英語学習

冬の乾燥対策はオイル美容にあり!全身うるおいに満ちた、艶肌冬美人へ

冬肌に必須のオイル美容 日々気温が下がり、冷気による肌のごわつきや湿度の低下による乾燥など、この時期はとくに保湿に気を使いたいもの。植物性のオイルは、肌へのなじみもよく、冬肌のトラブルである乾燥や肌のごわつきはもちろん、マッサージと併用して血行促進などの効果にも最適です。 オイル美容は上級者向けのイメージがありますが、実は誰でも簡単に取り入れることが できます。乾燥肌だけでなく、混合肌や脂性肌などあらゆるタイプの肌に効果的なオイル美容。 その保湿のメカニズムや目的別オイルをご紹介します。 保湿とは水分を与えるだけでな不十分?! 保湿といえば水分を与えることで保たれるイメージがありますが、与えるだけでは十分な保湿ができません。肌の一番外側を覆っている角質層は、上から皮脂膜、角質細胞、細胞間脂質の3つの層でできています。水分や脂分が足りなくなると細胞間脂質がもろくなり、隙間ができてしまい、皮膚の中で水分が保てなくなります。保湿をしても水分が蒸発してしまうため、水分を与えつづけても十分な保湿機能をはたせない場合があります。 肌になじみやすいオイルなら、肌を隙間なく整えて、しっかり水分保持! 皮膚は、外的ダメージなどから肌を守るため、皮脂膜という油分で覆われています。角質細胞や細胞間脂質へ潤いを届けるには、皮脂膜と同じ構造をもつオイルを使うことで、肌にすばやくなじみ浸透し、細胞脂質の層に隙間が埋まることで、その上の角質細胞の層がみだれなく整い、水分と油分のバランスをキープ。このバランスを細胞レベルで調整するため、乾燥肌の方は十分な保湿で潤いをキープできるのはもちろん、混合肌や脂性肌の方は、過剰な皮脂分泌を抑えて、トラブルがおきにくい肌をつくることができます。 植物オイルはマッッサージにより、さらに効果大! オイルを塗布するだけでも、保水力をアップの効果はありますが、マッサージを併用するとオイルのもつ効果を最大限に。リンパの巡りが良くなることで、老廃物の滞りがなくなり、筋肉の緊張もほぐれます。そのため、肌のごわつきもなくなり、やわらかくなることで植物オイルに配合されている栄養やビタミン、ミネラルなどの美容成分も肌に浸透しやすくなります。 目的別に植物オイルを使い分け! 肌の細胞を整えるものだから、傷つけずになじみがよく、浸透しやすく、実や種を圧搾してとれる自然の恵みをたっぷり受けた植物性のオイルがおすすめ。ビタミンやミネラルなど美肌効果が高いのも特長です。肌悩みにあわせて、化粧品を選ぶときに参考にすると、自分のベストチョイスのオイルアイテムを見つやすくなります。 1乾燥によるシワやごわつきが気になる肌に ビタミンEを豊富に含み、浸透性が高く保湿作用に優れているホホバオイルや「森のバター」と呼ばれ、ビタミン類も豊富で栄養価が高く、浸透性にも優れているアボカドオイルがおすすめです。 2ハリや弾力がほしい、エイジングケアに エイジングに効果的な必須脂肪酸やトコフェロール、ビタミンEを含み、新陳代謝を活発にしてくれるアルガンオイルや、近年注目を浴びているバオバブオイルがおすすめです。 バオバブオイルは、安全性はもちろん浸透力も高く、パルチミン酸やオメガ3.6.9などを含み、ハリ感のある肌へ導きます。 ホルモン分泌を調整してくれる、γリノレン酸を含むイブニングプリムローズオイル(月見草オイル) や、皮膚の再生、保護効果に優れたローズヒップオイルも◎。 3保湿もエイジングにも必須のマッサージオイル 皮膚に良くなじみ、浸透しやすいホホバオイルをはじめ、皮脂の成分の一つであるパルミトレイン酸も少量含むマカダミアナッツオイルや、ビタミンEを豊富に含み、アーユルヴェーダでも免疫と代謝を高める目的で使用されているセサミオイルがおすすめです。

Read More

留学に持って行くべきグッズ その1

念願のアメリカ留学を果たし、アメリカの地を初めて踏みしめたことのこと、昨日のように覚えています。 小春日和でぽかぽか暖かく、初めて嗅ぐアメリカの空気の匂いは本当にすがすがしく、私の留学デビューをお祝いしてくれているようでした。。。 あれからもう10年も経ってしまったなんて、考えられません! あの時のことを回想しながら、留学に持って行って良かった。または、持って行けば良かった!と思ったグッズを今日は紹介します。 まずは取捨選択 バカでかいスーツケースとボストンバッグを片手に、その中に自分で必要だと思う全ての持ち物を入れて、出国しました。飛行機での大きな移動。しかも旅行ではないので、生活するための物を詰めるのは意外に難しかったです。 国単位で移動するときは、何が一番重要かというと、取捨選択する能力だったりします。 無駄に持って行けば邪魔だし、何よりスーツケースの中のスペースがもったいない。最終的に重すぎると余計な運賃まで取られてしまう昨今。なるべく身軽で、無駄無く移動したいものです。 その時に、日頃から自分は何に価値を置いて、何が大事なのか。というのを見つめておくのが大事です。ある人には全く意味のない物でも、それが自分にとって欠かせないものだとしたら、それを持って行くべきです。 自分を見つめて、ある程度取捨選択できる時間と能力をもってから挑みましょう。 日本食 海外旅行で日本食を持って行くのは、私は個人的に反対です。 旅行するのなら、現地のものを食べて現地の人と触れ合って、なんぼ。と考えているからです。衛生面などが非常に悪いなどなら別ですが、非日常的な経験をするために旅行をしているので、せっかくなので現地ならではの経験をしたいものですよね。 しかし、留学となると違います。数日滞在するだけではなく、そこに数ヶ月、数年という単位で住むのです。そうなると、自分がなるべく快適になるように過ごさなければ、精神的ストレスは大きなものとなります。 その中でも大切なのは食。 日本で生まれ育ち、日本の素材や味付けに慣れているので、いくら自分が欧米のご飯が基本的に好きだといっても、白米やお茶漬けが恋しくなることは絶対あります。 現地で調達できればいいですが、それが難しい場所も多々ありますので、まずはスーツケースに詰めていきましょう。何を具体的に詰めるかは、個人の好みにもよりますが、私はとりあえず、電子レンジで炊けるご飯と、缶詰類、ふりかけ、あとは意外にカレールーなど後から作れるものも役立ったりしました。 次回は留学先で、自分のペースでいられるグッズを紹介します。 写真提供 http://www.photo-ac.com/

Read More

カメラマンの取材日記 モンキーパーク

今は昔、私がビデオカメラを相棒に駆け回っていた頃のお話しです。 那須高原の魅力を紹介する第2回目は、またまた動物シリーズから。那須連山の山麓に点在するリゾート施設は、車で適当にぐるぐる走り回っていると、突如として目の前に色彩豊かな看板が現れたりします。 おサルさんがいっぱい! 「那須ワールドモンキーパーク」は、サルだけで勝負する潔い施設です。入り口から進んで行くと、駐車場からして周囲と臭いが違います。まさにサルの臭いです。サルが苦手な人は、ここから引き返した方がいいでしょう。 おサルさんとの触れ合いがこのパークのテーマです。私もサルが苦手な人間の一人ですが、仕事なので我慢して入場しましょう。 このパークの基本的な仕組みは、同じ種類のサルが集められたオリの中に、人間が入って触れ合うというもの。 1区画のオリには、数十頭のサルがぎっしりと詰まっています。サルはエサをもらえると独り合点して寄って来るので、オリに入る前にお客さんがエサを準備します。このエサ有料です。客にエサをやってもらい、しかもエサ代まで徴収する。その上客はカラクリに全く気付かず笑っている訳ですから、実に巧妙に作り上げられたシステムです。 おサルさんとふれ合おう! 何種類かいるサルの中で、一番のおすすめはリスザルです。小さくて懐っこくて可愛くて、エサをあげるとひょいと肩に乗ったりします。でも後頭部なんか見ると、妙に人間くさい。良く見ると、顔も小さいけど人間とおんなじ造作です。別な種の生物なのに、ふと見えてしまうこの人間ぽさが、私がサルを嫌う要因です。 口元が尖ったタイプのサルなら、私もそれなりに可愛さを感じます。キツネザルの仲間がそれです。名前の通りに顔はキツネ似で、体つきがサル。冷静に見ると異様な生物です。触れ合いコーナーには、シロクロエリマキキツネザルという何だか分からない名前のサルもいます。全身モノクロのツートン・カラーが美しいサルです。でもこのサルひどく大きい。大型のイエネコに長いしっぽをくっ付けた位の大きさがあります。数十頭のこのサルに、周囲をびっしり取り囲まれるとかなりの恐怖です。係りの人は「すごくおとなしいですよ~。」と言いますが。 他のサルも穏やかな性格なので、危険は全く無いそうです。 別棟ではチンパンジーやニホンザルによるショーも開催されています。かなりのハイレベルなので、このショーだけでも見に来る価値は充分にあるでしょう。 ゆっくり遊んで1時間、サル好きの人なら2時間はたっぷり楽しめる場所です。 魅力がいっぱい、那須高原! さて、那須高原のリゾート・ゾーンでは、森の小径をひょいと曲がってから、更に細いくねくね道を辿って行くと、思わぬ所で小さなテーマパークに遭遇します。 クラシックカーの博物館、大小様々なテディベアのぬいぐるみを集めたテディベア・ミュージアム、ステンドグラスやオルゴールの美術館。2次元絵画が3次元に見えるトリックアートの館、3D宇宙・恐竜館、3Dホラー館など、本当に小さいものまで含めたら驚くべき数でしょう。これ全部を回って見るなんて、まず不可能でしょう。時間的にも、金銭的にも。 那須高原のテーマパークはジャンルの幅が大変広く、表情豊かです。でも私には、取材中に抑えても抑えてもどうしても湧きあがって来てしまう疑問がありました。 「どうしてこれ那須に作ったの?」 画像: 日本モンキーパークHP japan-monkeypark.jp 鯖江市HP www3.city.sabae.fukui.jp 甲府市HP city.kofu.yamanashi.jp じゃらん観光ガイド jaran.net

Read More

うつとは違う!PTSDの恐ろしさ

PTSDってよく聞くけどなんのこと? 東日本大震災以降、PTSDという言葉をよく耳にするようになりましたが知っているようで知らない人は多いのではないでしょうか。 わかりやすい言葉で言うと「トラウマ」です。 もちろん牡蠣を食べてあたった事があるから苦手になっただとかの事ではありません。 幼少時にDVにあっていただとか、性被害、事故の経験、身近な人の死に直面した等の精神的に大きなダメージを伴う命の危機にさらされるような事件に遭遇した事によって起こる障害の事です。 もちろん震災などの自然災害での被害を受けた方にも多く見られる症状です。 実際にどんな症状が出るの? 「精神的な病気」と聞くとどのようなものを想像するでしょうか? 多分耳に入る機会が多い「うつ病」を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。 うつ病というのはうつ状態が継続し気分の落ち込みや無気力、不眠などの症状を伴う病気です。 PTSDによってうつ病と診断される患者も少なくありません。 具体的な症状としてはフラッシュバックや離人感、必要以上に怖がるびっくりするなどの症状が見られます。 フラッシュバックってなに? PTSDの症状として特徴的なものの一つに、フラッシュバックが挙げられます。 例えば母親にDVを受けていた幼児の場合ですと、遊んでいる途中で急にブルブルと震えて怯えだし、耳を塞いで丸くなって泣いているという状況です。 この幼児の身に何があったのかといえば、遊んでいる最中で母親に暴力を振るわれている事を思い出したのです。 フラッシュバックとは、ただ単に思い出として記憶を反芻しているのではなく実際に今その恐怖と対峙している心理状態になる事を指します。 なのでこの場合、この幼児は怯えて丸くなっている時間の間母親の暴力を受けているのと同じ苦痛を味わっているのです。 離人感って? 離人感とは、まるで自分を文字通り俯瞰視しているような錯覚に陥る様の事を言います。 自分が行動しているのを眺める夢を見た事がある人はわかりやすいかもしれませんが、ちょうどあの感覚です。 自分が何をしようとしているのか、今何をしているかを眺めている感じで行動している体はぼんやりとした表情の事が多いようです。 子どもに多い症状はある? 人間も動物ですから、恐怖に対面した場合(しかもこの場合は命に関わる可能性も含みます)にその恐怖や苦痛から逃れようとするのは当たり前の事です。 なのでDVや性被害を受けた幼児はその苦痛を自分の中で解消しようとします。 大人の場合は対処の仕方(しかるべき機関に相談するなど)を知っているかもしれませんが子どもはそうはいきません。 幼児に多い傾向として「痛い」「怖い」といった感情を消すことが見受けられます。 しかし、人間はそういった感情のみを操作できるほど上手くは出来ていないので感情そのものを全て消す事になってしまうのだそうです。 なのであまりに耐え難い恐怖と戦った子どもというのは表情が乏しい傾向にあります。 PTSDって治らないの? もちろん治療法はあります。 もしこれらの症状に心当たりがあればメンタルクリニックを受診する事をお勧めします。 メンタルクリニック(精神科)を受診する事に抵抗があるという人も多いようですが、案外普通の病院です。 初診の時はカルテを作る為に少し長めのカウンセリングをします。 そして、治療する上で一番大切なのは、安心できる場所にいることです。   画像: 足成 http://www.ashinari.com

Read More

効果的なヘアオイルの使い方でつるつる潤い美髪を手に入れよう!

ヘアオイルを使用していますか?という質問をすると、多くの人がオイルは使っていませんと言う返事が返ってくるというので、驚きです。ヘアオイルは、他のどのヘアケア商品よりも、髪に優しく美髪になる近道なのです。 パーマやカラーの繰り返しで疲れ果てた髪は、空気中のごみや紫外線にさらされ、さらにシャンプーに含まれる成分やドライヤーの熱で傷みやすい・・・。髪にとって過酷な現代の環境の中で、お疲れモードの髪に本来の力を蘇らせ、美髪へ導くとっておきのヘアオイルの使い方をご紹介します。 美髪の早道!ヘアオイルを使いましょう 「ヘアオイルを使用していますか?」という質問をすると、多くの人がオイルは使っていませんと言う返事が返ってくるというので、驚きです。 アウトバストリートメントは、シャンプー後の無防備な素髪をやさしく保護し、乾燥やそのあとに使用するドライヤーの熱からのダメージから髪を保護してくれる役割があります。 ミルクタイプと呼ばれる乳液状のトリートメントは、トリートメント成分が分離せず混ざった状態を保つために乳化剤が含まれています。この成分は石油から精製されているものも多く、髪がツヤツヤになる反面、髪や頭皮に成分が残りやすく酸化する恐れもあるので、余りいい影響を与えません。 その点、オイルトリートメントは原料をそのまま使用しているものが多く、髪と頭皮に良いとされる栄養価の高い成分だけを天然に混ぜ合わせることができます。余計な添加物が必要ないヘアオイルは、髪にも頭皮にもやさしい成分なのです。 ヘアオイルは天然成分のものを! ヘアオイルは、オイルである特質上髪や肌にとてもなじみやすく、開いたキューティクルの間や、頭皮の毛穴の奥深くまで浸透します。そして毛穴の汚れを浮かして外に排出し、表面をやさしく保護してくれます。その浸透性の高さから、特別に精製され高浸透につくられたものををわざわざ購入しなくても、天然由来の成分を配合したもので十分効果を与えてくれます。天然成分を配合したヘアオイルは、天然の力で肌や髪本来の力を蘇らせてくれる働きがあるので、より美髪に近付くことができます。ドラッグストアで安価で手軽に購入できる椿オイルや杏オイルなどの植物由来のヘアオイルは、どんな高級トリートメントにも劣らない、ツヤのあるすべすべの指通りの美髪を約束してくれます。 簡単ヘッドスパで頭皮をケア ヘアオイルの使用方法としては、ドライヤー前のアウトバストリートメントとして使用するのが有効ですが、それ以外にも様々な使い方があります。 一番のオススメは、シャンプー前のヘッドスパ。ヘアオイルをたっぷりと頭皮に塗りこみ、軽く頭皮をマッサージしたらタオルでくるんで10分ほど置きます。入浴中の温まった状態で行えば、頭皮の毛穴が広がり汚れが出やすくなりますし、髪表面の汚れも取れやすくなります。後は通常通りシャンプーしたら、驚くほどすっきりとした洗い上がりが実感できます。 効果が弱いと思われがちな天然成分のコスメは、まだまだ日本では浸透してません。 エコでナチュラルで、それでいて髪にもお肌にも良く手軽にたっぷり使える天然成分のヘアオイルは、美容に敏感な女子には必須のアイテムと言えます。 ツヤツヤに潤った美髪を手に入れて、女性としての魅力がもっともっとアップさせましょう! 画像引用:http://www.photo-ac.com/

Read More


Back to Top