国内旅行

アメリカンライフ 真偽その1:太っている人が多い?

「アメリカンライフ」と題したこのコラムでは、10年近くをアメリカ西海岸で過ごした筆者が自分の体験を元に、日本人が抱くアメリカの印象の真偽を追って、アメリカ文化、アメリカ人、アメリカという国を語ります。 二十歳で単身渡米をし、3年前に日本へ帰国しました。 帰国してからは、友達や知り合いなどに、本当のところはどうなの?ということを聞かれます。 「銃ってそこらへんにあるの?」 「誰でもキスとかハグするの?」 「ハンバーガーばっかり食べてるの?」 海外旅行でハワイなど行くのは当たり前になった昨今でも、アメリカ人の常識や、日常は旅行者には見えにくい部分がありますよね。 アメリカで実際に生活してから、私も見えてくることがたくさんありました。 印象どおりだったり、だいぶ違っていたり。 毎回一つずつ、よく聞かれる疑問を取り上げていきたいと思います。 今回は、アメリカには「太っている人が多い?」のかどうか。 体が大きい 太っているかどうか、ではなく、基本的に体が大きいです。 歴史的に色んな人種や民族の人が寄り集まってできている国ですから、日本人が国の9割を占める日本のように「これ」といったスタンダードがありません。 なので、アメリカでは大まかにデータが取りにくい部分もありますが、日本と比べて、出会う人すれ違う人、皆基本的にたくましいという印象です。 平均身長で言えば、アメリカ人の白人、黒人男性は178センチ。(他民族、たとえばメキシコ系などは小さめです) 日本人男性は170センチなので、だいぶ違いがあります。 その上、アメリカの男性は肉付きもいいですが、筋肉のノリがやはり違います。 私がいつも驚くのは、10代の男の子です。 日本の10代の子たちなんか、ひ弱でまだまだ子供といった体つきですが、アメリカのティーネイジャーはひとりの男というかんじ。どうやって鍛えたらそんなにむきむきになれるの?と言うような筋肉のつき方です。 女の人も背が高い人はすごく高い。 だからなのか、中には日本人くらいの華奢な人もいますが、家具や公共の施設など、いろいろな物が大きくて、背が高く作られている気がします。 基本的に、アメリカ人は日本人とは体のつくり、大きさが違います。 食べ物は全て甘い アメリカに行って、まず最初にびっくりしたのは食べ物の甘さでした。 チョコレートやケーキを食べると、甘い!日本で言う「すごく甘い」が、アメリカでの「普通に甘い」のレベルです。そして、甘くないはずのものでも、甘い味がするのが不思議でした。 例えば、豆乳。プレーンを買っても、甘い味。ラベルを見ると、砂糖が入っています。無糖などというのはアメリカにないのでしょうか。 日本からアメリカに遊びにきてくれていた友達が、「アメリカは何を食べても甘いね」と言っていたのが印象的です。 甘い味が好きな国民性からなのか、全てが甘い。やはり、これでは体重は自然と増えてはくるでしょうね。 食べ物は全て多い 食べ物の甘さと同じくらい驚いたのが、その量。 レストランなどで注文すると、ドン!ととんでもない量の食べ物が運ばれてきます。日本での量に慣れていると、驚くと思います。しかも、日本のレストランなどでは、定食を頼むと色々なものがたくさんちょこまか出てきたり、一品料理を頼んでも漬け物やみそ汁が一緒についてきたりしますが、アメリカは一品勝負!と言わんばかりに、頼んだものだけが大量に出てくるので注意です。 そして最初はそれに驚いても段々と大量の食べ物に慣れてきて、アメリカの一人前(日本のおそらく2?3人前)をぺろっと食べてしまうくらい、アメリカ文化にとけ込んでしまう日が来るのです。あともうちょっとだし、食べておこう。とか思ってしまうのが、慣れの怖いところです。 そうすると、やはり体重は増量するでしょうね。これもまた、自然と太ってしまう要因です。 また、日本人だとこういうのがアメリカ的に思いますが、アメリカで生まれ育ったアメリカ人だと、それが普通なので、太ってしまう要因になるでしょうね。 やはり太る傾向 結論、やはり太ってしまいやすい文化ですよ、アメリカは。 元々体が大きく、味付けは甘く。そして量は多い。この上車社会なのは言うまでもありませんから、太ってしまう要因はありまくりです。 現に、日本からアメリカへ来た日本人は、必ずみんな、少なくとも数キロは増量していました。ちなみに筆者は留学中はおそらく10キロは増えました。その後、恐ろしいことにあと5キロは増えました。10年で15キロは増量した計算です。 おもしろいのが、自分の含め、皆日本に戻って日本食中心の普通の食生活に戻すと、するすると体重も戻ってしまうこと。 アメリカ人は、もちろんそういうこともないですから、アメリカ人は皆太っている、とはいわなくとも、太りやすい傾向にある、とは言えそうです。 画像提供:写真ACより http://www.photo-ac.com/

Read More

『女性のための情報コラム Woman's 21.季節を楽しむホームパーティー』

このコラムでは、忙しい現代の女性を応援し、生活の情報をお届けしています。 一人暮らしをしている中にある、自分だけの時間を一人でゆったりと楽しむのも素敵なことです。 けれど、たまにはワイワイと大勢で楽しむのもいいものです。 ホームパーティーは、手軽に開くことの出来るパーティーです。 それでは、どんなホームパーティーを開いたら楽しめるでしょうか。 今回は、季節を楽しむホームパーティーについてお話します。 ■季節を楽しもう■ 日本には四季があり、季節にはそれぞれの楽しみがあります。 熱い夏や寒い冬は過ごしにくく、そうした季節を嫌う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、四季には楽しみもあります。 何となくホームパーティーをするのも楽しいですが、何かのイベントと結び付けて行えば楽しさも大きくなります。 そこで、季節ごとのイベントと結び付けたホームパーティーをオススメします。 女友達で集まってガールズトークに花を咲かせていれば、有意義な時間を過ごせるでしょう。 ■ハロウィンパーティー■ ハロウィンは、元々は欧米の行事でしたが、最近では日本でも徐々にハロウィンが浸透しつつあります。 ハロウィンの時期が近付くと、バラエティショップなどにはハロウィン用の装飾品やラッピング用品などが多く並びます。 そうしたものを利用して、ハロウィンパーティーを催してみてはいかがでしょうか。 ハロウィンの楽しみの一つには、仮装があります。 欧米では仮装した子どもたちが家々を回ってお菓子を貰いますが、大人も仮装をして楽しむ人が増えています。 ホームパーティーのドレスコードとして仮装を取り入れれば、一気にハロウィンの雰囲気も高まるでしょう。 ■バレンタインパーティー■ 日本では、バレンタインデーには女性が男性にチョコレートを贈るのが習慣になっています。 けれども、今では好きな男性に贈るだけでなく、普段の感謝としてチョコを贈ったり、友達同士でチョコレートを交換したりとバレンタインデーの楽しみ方は多様化しています。 そこでオススメなのが、バレンタインパーティーです。 バレンタインデーにパーティーというのも意外かもしれませんが、チョコレートフォンデュを楽しめる道具を利用して、 友達同士で集まってチョコレートフォンデュをすればバレンタインの雰囲気のあるパーティーにすることが出来ます。 また、チョコレートフォンデュをするのではなく、参加者でチョコレート作りをして、完成したものを食べながらお喋りをするのも楽しいですよ。 掲載画像提供サイトURL http://www.photo-ac.com/

Read More

これってホント!?ダイエットの常識非常識

【乳製品とおやつ】 ダイエットにはこれが良いって聞いたけどホントにそうなの?これをしたら太るって聞いたけど実際どうなの?という素朴な疑問に迫ります! 乳製品は脂肪を硬くする!? 実は私、毎朝飲むヨーグルトを飲んでいました。会社に毎朝ヤクルトのおばさんが来て、何か買わないといけないような雰囲気なんですもの。ちょっと便秘がちだった私はヨーグルトが一番だと思って買っていたのです。 それが、実は「乳製品は脂肪を硬くする」という情報をゲット!なんですって!?なんと乳製品に含まれる脂は肉と同じ「飽和脂肪酸」で、溶ける温度が高く常温では固体のため体内で固まりやすく、中性脂肪やコレステロールを増加させる作用があるんだとか。 ダイエットはまず脂肪を柔らかくして落としていかないといけないのに、その脂肪を硬くしていたんじゃ本末転倒。私はすぐに豆乳に変えました。豆乳は乳製品じゃなくて大豆食品ですからね。 ということで牛乳・ヨーグルト・チーズ類は当分我慢。もちろん乳製品は重要なたんぱく源・カルシウム源だけど、ダイエット中は、タンパク質は卵や鶏肉から、カルシウムは小魚や野菜などから摂るようにしようと思います。 お風呂でのマッサージもプラスして凝り固まった脂肪をまずは柔らかくしなくちゃ! ナッツ類はカロリーが高いからダイエットの敵? どうしても小腹が減ってしまったというときに我慢しすぎると、次の食事のときに血糖値が急上昇して吸収しやすくなってしまうようです。ダイエットに効果的なおやつがあればいいのに…と思って探してみると、ナッツ類とドライフルーツがオススメですって! アーモンドとかクルミとかのナッツ類ってカロリーが高いって聞いたから出来るだけ食べないようにしていたのに、ナッツ類に含まれる油は良質だから食べ過ぎなければOKだとか。昔ウドオイルっていうのが流行ったときに、油は油でしか溶かせないみたいなこと聞いたけどそういうことかしら? 調べてみたら肌に良いビタミンEや糖質と脂質の代謝にいいビタミンB、鉄分やむくみを取るカリウム、食物繊維も豊富で栄養素的には文句ナシ!噛みごたえもあるから確かにおやつに最適かも。でも市販されているミックスナッツは油で揚げているものもあるから要注意! ドライフルーツもオススメ! ドライフルーツもおやつにオススメのようです。生と違って皮ごと食べられるので栄養価も高く、ブドウ糖の吸収速度も低いため脂肪の蓄積を予防する効果も期待できるとか。食物繊維・鉄分・ミネラルが豊富で、よく噛んで食べないといけないので満腹感も得られます。 少量で満腹感…なんて素敵な響きでしょう!これからは小腹が空いた時のために、会社の机の中にナッツとドライフルーツを常備しておこうと思います。つい手が伸びそうだから本当に空いた時だけにしなくちゃ!あ、これも油を使ってないものを選びましょうね。 ただこれはいつもおやつを食べている人にどうせ食べるならこっちの方がいいよってことですよね?普段おやつを食べていない人が食べるようになると太る気が…でも栄養がたっぷりなら食べた方がいいのでしょうか…? 誰か詳しい人教えてくださ~い!!!

Read More

近時の判例から見る法の下の平等の尊重

法の下の平等とは 近時の判例(最高裁判所の判断)の傾向を見ると、憲法第14条の定める法の下の平等をとても重視しているように感じられます。 法の下の平等とは、法律の適用と法律内容が平等であることが必要であるという考え方、解釈です。 法の下の平等というと、「全ての人が平等だ」といった意味合いで、道徳的な意味を言っていると誤解されることがあります。しかし、このような理解は誤解であって、法の下の平等とは、人は1人1人違っていること(差があること)を前提にして、法律上の取り扱いは平等にしなければならないというシステムのルールを決めているのが法の下の平等論です。 憲法は国会がつくる法律や法律の執行機関となる行政機関よりも上位のルールですので、憲法に定めたルールに違反して、国が不平等なルールを作った場合には、無効となります。これが法の下の平等の意味するところです。 近時の判例と法の下の平等 最近の判例を見ますと、この法の下の平等に反することを理由として、法令が無効という判断が増えています。例えば、平成25年9月4日判決は、非嫡出子(結婚外で生まれた子供、俗に言う私生児)と嫡出子(婚姻で生まれた子供)が相続できる遺産が異なるという民法第900条4号但書きは、憲法第14条に違反すると決定しました。 また、全国で選挙区割りによる1票の価値不平等が生じていることを理由として選挙が違憲状態であるという判断も相次いでいます。全国のほぼ全てで訴訟が行われており、多くの事案で最高裁まで争われますが、最高裁で無効が確定すればその区域では選挙を一からやり直すことになります。莫大な手間と費用がかかり、当選した議員も職を失います。それでも選挙区割りが不平等なら選挙をやり直すべきということです。 このように最近の判例では、法の下の平等を非常に尊重した判断が続いています。 法の下の平等尊重と司法積極主義 かつては、「法律が憲法に違反するから」などというと、思想的な偏りがあるかのような目で見られる傾向があった気がします。 しかし、近時では、むしろ法律等について違憲ではないかという判断が積極的に行われています。裁判所が憲法の番人として積極的に司法判断を行う司法積極主義は、かつては理論(あるいは遠いアメリカ)だけのものとされていたのが、非常に身近になってきたと感じます。 このような裁判所の姿勢は、憲法について様々な議論が増えている中でとても好ましいものなのではないでしょうか。憲法のあり方が生活に影響するということがありありと分かるようになります。 近時の違憲判断増加から、憲法を再度学ばれてみることも良いのではないでしょうか。 ライセンス元URL http://www.ashinari.com/search/search.php?search=%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80

Read More

大人女子こそ、小説を読もう。

最近読んだ本はなんですか? あなたの「おすすめの本」を教えて下さい。 そう聞かれて、みなさんはなんと答えますか? ちなみに私は、池波正太郎の「剣客商売」と答えました。ちょうど年末年始に、実家で読んだばかりだったからです。 「剣客商売」は、戦後を代表する時代小説家・池波正太郎の代表作の一つで、老年にさしかかった剣客を中心に、さまざまな人との交流が描かれたシリーズです。「剣客」とはありますが、チャンバラで戦うだけの話ではなく、人情、季節、料理、その時代の景色や風習なども丁寧に描かれているのでとても味わい深く、私は機会があるごとに何度も読み返しています。 大人=ビジネス書? 実はこの質問は、先日、友人たちとの会話で出た質問です。 その時、みんなは次々にビジネス書を挙げました。あるいは、本は読まないけど毎日新聞は読んでいる、と言った人もいました。 自己啓発的なもの、その人が働く業界の関連本、ベストセラーになっているもの・・・。のんきに小説を挙げた自分が気恥ずかしくなるくらい、みんな真面目に「勉強」しているようでした。 もちろん、新聞やビジネス書、自己啓発本は大事です。知識となり、日々の糧となるでしょう。でもそれって日常の延長ではありませんか? 小説やマンガには「非日常」が詰まっています。自分ができないアイドルとの恋愛も、絶対起こらないはずの犯罪も、あるはずのないパラレルワールドも、たった1冊の本を読めば、簡単に体験できるのです。 本当に面白い本には、現実を忘れて没頭できます。 だからこそ、ぜひ大人女子こそ小説やマンガを読んでほしいのです。小説の中に広がる別世界に没頭することで、買い物や映画で気分転換をはかるように、ストレス発散をしてみてください。 手始めにマンガはいかが とはいえ、長らく読書から遠ざかっている方には、どんな本が面白いのか分からない方も多いかもしれません。 本屋に行ってポップを見比べたり、本の帯で「絶賛!」などとされている本から選んでも良いのですが、最近はどれも派手な表現でアピールしてあるので、安易にジャケ買いしてガッカリすることも少なくありません。ないので、まずはマンガから始めてみてはいかがでしょう。 最近は、スマホのアプリでもマンガが読めますし、ネットで無料で立ち読みできるサイトもあります。また、映画やマンガの原作本なども、目安としてはおすすめです。 ちなみに私は先日、多部未華子ちゃんと三浦春馬くんで映画化され話題になった「君に届け」(椎名軽穂/集英社)を読んで、ピュアな恋愛にきゅんきゅんしながら号泣しましたし、後輩に勧められて読んだ「進撃の巨人」(諫山創/講談社)は、あまりの展開に寝食忘れて一気読みしました。 読み終わった後は、深い眠りから覚めたような充実感を感じましたね。 もし自分がまだ読んでいなかったら、大人買いして2日くらい家にこもって「ONE PIECE」(尾田栄一郎/集英社)や「ガラスの仮面」(美内すずえ/白泉社)を一気読みするのに・・・。もう読んじゃったのでその贅沢は味わえません・・・残念です。 大人女子におすすめの一冊 最後に、個人的に大人女子におすすめしたい3冊(シリーズ)をご紹介します。どれも絶対に損をしない面白さですので、ぜひ参考にしてください。 ①「十二国記」シリーズ(小野不由美/新潮社/小説) 古代中国風の異世界を舞台にした壮大なファンタジー小説。高校生の主人公・陽子がある日、突然異世界に入り込んでしまうことから物語が始まる。緻密に作り上げられた世界観と、ファンタジーとは思えないほど重いテーマを扱うことから、少女小説や世代の枠を超えて人気を集めるシリーズです。 ②「しゃばけ」シリーズ(畠中恵/新潮社/小説) 江戸時代の廻船問屋兼薬種問屋の若だんなが主人公。体の弱い若旦那が、妖とともに事件を解決していく時代物ファンタジーです。魅力的な登場人物たちと、しっかりした謎解き、人情味あふれるストーリーには思わずホロッとくるシーンが盛りだくさん。心が疲れたときに読むとホッコリしますよ。 ③「3月のライオン」(羽海野チカ/白泉社/マンガ) アニメ化・実写ドラマ化・映画化もされた「ハチミツとクローバー」の作者が描く人情マンガ。東京の下町に暮らすプロ棋士の少年と、3姉妹との交流を通して、それぞれの登場人物が抱える心の傷と向き合い、乗り越え、成長していく様子を描いた作品です。「将棋マンガ」というととっつきにくいイメージですが、可愛らしいイラストと愛らしい登場人物たち、家族や仲間などに焦点が当てられたヒューマンストーリーがメインになっているので、とても読みやすいです。

Read More


Back to Top