飯川 慶

透明肌を守りきれ!夏に万全日焼けケアの基本とコツ

冬も終わり、行楽には最適なシーズンとなりました。 これからの季節、きれいな透明感のある肌を保つために気をつけたいのが「日焼け」。 どんなに日焼け止めをつけていても完全に防ぎきれない、憎いヤツです。 今回は今年こそ美白肌を保ちたいあなたのため、日焼けの基本ケアをおさらい、まとめてみました。自宅で身近なものを使って簡単に出来るケア方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 基本的に  日焼けは英語でsunburnといい、まさしく太陽(sun)によるやけど(burn)です。またはsuntanといい。こちらは紫外線が体内のメラニンに働きかけた結果、褐色色素が皮膚に定着することを指します。  やけど肌のケアと同じなので、強くこすったり刺激を与えたりすることはNGです。また、やけどをしたらすぐに流水で冷やして! と言いますがこちらも同じです。日焼けをして帰ったらなるべく早くケアすることが後に残さないために重要なステップです。また程度のひどい日焼けであれば自分なりの方法などでむやみに触りすぎず、すぐに皮膚科医にかかることも大切です。 フェイスケア編  まずは「冷やす」ステップからです。  このように保冷剤や氷を入れた袋をタオルに包んだもの、または冷たいシャワーでしっかり冷やします。注意すべき点は先に化粧水や乳液をつけてしまわないことです。肌が刺激されてしまうため、赤みやひりひりした感じが引くまでは避け、まずはしっかりと冷やしましょう。  そうしたあとは水分補給です。1日かけて肌の水分が奪われ、パリパリに乾燥している状態なので、化粧水はたっぷり入れ込みます。高価なものを少し使うのではなく、安価なものでも構わないのでとにかくたっぷり、まんべんなく浸透させることが大切です。その後シートマスクをする方は、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておくことをお勧めします。日焼けしそうな日は冷蔵庫に入れて外出。不意に日焼けしてしまったらお風呂に入る前でもよいので冷やしておくと良いですね。シートマスクはつけすぎたままにしていると乾いて逆に肌の水分を奪ってしまうので、ある程度時間がたったら湿っている間に剥いでしまうようにしましょう。その後化粧水が蒸発しないように乳液できちんと蓋をします。 ボディケア編  まずはフェイスケアと同じようにシャワーや水風呂などで肌を冷やします。しっかり冷やしたタオルやフェイスと同じように保冷剤や氷を袋に入れたもので冷やすのも良です。  日焼けをしないよう腕や足など身体に日焼け止めを塗るでしょうが、これはお化粧をしていることと同じような状態になりますので、身体もしっかりクレンジングすることが大切です。顔と同じように、クレンジング効果のある洗顔フォームでしっかり洗い落としましょう。肘部分は日焼け止めがたまりやすいので、特に念入りに落としてあげましょう。  ここで大切なのは刺激を与えないことです。日焼け止めは肌に刺激を与えてしまうもので、しかも何度も塗りなおしているものですから肌はずいぶん弱ってしまっています。ボディタオルなどでゴシゴシしたりせず、優しく撫でるように洗ってあげることが大切です。  またお風呂から上がったらしっかり水分を拭き取ったのち、ボディ用のローションやクリームで保湿しましょう。ここでも肘部分はかさつきやすいので、くるくる円を描くようにしっかりと塗り込みます。ここで注意すべき点はボディクリーム。保湿とはいえワセリンなど油分の多いものを使用すると体内の熱が放出されないままになってしまい炎症を起こしてしまったり水泡や感染症のリスクも高まるといいますのでボディクリーム選びはしっかりと行いましょう。 インナーケア編  まず大切なのは水分補給です。肌の外側からの補給だけでなく、きちんと飲料を取って体内の水分補給も忘れずに行いましょう。  またケアに必要な栄養補給も大切です。よく言われるのはビタミン類。とくにC、A、Eは有効です。Cはレモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系や緑黄色野菜、Eはアボカドやゴマ、ナッツ類、Aはニンジンやピーマン、ホウレンソウなどの緑黄色野菜で摂取することをお勧めします。  サプリメントで補うのも良いかもしれませんが、健康的に摂取するためにはやはり食品から摂ることが望ましいです。またそのほかにもβカロチン(緑黄色野菜)で肌細胞を傷つける活性酸素を抑制したり、たんぱく質(肉、魚、大豆食品)で肌を再生することも重要です。  これからの季節、お出かけには最適ですがお肌には天敵がいっぱいです! しかしせっかくの外出日和です。後々のケアを万全にすることで、臆することなく外へ飛び出していきたいものですね!

Read More

最旬リップはピンク&レッドに決まり!春色カラーで旬顔メイクに。

まだまだ気候が冷気に見舞われ、冬真っ盛りですが、そろそろ春色メイクアップが出揃う頃。今春のメイクトレンドは、今シーズンも引き続きリップカラーに注目です。モード感あふれるレッドリップから、春到来にふさわしいバラエティ豊かなピンクが今の気分。そんな最旬トレンドのリップカラーをご紹介します。 エレガントからモードまでさまざまな質感のピンクリップ パステルピンクにフィーシャピンク、ローズピンクそしてエレクトリックピンク。ランウエイでもピンクリップのバリエーションの豊富さがひときわ目を引いた今期のコレクション。そのなかでもフレッシュで光沢のある質感に注目が。 メッシュ素材やスニーカーなど、カジュアルスポーティなルックに、フェミニンでラグジュアリーなムードをプラスしたスポーツシックなスタイルには、フレッシュでビュアな存在感を放つ、ピンクリップ。光沢感やグロッシーな質感のピンクを選べば、甘過ぎない大人のビュアな旬顔に。目元をブラックやネイビーでミニマムなライン強調したモノトーンメイクでまとめつつ、リップラインをしっかりとって、リップの質感をアピール。洗練された今春トレンドのリップメイクが完成します。 大人の艶やかさUP!レッドリップをcheck! かねてから話題になっていたレッドリップ。その豊穣さでデイリーに取り入れづらいイメージがありますが、今期のレッドリップは、抜け感がテーマ。透明感とみずみずしさ、ライトなつけ心地でカジュアルなシーンにもぐっとモード感を演出できます。フェミニンでエレガントな可憐なレースアイテムをミニスカートやレイヤードで魅せるカジュアルダウンしたルックには、レッドリップが芯のある大人の可憐さ、柔らかさ、艶やかさを表現。 ベースメイクはナチュラルにスキントーンを整えて立体感と血色のよさを強調するのがポイント。リップラインはあえてとらずに、ラフに色味を纏うことで、大人の艶やかさを取り入れて。 これまでのアイメイク一辺倒の時代が一度終焉を迎え、この春からよりいっそうリップメイクに目が離せないほど、ポイントメイクのトレンドが動きつつあります。カラーだけでなく、艶感や光沢などテクスチャーにも様々なバリエーションが登場。ヌーディーカラーに一度飽きたら、自分にぴったりのレッド&ピンクの存在感あふれるリップをみつけてみては。春ファッションはまだまだ寒くて取り入れられないけど、リップカラーから春色を先取りして、一足おさきに春気分を楽しんでみてください。

Read More

声楽の楽しみ

わたしは趣味で声楽を習っています。 短大生の時から4年前まではロックバンドで ドラムを叩いていましたが、体力不足で引退しました。 声楽は30歳から同時進行で習い始めました。 もともと3歳からクラシックピアノを習っていましたし クラシックの素養はありました。 声楽を始めたきっかけ あるブログサイトによるとクラシックブログの人気は 第一位がピアノで603。 第六位に声楽で112です。 合唱は人気があるのですが、声楽人口は少ないです。 わたしの場合は子供の学校のPTAで合唱に加わったり ピアノ伴奏をしたりしていました。 そのうちオペラのアリアを聴くようになり、 自分でも歌ってみたくなりました。 合唱は多くの中の一人ですが、声楽はソロです。 自分の声をのばして一人で歌いたくなりました。 「カストラート」という映画の中で ヘンデルの「わたしを泣かせてください」という 曲があり、感動しました。 自分で歌いたくなったのです。 それで声楽の先生のところへ通い始めました。 レッスンを受けてみて 最初は息の出し方から習います。 喉をポカンと開けて、お腹の中から空気を押し上げるように、 出します。 決して喉声になってはいけません。 正しい発声を学ぶまで1年はかかったと思います。 易しい歌から始めますが、すべてイタリア語でした。 イタリア語は読みやすく、発音しやすいです。 オペラにはドイツ語やフランス語、ロシア語もありますが イタリア語は比較的易しいと思います。 2年もたつとちょっとした曲が歌えるようになりました。 有名なサラ・ブライトマンの 「Time to say goodbye」も歌いました。 カラオケにもあります! ここまで来ると歌うことがとても楽しくなります。 発表会 初めての発表会の出演が決まりました。 声楽の魅力はなんといっても ドレスを着てお姫様になれること! 普通、女性がドレスを着られる機会は結婚式くらいでは? 足の出るワンピースなどは格好悪いです。 足は完全に見えない方が絶対きれいです。 街のドレス屋さんなどで探すととても高そうなので わたしはネットで探しました。 輸入物のとてもお安いのが見つかりました。 ロココ調ドレス、8000円。 ドンキの衣装みたいにペラペラな生地だったら どうしようと心配しましたが、 届いたものは画像で見たとおり、ゴージャスでした。 ドレスを見ながらテンションアップして 練習しています。 歌は80歳を超えても歌えるそうです。 生涯学習にしたいと思っています。

Read More

お土産は手軽さが一番!女性に喜ばれるヨーロッパみやげ①

気の利いたお土産を買いたい 海外旅行に行くと、いろんな人にお土産を買っちゃいますよね。お土産を買う時間ばかり取られてしまって観光そっちのけになってしまったり、お土産の買いすぎで荷物がものすごく重くなってしまったり・・・でもその割に、いざ帰国して振り分けてみたら、あの人の分が足りない、あれも買っておけばよかった、と慌てて買い足したりして。 また、お土産の種類も、つい無難なものになってしまいがち。ハワイならチョコレート、中国ならお茶、韓国ならコスメといったところでしょうか。 もちろん、お土産は中身じゃなくて心です。誰かを思ってお土産を買うことに意味がある。もらう側も、自分のことを考えて買ってきてくれたことに感謝しこそすれ、文句を言うのは筋違い。 ・・・とはいえ、せっかくなら気が利いていて、できるだけリーズナブルで、なおかつ持ち運びに便利なお土産を買いたいですよね。特に女子向けのお土産は、手ごろでキラリとセンスの光るものがマストです! 今回は、そんなちょっとしたお土産に便利なBEST5をご紹介します。 1.オシャレな現地の文房具 まずおススメしたいのが、文房具です。空港や物産店で売っているような、その国の大統領や歴史上の人物がプリントされたボールペンとか、メモパッドのようなものはNGですよ。(ウケ狙いならいいですが) うまく探せば、リーズナブルな上、現地の美的感覚がよく反映された個性的な品が手に入ります。 私がよく買うのは、現地のレターセット。海外、特にヨーロッパ圏では、その土地ならではの大胆な色使いや柄があしらわれている上、柄の同じ小箱に納められたりして、とってもオシャレです。現地の雑貨屋さんや文房具屋さんなどを巡っては、つい買い漁ってしまいます。買う側もとても楽しいですよ。 最近ではメールやラインでのやり取りが主流ですから、わざわざ手紙を書く機会なんてほとんどないかもしれませんが、ハイセンスなレターセットを手にすれば、なんとなく、大事な人に手紙でも書いてみようかという気も湧くものです。たとえ使わなくても、オシャレな小物としてインテリアグッズにもなりますね。 他にも、書類ケースやメモ帳、ノート、ふせん、紙製の小箱なども素敵です。クリスマスシーズンが近くなると、クリスマス前の1ヶ月だけ楽しめるカレンダーやポストカードなどもたくさん売られていますし、これならレア度も高いですよね。 ぜひ、現地の文具屋さんに立ち寄って、隅々までいろいろ探してみて下さい。 2.主婦におすすめ、キッチングッズ 主婦の方に喜ばれるのがキッチングッズ。現地のスーパーに行けば、日本にはない種類の調味料も豊富ですし、オシャレなパッケージのものは、家のキッチンスペースのセンスアップにもなるかもしれません。塩やオイルなどは、おみやげの定番ともいえるでしょう。 また、お菓子作りに使うような調味料や香辛料などは、日本で買うよりリーズナブルに揃っているので、お菓子作りが趣味のお友達などには、あらかじめリクエストを聞いて買っていってあげてもいいかもしれませんね。 そんな中で、私がおすすめしたいおみやげは、ペーパーナプキンです。最近は日本でも、コストコやイケアなどを中心に種類を見かけるようになりましたが、そうはいっても、自分では買わない人も多いでしょう。 華やかな柄のペーパーナプキンは、食卓に彩を添えてくれます。パーティーや特別な日のごはんなどはもちろん、ちょっとしたパンやクッキーを食べるときのお皿代わりにすれば、オシャレな上にお皿を洗う手間も省けて一石二鳥です。 ヨーロッパではティッシュや手拭きタオルよりもペーパーナプキンを使うのが当たり前なので、スーパーや雑貨屋さんなどで手軽にリーズナブルに売っています。持ち運びも軽いし、賞味期限もないですから、お土産には最適ですね。

Read More

ご当地ラーメンから全国に広がる横浜家系ラーメン

ラーメンショップが起源?の横浜家系ラーメン ご当地ラーメンから全国に広がるラーメンは、札幌、喜多方、博多など、少なくないですが、ここ最近急速にその勢力を増やしているご当地ラーメンが、横浜の吉村家に端を発する、横浜家系ラーメンではないでしょうか。横浜市内、神奈川県内にはもちろん多数の家系ラーメン店が軒を連ねていますが、ここ最近では東京都内を はじめ、千葉、埼玉、茨城といった他県にも、横浜家系ラーメンを看板にするラーメン店が多数出店するようになりました。常磐自動車道の守谷サービスエリアには、横浜家系ラーメン専門店が出店するということも発生しています。 その横浜家系ラーメンですが、起源はラーメンショップと言われています。とんこつ醤油ベースのスープが特徴のラーメンショップですが、ラーメンショップの出身者である吉村家店主によって、細麺が太麺にアレンジされ、その他の具材にチャーシューの他、のり3枚にホウレンソウという組み合わせとなって、現在の家系ラーメンの原型が誕生しました。 横浜家系ラーメンと一口に言っても大きく分けたら2~3種類 その横浜家系ラーメンですが、一口にまとめていうのであれば、とんこつ醤油のスープに鶏脂を使用して、固めに茹でた太麺と、チャーシューに大判ののり3枚とホウレンソウの具材が乗ったラーメンですが、細かく分ける味や具材が少しずつ異なっており、2種類あるのではないかと思います。 まずは起源とされている吉村家の本流の店で修業した人がオープンした店で、こちらの系統は吉村家系とか直系とか言われ、醤油の味がやや濃い目で、脂はそれほど多くなく、出汁がしっかりとしたスープが特徴と言えるでしょう。その対極にあるのが、壱六家に端を発する壱六家系とか壱系とか言われるグループで、こちらはとんこつ色が強く、白湯スープに近いクリーミーなスープが特徴で、具材にうずらの卵が入るのも独特といえます。両方の系統も横浜から全国にどんどん出店攻勢をかけてきており、関東地方ではほぼどちらの系統の店もあるのではないかと思います。 一方、横浜家系に入れていいかどうかわかりませんが、麺、具材、スープともに同じような構成のラーメンに、山岡家という店があります。こちらは茨城県に端を発する店で、起源がラーメンショップにある点、具材もほぼ横浜家系に同じである点から、家系の仲間に入れる人もいるくらいです。ただ、山岡家は全国にチェーン展開を始め、その際に横浜家系ラーメンの看板も出していないことから、家系とは別物と考えるのが一般的です。ちなみに山岡家は鶏脂ではなく、豚油を使用しています。 今後も増えると期待される横浜家系ラーメン 横浜家系ラーメン店は、多くの店で支店展開や姉妹店制度を取っており、既存店で育った多くの弟子が店主となって店を開くということが多く発生しています。横浜市内やその周辺に限らず、千葉や埼玉、茨城など、横浜から離れた他県でもこの流れが見られるようになりました。これらの店にも多数の弟子が存在していることから、今後も各地で横浜家系ラーメンの出店ラッシュが続くものと思われます。これらの家系ラーメン店がそれぞれ切磋琢磨し、どんどんおいしいラーメンが食べられるようになれば、食べる方としてはこの上なくうれしいですね。

Read More


Back to Top