恋愛

ピラミッドより愛をこめて

地球上には誰がいつ、どうやって造ったのかはっきりしない大きな石造構造物がいくつもあります。しかも我々人間の記憶の壁を越えた古い物ほど、スケールにおいて驚嘆するほど巨大に造られています。人はこれに畏敬の念を込めて「巨石文化」の称号を与えます。 巨石文化の世界にようこそ イギリスのストーン・ヘンジ、イースター島のモアイ像、メキシコのピラミッド群など文明人なら誰でも知っているメジャーな遺跡から、ドルメンやストーンサークル(環状列石)など類似した物が各地に分布する遺跡まで、 巨石文化の遺構は世界中に広く残されています。 いずれも正体が良く分からない事から、おおむね祭祀用の施設だったんだろうのひと言で片付けられています。 巨石文化で突出した存在は言うまでもなく、エジプトの首都カイロ近郊、ギザ台地にある3大ピラミッドでしょう。今回はこの3大ピラミッドの中でも最大の「大ピラミッド」について、おこがましくも私なりに考察を加えてみます。 大ピラミッドの“なぜ?” 一般にこれらのピラミッドは、古代の王の墓だというのが定説です。しかし建造者を特定する証拠が非常に希薄だという事は、意外に知られていません。内部に王の名前の落書きがあったとか、小さな王の像が落ちていたとかそんな程度です。墓だという証拠に至っては、単なる推測以外の何物でもありません。 このピラミッドの技術的水準は極めて高く研ぎ澄まされており、ストイックなまでに妥協を許していません。 求められる精度が余りにも高すぎるし、それに応える精度もまた余りにも高すぎるのです。 大ピラミッドを真上から見下ろした時、完全な正方形に見えるのはもちろん、正方形の4辺はそれぞれ231mもあるのに、その最大誤差はたったの20cmです。つまり僅か0.1%以下の誤差で、4辺はほとんど同じ長さなのです。 これが偶然から生まれる可能性はゼロ、1m程度の物体を扱うのならまだしも、小山の様に巨大な物体に対してこの精度は、驚きを跳び越えて異常ですらあります。 写真で見る現在のピラミッドは、粗い表面の巨石がむき出しで積まれています。しかし建造当時には、表面は美しい化粧石で覆われ、まるで現代のアート建築の様に美しいデザインだったそうです。 陽光を反射しながら屹立する姿は、現実世界を超絶して息をのむほど美しかったことでしょう。 大ピラミッドの“どうやって?” さて、現代文明でさえ建造できる可能性が低いこの巨大建造物は、一体どうやって造られたのでしょうか。 ピラミッドに通じる長い傾斜路を使って石を運んだとか、周囲にらせん状の傾斜路を構築したとか、もっともらしい仮設もありますが、その傾斜路はどう考えてもピラミッドよりも巨大な物体になるはず。それでは何のために何を造っているのか分からなくなってしまいます。 大ピラミッドに使われた石材はおよそ230万個、1個平均約2.5トンの巨石です。動力付き加工装置など存在しない時代に、230万個もの巨石を切り出して研磨する事が可能だったのでしょうか。 この作業は絶対に手を抜けません。1つ1つの石材がほとんど完璧に水平を保たないと、200段以上も積み上げたら正確な形状になどなりません。 どうせならもっと小さな石材にして、しかも規格を統一して同じ大きさのブロックを作ってから、それを積み上げた方がずっと簡単です。でも実際は様々な大きさの石を、その都度切り出して使っています。 まるでわざと難しく造っている様に思えてなりません。 大ピラミッドの“謎” これほどの超文明的な建造物を完成させるためには、多数の優れた設計者と、教育を受けて技術的水準が統一された作業員が必要です。とびぬけて精密な地盤調査と、極めて高度で詳細な設計図の作成も不可欠です。 「造ってみなけりゃ分からない。」では済まないので、重力分布などの構造的シミュレーションも繰り返し行われたのでしょう。でもどうやって。 更に実際の作業では、切削加工する道具と技術、水平の基準を測る道具と技術が現代のレベルにまで発達している必要があります。 これら全てをクリアして大ピラミッドを建造する事は、現代文明を含めてもおそらく不可能でしょう。 建造当時のサイズは高さ146m、底辺1辺の長さ231m、推定重量650万トン、正四角錐の4つの面は完全に東西南北に一致。今日も大ピラミッドは、数多くの謎を秘めたまま沈黙を守っています。 ①日本を守るのに右も左もない(ブログ)blog.nihon-syakai.net ②歴史ミステリー(ブログ)rekishi-mystery.seesaa.net ③ファイブスター・クラブHP www.fivestar-club.jp ④旅工房HP www.tabikobo.com

Read More

ノンフィクション回想記 インド旅行 世界遺産編

インドを観光する旅つづいてはムンバイから電車やバスで5時間ほど東に走った町プネーへ訪問しました。ほど近く宗教と学術の街といった印象 外れの街プネー 滞在予算は一日800ルピーほど、宿代もそこまで高くなく500ルピー前後でビジネスホテル並みの2人部屋を確保できる程度です。それに観光者もそれほど多くないので現地人には大学に来た留学生と言って通るくらいです。ですので現地料金で食事や屋台などで買い物もできます。旅の箸休めとしては非常に居心地がよく友好的でインド人の落ち着いた生活場といった印象です。それに大学が近くにあるせいか英語が通用するので助かりますし、英語を知らない人としゃべっていても近くの人が通訳してくれたりしますからなかなかのリーズナブルで居心地がよく、現地の人柄もいいインドの隠れた穴場スポット。 Go to the アウランガバード!! エローラ・アジャンターといった古代寺院やかつての王国の廃城など世界遺産めぐりの拠点となるアウランガバードまで、ここからバスで3,4時間このあたりの人はインド人には珍しくビールを非常に好みます。オートリクシャー(三輪のタクシー)の運転手も観光客慣れしているのでホテルや観光スポット、レストランに連れて行ってくれと言うと良い場所に連れて行ってくれたり観光をパッケージで提案してくれたりします。それに採掘資源が豊富なためかアメジストや水晶、虎目石といったいわゆるパワーストーンが転がっていたりと面白い場所です。ブッタが実際に瞑想に使った場所などがあり日本でいう熊野古道など弘法大師ゆかりの場所の様な歴史的文化遺産のある街です。 歴史的遺産アジャンター寺院洞窟群 アウランガバード中心部からおよそ100km北部に位置する。とあるジャングルの中ひっそりと佇むように存在している当時の宗教寺院跡、日本で言うところの奈良県東大寺周辺のような場所です。当時は多くの王族や商人がここを訪れ救いを求めたとされています。28の寺院がジャングルの谷間を切り抜いて作られている一大建築物です。各宗教が混同しまた28もの建築にいったのは寄贈者(商人や王族)の苛烈な競争意識から生まれたと言われています。紀元前2世紀に建築が開始され、およそ1500年ほど前に完成したと文献に記述されている。 アジャンター建築技法 河が流れ、その横に硬い岩の断崖絶壁がある。そこにアジャンターは建築ており足場を組んで作業をしなかったとされている。当時の石工たちはまず断崖の岩を削り表面を整えアーチ状の窓を作りそこから掘り進む形で寺院を建築していった。削りだされた石は前庭の埋め立てに利用され、アーチ状の窓は太陽光を取り込む為と石の搬出口として利用された。上から掘り進む為足場は必要とせず、不安定な足場による事故を防いだ。しかし、その分装飾と仕上げを同時に行う為、建築構造の把握と高度な技術と忍耐力を要求された。確かに、寺院で人が事故で亡くなるなどあってはならない。仕事の仕方から当時のそういった事情も今に伝えている。ちなみに現代のインドもこの技術を受け継ぎ高い加工技術水準を今に残している。 エローラ寺院遺跡郡 アウランガバードから北西に25kmにエローラ寺院遺跡郡がある。アジャンターとの違いはヒンドゥー教色が強く、装飾には当時の芸術家がヒンドゥ―教叙事詩(ラーマーヤナ)を基にしてデザインしたとされている。一つの岩山をくりぬいて作ってあり、アジャンターと建築技法は同じで足場を使わず装飾と仕上げを同時に行って作られている。またエロティックな装飾が多いがこれは苦行に励むシヴァ神の心を乱すため愛の神カーマを他の神々が送り込んだと言う逸話から構成されている。(日本ではカーマ・スートラとして有名なあのカーマの事)掘り起こされた石の量は54000立法m。面白い事に日本の大黒様はシヴァ神の化身と言われているが定かではない。

Read More

アメリカンライフ 真偽その5:ポジティブ人間が多い?

日本から見たアメリカ人やアメリカの生活についての印象ってありますよね。それって、果たして印象だけで本当なのか?そうでもないのか。その真偽について問うエッセイ、アメリカンライフです。 五回目の今回は、ポジティブ人間についてです。 アメリカのドラマや映画などのフィクションもそうですが、ノンフィクションのニュースなどを見ていて、思いませんか。アメリカ人ていつも笑顔で楽しそうで、前向きな感じ。 筆者が日本でいる時も、そんな印象でした。アメリカ人というのはきっといつも楽しい事を探していて、おもしろいことが好きで、人懐っこい印象。そんな人たちと一緒に生活できたらこっちまで楽しい気分になりそうだな。と思っていました。 日本人の友達に、「アメリカ人てあんな感じでいつも楽しそうなの?本当に?一体、何を毎日考えてあんなに楽しそうに暮らせるの?」などと聞かれたことがあり、やっぱり私だけじゃなく、日本人から見てアメリカ人はポジティブ人間の集まりのように見えるのだなと思ったことがありました。 基本的に「楽」が好き 実際アメリカで生活しても確かにアメリカ人というのは日本人よりは前向きだなあと思うことは多々ありました。観察しているとアメリカ人は往々にして、「楽」が好きだということに気づくようになりました。 日本人は、人が見ていないときの努力や少しでも良くなろうとする向上心のようなものが誰にでもあり、少しずつ良くなろうとする性質です。というのも学校でもそうやって教えられます。機会があるごとに、「よくできた点」と「もう少しがんばれた点」などを書かされて、小さいうちから向上心の種のようなものを植え付けられます。 しかし、アメリカ人は「ラク」が好き。基本的にのんきにしている人が多く、休みの日など、家事などはほったらかしで、好きな音楽を聞いてのんびりごろごろして楽しそうにしている人が多い印象です。 また、日本では社会人でも通信教育などで資格を取ったり、習い事のレッスンを取ったりするのは普通ですが、アメリカではそういうものも見られません。実力主義の社会では、資格などもそうそう必要でもなく、他言語を学ぶなどという知識欲のようなものも、意外に皆考えていなかったりするので、これが「日本人はハードワーカーだ」と言われる由来なのだなと納得したことがありました。 「反省」はない と同時に、反省というものもアメリカの文化には縁遠いということにも気づきました。 まず「反省」という言葉自体が、英語にない。と聞いたときに驚きました。先ほども書きましたが、学校では反省させられることが多いですよね。毎日の帰りの会なんかで「もうちょっとこうすれば良かった」ということをクラスで話し合ったりした思い出があります。 アメリカ人にしてみれば、毎日楽しければそれでいいし、イベントなんかでも「もうちょっとこうすれば良かった」なんていうことを話している時間があれば、「そのイベントがいかに楽しかったか」を話すことに時間を割いているような気がします。 「終わりよければ全てよし」という言葉がありますが、「楽しければ全てよし」という言葉がアメリカ人には似合うな、と思ったこともあったくらいです。 日本人から見れば、たまにはもう少し反省でもすれば次は失敗せずに、もっと良くなるのに。と突っ込みたくなることもありましたが、もともとそういう思想自体が小さい頃からないですし、学校でも教えられない。家庭では「あなたはパーフェクト!」と教えられて育つので、なかなか自己を顧みるということはないようです。 生まれ持ったものか、生まれ育った文化によって思想が変わってくるのか。 そこは判断が難しいですが、確かに国によってそれからの人間としての行動パターンが変わってくるということは間違いないようです。 筆者個人的には、アメリカのポジティブあっけらかん思想と、日本の生真面目で向上心旺盛なところを、足して2で割るとちょうどいいと思います。 画像提供:写真ACよりhttp://www.photo-ac.com/

Read More

便秘解消のための3つのコツ

便秘は美容と健康の大敵! 便秘に悩まされる女性は多いですよね。 便秘が続くと、体がだるくなったり、お肌にデキモノができてしまったり・・・ だけど、「たかが便秘!」と軽く考えて、何も対策していない方も多いものです。 ですが、便秘の症状を放置するのは、美容面でも健康面でも良くありません。 老廃物を体の中に溜め込んでいるのですから、当然ですね。 そこで、そんな悩める便秘を解消するための3つのコツを紹介します。 その1:豆乳がオススメ! 便秘の解消には、食事内容に気をつける、というポイントが欠かせませんよね。 ですが、「何を食べても、何を飲んでも便秘が解消されない」という方もいらっしゃいます。 特に、必死で食物繊維を摂っているのに、便秘が解消されないという方は、逆に不溶性食物繊維を摂り過ぎることで、便を硬くしてしまっている場合もあるのです。 そこでオススメなのが、豆乳です。 豆乳は、水分もしっかり摂取しながら、便を柔らかくし、無理なく出やすい状態に導いてくれます。 栄養価も高いから、飲み続ける習慣を身に付けると、お肌もキレイになります。 朝起きたら、コップ1杯の温かい豆乳を飲むだけで、排便習慣ができてくることもあります。 飲み方は自由で、ココアを入れたり、スープなんかにしてもOKです。 毎日のスッキリに、穏やかに働きかけてくれますよ! その2:ラジオ体操 運動をすることが、体に良いというのは、誰もが周知の事実ですよね。 そして運動をすることは、ストレスの発散にもなり、また体を動かせば腸の働きが良くなるから、便秘解消にも役立つのです。 でも、「毎日運動をする時間なんかない」という方も多いですよね。 そんな方は、早起きして、ラジオ体操を本気で取り組む工夫をしてみましょう。 ラジオ体操では、全身をくまなくストレッチして、心地よく体を動かすことができます。 朝から運動の習慣を毎日取り入れることで、ストレスもスッキリ解消され、便秘も徐々に改善されていく可能性が高いのです。 その3:早起きが大切! 便秘には、食生活などの改善も大切ですが、メンタル面も大きく関係しています。 特に、「ゆっくりトイレに座る時間がとれない!」というのは、便秘に繋がる可能性大です。 排便は朝が理想なので、毎朝ゆっくりとトイレに座る習慣を身に付けたいですよね。 そのためには、朝、早起きして時間に余裕を持つことが重要です。 「早起きは3文の得」なんて言いますが、早起きには便秘解消の効果もあるのですね。 早起きして、体操してからゆっくりと朝食を味わい、ゆっくり座って新聞なんかを眺めていれば、毎朝便意が訪れてくる習慣が身に付いてきます。 そうなれば、その便意を決してガマンすることなく、そのタイミングを逃さずにトイレに座るようにしましょう。 これが習慣化すれば、便秘とはサヨナラできますよ! (photo by 足成) http://www.ashinari.com/

Read More

ドラッグストアを最大限に利用するためのちょっとしたコツ!?

はじめに こんにちは!ドラッグストアが大好きな新米主婦のマコです。 実は私、昔少しだけドラッグストアで働いていたことがあるんです! 今回はその経験を活かして、 ドラッグストアを上手に利用して、お得に美肌にも健康にも近づける! とっておきのコツをお話しようと思います。 業界経験者だから知っている裏事情が満載ですよ! (http://www.ashinari.com/2010/11/16-342198.php) 薬だけじゃない!節約したいときにかなり頼れる存在!? ドラッグストアというと、 医薬品や化粧品、サプリメントを売っているお店ですよね。 風邪気味のときしかドラッグストアには用がないわ?! なんて方も多いんじゃないでしょうか? でも、具合の悪い時だけしか使わないのはすごくソン!! 実は、お菓子、食品、ペットボトル、カロリーメイト、日用雑貨なども 結構安いんですよ! 郊外のお店ではお酒やお米も取り扱いがありますから、 コンビニよりかなりお得! ちょっとした買物に行く時、 スーパーがなくて、ついついコンビニに入ってしまうと言う方は 是非、ドラッグストアで食料品なんかも見てみて下さい! ノルマ関係ナシ!化粧品選びは社員に聞け!? (http://www.ashinari.com/2009/01/04-012370.php) デパートはメーカーごとにコーナーが仕分けされていて、 そのメーカーのビューティーアドバイザーが販売しますよね。 ドラッグストアもメーカーごとに美容部員と呼ばれる 自社商品販売のためのアドバイザーがいます。 このメーカーの化粧品!と決め買いするときは 美容部員さんに頼ればいいんでしょうけど、 「全部のメーカーの口紅の中でどれが一番いいのかな?」 なんて思ったことありませんか? 他社との比較を公平に教えて欲しいとき・・。 デパートでは聞けない!とっておきの方法があります! それはドラッグストアの化粧品担当と呼ばれる社員! 全メーカーの商品について勉強させられているので かなりフェアな意見がきけるはずです。 化粧品担当者はシーズンごとに ドラッグストアで取り扱っている化粧品各メーカー主催の勉強会に行って、 実際に商品を手に取って肌に使ってみたりするんですよ?! 詳しい製品情報のパンフレットで勉強するので、 メーカーごとにどこに力を入れて作っているかも詳しく知っています。 それぞれ特徴があるのですが、 例えば口紅一つとって見ても、 A社ならカラーバリエーションを豊富にすること、宣伝費に力を入れていること。 B社なら宣伝費を抑える代わりに、 唇のひび割れや荒れを予防する成分を入れることにこだわっていること。 と、まぁ、こんな具合です。 しかも、ドラッグストア社員の強みは化粧品販売のノルマがないこと!! 各メーカーはやっぱりライバル同士なので販売数や販売金額を競います。 店舗の社員は店の売上がUPさえすれば ドコのメーカーの化粧品が売れてもいいわけですから公平なのです! こういう裏事情を知っていると、自分のニーズに合った口紅を選べますよね。 でも、メーカーごとに仕切られている化粧品コーナーに 素直にふらふらっといってしまうと、 美容部員さんの上手な接客でそのメーカーが一番良い!って思ってしまいます。 今回は口紅を例にしてみましたがもちろん他の化粧品も同じです。 客観的に判断してくれて、意外に頼れる社員さん! 是非活用してみて下さいね。 捕まえて聞きまくれ!サプリ選びは薬剤師を徹底活用! (http://www.ashinari.com/2009/01/31-013185.php?category=12) ドラッグストアには1人くらいは薬剤師がいますよね。 このひとを捕まえていろいろ質問しまくりましょう。 ドラッグストアの薬剤師は病院や調剤薬局と違って 健康食品やサプリメントにも詳しいんです。 とくに医薬品と違って、健康食品やサプリメントは薬事法の関係で 「〇〇に効く!」「痩せる!」とか 誇大広告のような表記をしてはいけないことになっています。 医薬品ではなくてあくまでも「食品」の位置づけだからなんです。 でも、テレビやネットで 「〇〇がダイエットにいいって言っていた!」 「△△がアンチエイジングにいいんだって!」 「花粉症には〇〇茶がいいらしいよ!」なんていう情報があふれていますよね。 そんなとき、「効きますよ!」とは絶対に言えないけれど、 同じ様な商品の中で一番お客様に合った商品を選んでくれますよ。 他にも、簡単にできる生活習慣の改善法なんかをアドバイスしてくれます。 病院薬剤師や調剤薬局薬剤師は調剤業務で忙しくて、 意外とこういったアドバイスの時間をとれないことが多いんですよね! 是非是非、質問しまくって利用して下さいね。 まとめ いかがでしたか? ドラッグストアは、価格競争も激しくて、 食品はスーパーと同じくらい安いですし、 営業時間は首都圏ならコンビニと同じように24時間! なんてお店も出て来ました。 つまりコンビニとスーパーの間のような存在・・・。 でも決定的に違うのは美容と健康分野に特化した社員がいるところなんです! だからドラッグストアなんですけどね?。 最近は薬も化粧品もネット通販できるようになって、 手軽で便利で、時にはお安くいろいろなものが買えますよね。 私もよく使います! でも、はじめての商品を買うとき、ちょっと別の商品に変えてみようかな? なんて悩む時・・・、そう言うときは生身の人間と接触するのが一番です。 化粧品やお薬、サプリの買物で失敗したくないときは ドラッグストアを是非是非活用してみて下さいね!

Read More


Back to Top