家電

より効果を実感する!シートマスクの効果的な使い方と間違った使い方

今やシートマスクは美容の常識となりました。コスメメーカー以外のメーカーからも発売されていたり、100円均一ショップでも手に入るようになった「お手軽美容」の代名詞、シートパック。 なんといってもこのシートパックの良さは、「即効性」と「ながら美容」にあります。 でもこの効果的な美容グッズ、間違った使い方をする人が増えているようです。正しく使えば、驚くほどお肌の調子が良くなるシートマスク、この機会にぜひ再確認しましょう。 洗顔してからシートマスクを! 私が調べた事実で大変驚いたことがこれ。シートマスクは洗顔後(ものによっては化粧水の後)、お肌が成分を吸収しやすいタイミングで使用するもの。これを寝起きすぐの汚れたお肌や、洗顔後何分もたって乾燥してしまっている お風呂ではシートマスクを使うな! お風呂でシートマスクをススメている商品があったり、美容サイトにはお風呂で使うことが効果的と書かれていることが多いですが、実はあれ間違いです。 お風呂でゆっくり半身浴→その時間を有効に使ってシートマスクってことでしょうけれど、半身浴の目的はしっかりと温まってじっとり汗をかくこと。そんな半身浴の際に、シートマスクをしても噴き出す汗で成分が流れ落ちてしまいますので、全く意味がありません。 シートマスクをするときは、毛穴の開いた状態のお風呂上りすぐに使用し、成分をしっかりと摂りこむことが大切です。 決められた時間以上は使用しない シートマスクをお肌にのせてからの放置時間は10分~20分と書かれているものが多いですが、10分ほど置いて剥がそうとしてもまだシートは美容液がたっぷり。「もったいないなぁ・・・」なんて思ってもう少しお肌にのせておくことはNGです。 マスクに使用しているシートは美容液をたっぷり吸いこんでいますが、その美容液が蒸発して乾いてきたときに、今度は逆にせっかく潤ったお肌の水分が逆にシートに吸われてしまうことあるのです! 美容液がひたひたで次から次へとお肌に与える水分が多いくらいが、シートマスクの一番いい具合なのです。使用時間はきっちりと守りましょう。 シートマスクは毎日使わない 「1日1枚使っても月にたったの〇〇円。これなら毎日使えちゃう!」といった宣伝文句のシートパックをよく見かけます。でもシートパックを含む「パック」全般は、毎日やることはかえって逆効果なのです! パックは、お肌に与えるご褒美。ご褒美は毎日与えるものではないでしょう?人間の体は、自分で自分のお肌を守って修復する機能があります。また、記憶力に優れている人間の体には、毎日欠かさず何かを行うと、その効果に慣れてしまう性質があります。 ガサガサのお肌にパックをすると与えられた成分を摂りこんで「明日からもガンバロー!」となるのですが、毎日豪華なものを与えてしまうとお肌が甘えてしまい「明日ももらえるんだ、じゃ別に頑張ってお肌を修復しなくていいな」となって、自分でお肌を回復しなくなるのです。結果、そのうち自分で美容成分を摂りこもうとしなくなって、結果だらけたお肌に・・・。 1週間に1回、疲れている時は1週間に2回など、自分のお肌と相談して回数を決めましょう。 いかがでしょうか?これらの使い方に注意して、より効果的にシートマスクを使いましょう! 画像引用:http://www.photo-ac.com/

Read More

必見!お得に上手に!図書館活用術!

図書館のココがスゴい! 図書館といえば、本を借りるだけだと思っていませんか? 実は、図書館は使い方次第で、かなり色々楽しめる施設なのです。 ただ本を借りているだけでは損!図書館になんてもう何年も行っていない!なんていう人は大損しているかもしれません! そこで、今回は、本が大好きな人から子育て中の主婦まで幅広い層の人が楽しめる図書館の活用術をご紹介します。 CD、DVDも借りられる! 実は、図書館は本以外にも音楽CDや映画DVDが視聴できるスペースがあります。 このスペースが、図書コーナーから隔離された個室のようなスペースである場合が多いので、かなりリラックスした状態で、DVDなどを楽しむことができるのです。もちろん貸し出しも可能です。 マンガや実用書まで借りられる 図書館というと、難しい本や、ちょっとした雑誌が置いてあるイメージですね。 マンガなんてとんでもないと思っていませんか? 実は、図書館によってはマンガもばっちり揃っていますし、すでに絶版となってしまったレアな本なども置いてある場合があります。 読みたい本が図書館にない時は? 読みたい本が図書館にない、または、書店で購入しようか迷っている本があるけれど、面白くなかったら損だから図書館で借りられたらいいのに・・と思った事はありませんか? なんと、図書館では、購入リクエストをすれば、よほど変な本出ない限り、小説でもハードカバーでも購入してもらえます。 しかも、購入リクエストをすれば、自動的に予約できるので貸し出し予約の必要もないですし、予約人数のトップにくることができるので、かなり早く新刊を読む事が出来るのです。 子供と楽しめる図書館活用法 図書館は静かにするだけのスペースではありません。 図書館にもよりますが、月に数回、ボランティアによる子育て支援として、乳幼児向けの読み聞かせのイベントやわらべうた、手遊びの会などの催しがあります。 普段は静かにしなければならない図書館も、こんなイベントの日は、元気にはしゃぐ子供達であふれていますよ。 昔ながらの手遊びやわらべうたは付き添うママも懐かしいはず! まとめ いかがでしたか? 今回は、図書館活用術についてご紹介しました。 図書館は夏涼しく、冬は暖かい、そして意外に広いので、環境も抜群ですよね。 大人だけなら、何も予定がない休日に、そして子供と一緒ならイベントのある日に、是非図書館に行ってみましょう。新しい発見があるかもしれませんよ! 画像引用元 a http://www.ashinari.com/2012/03/10-358991.php b http://www.ashinari.com/2007/09/29-003202.php c http://www.ashinari.com/2009/05/31-021450.php

Read More

メンタルを鍛えたい人に読んでほしい思考術その1

ちょっとしたことで落ち込んでしまう、落ち込んだが最後なかなか元のように振る舞えない…。私なんてダメ…。そんなことでお悩みの方が多いのではないでしょうか。今回はそんな人のためにメンタルを鍛えるための思考術をまとめてみました。 落ち込んだらいけないは嘘 何となく、落ち込んだり悲しんだり泣いたりするのはいけないことなんていう風習がありますがそれこそいけないことです。実は、泣いたり悲しんだりすることで次の楽しい嬉しいなどの感情が生まれてくるのだということが臨床で立証されています。 「喜怒哀楽」という言葉がありますが、喜と楽は怒と哀でフタをされている感情だそうなので怒ったり悲しんで泣いたりをしなければいけないんですね。我慢をしても仕方のないことは我慢せず自分を解放してあげましょう。周りに被害がいかない程度には怒って泣いてさっぱりしませんか? 世間の間違った常識や風習に惑わされないようにして日々を楽しく過ごしましょう。 内なる声を理解すること 仕事に行きたいから起きなきゃいけないけど起きられない。そんな風に思ったことはありませんか?その時って本当に仕事に行きたいと思っていますか?本当の気持ちは「起きられない」というところだけではありませんか? それは恥ずかしいことでも何でもありません。そのように自分の内なる声にきちんと耳を傾けることで本当の自分はどうしたいのかを理解することはメンタルを鍛える上の初期段階の自己認識や分析の面でとても重要です。もちろん遅刻して職場に迷惑を掛けてしまってはいけませんが…。 自信は日々の習慣から 「でも私自身ないし…」「私なんて何もできないし…」そんな風におどおどとしている時間はそろそろもったいないですよ。本当になんでもいいですからひとつだけ毎日続けられる習慣を持ちましょう。私は毎晩ブログを書くことにしていてもうすぐ半年になりますが周りからの反響も聞けて自己表現にもなるのでおすすめです。 筋トレをしたり料理をしたり掃除をしたりでもいいでしょう。必ず毎日続けられることを意識して始めてみてはいかがでしょうか。 どんな事があってもこれだけは毎日続けている、だなんて素敵だと思いますよ。 いかがでしたでしょうか。 最近、少しずつでも自分を変えて行こうという気持ちがあれば意外と変わっていけるものだなぁと思う機会が増えました。あなたがもっと素敵になれますように。 http://www.photo-ac.com

Read More

『女性のための情報コラム Woman's ⑮一人暮らしのお部屋作り』

このコラムでは、忙しい現代の女性を応援し、生活の情報をお届けしています。 今回は、一人暮らしのお部屋作りについてお話します。 ■心安らげる場所■ 職場や学校で疲れて帰宅した時、ほっとくつろげるのが家です。 仕事が忙しいと職場と家の往復で、家は寝るためだけの場所になってしまうこともありますが、 外で気を張って過ごしているのですから、家に帰って来た時くらいは心を休ませてリラックスして過ごしたいものですよね。 一人暮らしをしていると、帰宅しても真っ暗で寂しい気分になることもありますが、 自分がくつろげるような空間づくりをしていれば、家に帰るのが楽しみになります。 それでは、自分の家をくつろげる場所にするためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。 ■好きなテイストで部屋をコーディネートしよう■ 誰にも好きなテイストがあると思います。 例えば、女の子らしいお姫様のようなテイスト、アジアンリゾートにいるような気分になれるエスニックテイスト、 シンプルでスタイリッシュなテイストなど、人によって好みは様々です。 実家など誰かと一緒に暮らしていると、部屋のイメージを作ろうにも上手くいかないことが多々ありますが、 一人暮らしの強みは、部屋のコーディネートも自分好みに出来るということです。 家具やカーテン、インテリアのデザインや色を自分のイメージに合うものを選び、理想のイメージの部屋を作れば、 そこは自宅でありながらリゾートのようにもなりますし、お城のようにもなります。 こだわりをもって部屋づくりをすれば、自分だけの癒し空間を手に入れられるのです。 ■部屋の香りにこだわろう■ 香りには色も形もありませんが、香りが違うだけで感じ方も変わってきます。 例えば、部屋を綺麗にコーディネートしていても、 台所の三角コーナーに生ごみを放置していれば、そのニオイで部屋のイメージは崩れてしまいます。 嫌なニオイがすると気分が悪くなりますが、いい香りがして気分が悪くなることはありません。 女性には、香水やルームフレグランス、お香など香りのするものに興味が高い方も多いですから、 部屋の香りにこだわるのも、理想の部屋づくりに役立ちます。 最近は、置き型のルームフレグランスの中でも、花の形をしており、 花の部分が香りのもとを吸い上げることによって徐々に花弁が色づくというものもあります。 これは、香りを楽しめるだけでなく、インテリアとしても使えます。 このように、香りにこだわれば、仕事や学校から帰宅して、自宅の扉を開けた瞬間にいい香りに包まれて癒されるでしょう。 掲載画像提供サイトURL http://www.photo-ac.com/ http://www.ac-illust.com/

Read More

ニューゲーム「テラバトル」に仕込まれた2つのグロースハックテクニック

はさみ将棋からヒントを得たテラバトル 「ファイナルファンタジー」や「クロノトリガー」などを手掛けた坂口博信氏、ついにスマートフォン用にRPGタイトル 「テラバトル」をリリース。 ハイクオリティなイラストと独特の世界観、植松伸夫氏による楽曲など、他のスマホゲームとは一線を画したクオリティだ。 ゲームシステムは、マス目上で味方の駒で敵を挟んで攻撃し、敵を倒す ステージクリア型のシミュレーションRPGで、はさみ将棋のアイデアに、スマホスライド操作で 味方の駒に接触させて移動させるという、独特のムービングを取り入れている。 また、敵を挟み込んだ駒の縦横直線上の味方の駒が、連鎖をしてダメージを増幅させることで、味方と敵の位置を 考えながら操作していく必要がある。 そして、ステージクリア毎に経験値が入り、レベルアップによってステータスが上がっていくという王道RPGだ。 1.クラウドファンディング クラウドファンディングとは、サービスやプロダクトをローンチする前に、企画やモック版をユーザーに提示して先に資金を集めてしまう方法だ。 最近、中小スタートアップを中心に、新しい資金調達法として注目されている。 テラバトルは、アプリのDL数に応じて、新しいクリエイターがゲーム制作に参加するという、恐らく日本初の試みを採用している。 この方法により、ユーザーはよりゲームを楽しむためにゲームを自発的に宣伝し、また制作者側は、フェーズに合わせた制作チーム編成を組むことが可能になる。 下記がDL数に応じたイベント一覧だ。 10万  植松伸夫氏・新曲追加 20万  皆葉秀夫氏による新キャラクター追加 30万  漫画家・鈴木央氏参戦 40万  米田仁士氏参戦 50万  楠木学氏による新キャラクター追加 60万  藤坂公彦氏による新キャラクター追加 70万  大島直人氏参戦&協力プレイ開発開始 80万 「テラバトル」攻略本制作開始 90万  期間限定でサウンド無料配信 100万 「テラバトル」コンサート開催&戦闘シーンの攻撃イラストの制作開始&対戦プレイ開発開始 110万 鈴木央氏イラストの"髭ボス"登場 120万 植松伸夫氏・新曲追加第2弾 130万 「テラバトル」アートブック制作開始 140万 フィギア制作開始 150万 松野秦己氏シナリオ参戦&天野喜孝氏参戦 200万 コンシューマ版開発開始 2.動画撮影機能 YOUTUBEなどでゲームのプレイ動画がアップされて、モノによっては爆発的な再生回数を記録している。 「テラバトル」はkamcord社の技術を採用し、アプリ内に動画撮影機能を設置、そこからYOUTUBE、Facebook、twitterなどのソーシャルメディアに直接投稿できる。 この機能により、ユーザーは自分のプレイ技術をオンライン上で自慢することが出来る。そのためのハードルをアプリ側のプリセットによって下げる工夫がしてある。 制作者の狙いは? 通常のRPGはプレイヤーがキャラクターを育てることが醍醐味であり、楽しみであるが、「テラバトル」の場合はこれにプラスして、プレイヤーがゲーム自体を育てるという新しいエンターテインメント要素が含まれている。 また、動画機能の内包に象徴されるように、口頭による抽象的な説明ではなく、ゲーム性をより視覚的に、具体的に提示することが出来る。 ...

Read More


Back to Top