖書の創世記、古代エジプトの神話の時代には心臓が人間の考えを司ると考えられていました。ハートのモチーフは恋愛運、出会い運などの愛情運を上げる効果があるといわれています。 イルカ:幸運 ハワイアンジュエリーでも愛されているイルカは、波間を悠々と泳ぐ姿から幸運を運んで来てくれる使者といわれています。 フクロウ:仕事運、学業運 ハリーポッターですっかりおなじみとなったフクロウは、闇の中でも先を見渡せることから、未来を知る力や神秘的な知恵がある鳥といわれており、古くから学問や仕事の神様として愛されています。成功させたい仕事がある方や、大切な受験を控えている方は、フクロウの力を借りてみてはいかがでしょうか。くりっとした大きな瞳が、愛敬があってかわいいですよ。 いかがでしたか? 自分の望む運をもたらしてくれるハッピーモチーフをアクセサリーや生活雑貨などに取り入れて、ぜひ幸福を手に入れてください。 photo by 写真素材足成( http://www.ashinari.com/ )

Read More

法の支配と憲法の存在意義

憲法という最高規範 憲法といえば、小学校、中学校で三大原理を暗記した(させられた)記憶が強い方が多いのではないでしょうか。 基本的人権の尊重、国民主権、平和主義の3つについては憲法の三大ルールとして記憶しなさいと言われた覚えがある方は多いのではないかと思います。 憲法とは一体何なのでしょうか。 憲法の意義についてはさまざまな角度から捉えることができますが、現実的な捉え方としては、最高法規であるという点です。 つまり、憲法はあらゆる国法(勅令、法律、政令、規則、準則、通達訓令等)の最上位にあるルールであり、憲法に違反する法律その他の国が定めるルールは無効です。(憲法第98条第1項) 近時、秘密保護法や公職選挙法に基づく選挙区割りが憲法に違反していないかということが議論されますが、憲法に違反しているのであれば、裁判所の判断で法律等が無効になり、その法律等のルールに基づいた処分も効力が否定される可能性があります。 平成25年中に参議院選挙の選挙無効などが一部で確定しましたが、無効になった場合には、どんなに莫大な費用と手間が掛かっても、一からやり直さなければなりません。 このように憲法は、それに違反する法令、処分などを一切無効とするという最高法規性が現実には大きな意味を持ちます。 法の支配と法原理機関の尊重 先の選挙無効の例(選挙区割りが憲法第14条の法の下の平等に違反するという事例)であれば、選挙が無効となれば、せっかく当選した議員は失職することになります。その議員を支援していた人もがっかりするでしょう。 その議員は特に悪いことをしたというわけではなくて、選挙区割りが悪かったというだけで、3年に1度しかない選挙での合格(当選)が無効になってしまうわけです。その議員の個人的な利益だけではなく、支持者の意思も無視するわけです。これは一見すれば民主主義への挑戦です。 また、選挙をやり直せば莫大な人件費、手間がかかり、政治・政策が停滞することもあり得るでしょう。そのような負担を裁判所は命じる権限があるということになります。 なぜ裁判所はそれほどまでに強い立場なのでしょうか。 それは、近代法の法の支配という考え方によります。法の支配は、理性的な法に従って国政は運営されるべきであるという理性尊重の考え方です。 上記の選挙の例であれば、一般的に考えてしまえば、わざわざ選挙人の意思をないがしろにし、税金と時間を大量に投入して再度選挙をするなどということは否定したくなってしまうのが当然ということができます。むしろその方が常識的とさえ言えるかもしれません。 しかし、それは「その場を見た人の感情的な意見」であると考えます。あらかじめ、多くの議論と理論的な研究をして発見した法に従った判断はその場における感情的・場当たり的判断に優先するというのが近代法の考え方です。 この考え方が真に正しいかどうかは誰にもわからないということができるでしょう。しかし、場当たり的な判断が国王の専横、身勝手を許してしまったという歴史から現在は 理性に基づく法の支配を尊重しているということができます。 そしてその法の支配の考え方を実際に体現する機関が裁判所です。裁判所は法の支配を実現するために、法に従いさえすれば、一見すれば「非常識」とも言える判断をできるということになります。 近代法の理念について、是とするか非とするか、最近の憲法に関する裁判を見て感じます。岡山などの一部の選挙区では選挙無効となるそうです。 カテゴリー・法律 (ライセンスURL ・http://www.ashinari.com/search/search.php?search=%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80 ・http://www.ashinari.com/category.php?blogid=2&category=6&page=1 )

Read More

鶏料理レシピ

うちの家族は皆、鶏のモモ肉が大好きです。 全員スリムなので気にせず皮つきのまま調理します。 鶏モモ肉のレシピを3つご紹介します。 まず、皮をパリパリに焼くコツです。 フライパンを熱して皮の方から焼きます。 良い焦げ目がついたらひっくり返してフタをして 中までよく火を通したあと、 フタを開けてもう一度皮をよく焼きます。 水気を飛ばして油を回しながら焼くと パリパリになります。 これをいろいろな味付けで仕上げます。 鶏モモの照り焼き 皮がパリパリになるまで焼いたあと、 フライパンの余分な油をキッチンペーパーで 吸わせて捨てます。 生姜のすりおろし、醤油、みりん、砂糖を合わせ、 肉に回しかけ、ひっくり返しながらよくなじませて タレを少し煮詰めてできあがりです。 鶏モモのはちみつレモンソース 同じく皮をパリパリに焼いて余分な油を落としてから はちみつ、レモン汁、お好みで醤油を混ぜたソースを 回しかけて同じようにひっくり返しながら焼き、 ソースを少し煮詰めてできあがりです。 さっぱりと美味しいです。 ビンにレモンのスライスやしぼり汁とはちみつを 漬けておくといろいろ使えます。 水やお湯、炭酸水で割って飲んでもいいですし、 このようにお料理のソースとしても使えます。 はちみつレモンは美肌に良いですし、 レモンは肝臓に良いです。 肝臓は毒消しをしてくれる臓器ですから 大事にしましょう。 鶏モモのバターハーブ焼き 焼く前に肉に塩、胡椒しておきます。 同じくパリパリに焼いて余分な油を取り除いてから バター、ハーブを加えます。 ハーブはお好みでパセリ、オレガノ、バジリコなどを 使ってください。 軽くからめてできあがりです。 鶏モモのタルタルソースがけ 焼く前に塩、胡椒しておきます。 同じくパリパリに焼いてお皿に盛りつけ、 タルタルソースをかけます。 うちでは自家製ピクルスを作っています。 空きビンにキュウリを入れ、 お酢、砂糖、塩、スパイス各種を熱したものを入れて 漬けます。 キュウリがシナシナしてくると使えます。 みじん切りにしてマヨネーズ、スパイス、ハーブなどを 加え、あればレモン汁を加えます。 美味しいタルタルソースが簡単にできます。 鶏モモの大根おろしソース 同じくパリパリに焼いた肉をお皿に盛りつけ、 大根おろしを乗せ、あればシソの千切りを乗せ、 ぽん酢をかけます。 さっぱりと美味しいです。 大根おろしは肉の消化を助けます。 お酢は肝臓に良いです。 体に優しいソースです。 いろいろな味付けをご紹介しましたが 他にもヨシダソースや焼き肉のタレなどを使うと 簡単で美味しい料理ができます。 お弁当のおかずにもおすすめです。

Read More


Back to Top