ショッピング

面倒なママ友付き合いからうまく抜け出す方法

ママ友付き合いに悩むママは多いですよね。かくいう私も、面倒になり少々フェードアウト気味です。 ママ友は本当に必要なのか?うまく抜け出すにはどうすればいいのか? そこで、前向きにママ友の輪から抜け出す方法をご紹介していきます! ママ達の不思議な世界 子供が産まれると、「ママ友の世界」を意識していなくても放り込まれます。 このママ達の世界観は独特。 相手の子供やママをとにかく褒め、たわいのない話からソコソコ有益な情報交換まで饒舌に繰り広げられます。 ママになる前は、一人の大人の女性であったのに、ママになると女子中学生、小学生なみの「その場にいない人の噂話、悪口」も繰り広げられるのが恐ろしいところ。 ママ達の世界は、ちょっと一般的な世界観とは違っています。 ママ友は友達ではない 「ママ友」というネーミングからも分かる通り、ママは、子供がたまたま同じ年だから、同じ習い事だから、同じ幼稚園などの理由で距離が近くなるだけの存在。 ママの年齢やバックグラウンドが違うのに、子供のために頑張るのがママ友の世界です。 抜けるにはどうすればいい? ママ友の世界から抜けるにはどうすれば良いのでしょうか? 多くのママが悩むことですが、実はそれはとても簡単なことです。 いつくかその方法を挙げていきましょう。 ・自分の属するコミュニティは違う世界だと思う 幼稚園や小学校のママとのお付き合いだけがママの居場所でしょうか? 違いますよね。趣味の世界、職場での立場、家庭での妻や母の顔、学生時代の友人との関係など色々な顔があるはずです。 自分の所属するコミュニティは「ママ友コミュニティ」だけではないのだと自覚すればかなり楽になります。 ・趣味や娯楽、仕事に使える時間を喜ぶ 所属コミュニティが「ママ友」でなくなれば、他の時間を有効に活用するために、ママ友同士の噂話参加や疲れる愛想笑いから解放されます。 ・一匹狼でも気にしない、まわりの評価も気にしない 子供同士が仲良くしているから、子供同士仲良くなるように・・との願いからママ友を作る人が多いですよね。 しかし、子供同士は勝手に幼稚園や小学校に行ったら自分と気の合う子と勝手に遊ぶようになります。親同士が気が合っても、子供同士は気が合わないというパターンは、私自身が経験済み。 しかも、子供が小学生になったら参観日くらいしか合いません。 さらに、共働きになるママも急増しますから、ママ友の世界は自然消滅します。 その上、中学受験やら成績評価で、子供の出来次第であんなに仲良くしていたのに険悪になっている!というようなママ同士も見受けられます。 まとめ 今回ご紹介した、たったこの3つのことをするだけで、今までの悩みや無駄な時間から解放されます。 「子供のためのお付き合い」が、子供を放ったらかしにしての公園おしゃべりなら本末転倒ですね。 ママ友は一過性のお付き合いだと割り切ってしまいましょう。 画像引用元 http://www.ashinari.com/2013/02/01-375870.php http://www.ashinari.com/2013/02/11-376250.php http://www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_2602.html

Read More

ノンフィクション回想記 インド旅行 空港編

インドと言うと皆さんどういった印象をお持ちでしょうか?初めてインドへ行く以前は特に関心が無くナンやカレーばかりのイメージしかなく、地球の歩き方を買ってマラリアが危険だとか食中毒に気をつけろなどあまり良い印象のある国ではありませんでした。 およそ一カ月ほどの滞在となりましたがその印象は大きく変わります。これから先の人生でインドを訪問することなどない人が多いだろうと思いますが、これから語る私の経験でその神秘や奥深さを知ってもららえると嬉しく思います。 旅の洗礼 空港に到着した、格安空港のせいでクタクタだ、、日本を出発してもう12時間は席に座りっぱなしだ。ここはムンバイのシバァ―ジー空港で深夜の到着だ、、入国審査を受けなければならないが、英語がイマイチ良くわからない、、困ったな、、なんて思ってると親切に空港職員が話しかけてくる。よくわからないがこう書けと言っているようだなので言うとおりに書いてみる。 すると親指と人差し指を擦るしぐさを見せて何かをアピールし始めた。要するに金をくれというわけか、、小銭を持っていなかったので同行していた友人に1ドルずつ支払ってもらうことにした。すると何も言わずに受け取りカウンターへと連れて行かれ、僕の方はしっかりと調べれら友人のほうは一言二言で審査を通る。 なるほどな、、さすがはインディアだ。ついでに言うと荷物を受け取った段階でつけていたキーホルダーはすべてなくなっていた。 気を取り直しトラベラーズチェックをルピー(インドの通貨)に変えようかとロビーをうろつきカウンターでルピーに交換してもらう。100ルピーの札束はホッチキスで100枚ずつ束ねられておりすべて99枚しかないカウンターで数えて少ないのはわかっていたがあえて何にも言わなかった。 深夜の空港 空港から一歩外に出ると深夜にもかからず人が大勢いる。それに暑いな、けど日本のジメジメとした暑さとはまた違いカラッとした暑さで不快感はない。オートリクシャーや空港のエアコンをあてに人がいるようだ。とにかく空港周りを歩いてみる。 すると日本語でフレンドリーに話しかけてくるインド人がホテルに案内してやろうと言いだした。値段も悪くないが、地球の歩き方に危ないと書いてあったのでしばらく様子を見ることにした。 友人は呑気に喜んでいたが、最悪どうしようか?なんて考えていたら車に乗ってくれと連れて行かれそうになった。まずいなーなんて思っていたら空港の警備員が来て怒鳴りながらビンタして追い返す。なんでビンタなのかわからないが大勢の人がいる中でビンタをしながら怒鳴っていた。呼び込み屋はそのまま人ゴミに消えていった。何のかは想像にお任せしますが彼のもう一つの顔はディーラーです。 物乞いの群れ 子供というとかわいらしいんだろうが、アメやお菓子をあげても喜ばない。小学校の低学年ほどの年代で無邪気でかわいらしい年代のはずだがここにいるのはそうではない。後からわかったことだけどこいつらは言わば子供の立場を利用して物乞いする集団で背後には大人がいる。だから現金をくれ現金をくれと集まってくる。もちろん一人二人ではない10人や20人ぐらいでくるのでとてもじゃないがかわいいなんて言えないな、、とりあえずいくらか小銭を渡してその場を切り抜ける。到着後わずか二時間足らずでこのボリュームはかなりのものです。表現が悪いですが的確をすると単なる”子供”では誤解があります。ここは深夜の空港ですから、家の近所で遊ぶ子供たちとは明らかに違います。 ホテルまでの道のり 結論深夜にチェックインさせてくれるホテルは少ないので苦労したが、YMCAというグループのユースホステルなら海外からの旅行者に親切で深夜にもかかわらず部屋を用意してくれた。途中までの道のりで見たものは野犬やスラム街、たむろするインド人などなんか怖い印象があったがほとんど敵意を持たずただうろついているだけで人慣れしているしかまわない限り何かしてくることもない。ただ空港や繁華街、観光地など旅行者のお金を目当てにしている人だけ気を付けておけばそこまで悪い人はいなかった。 到着後1日での出来事で、これだけの事が起こる。興味ありませんでしたか?普段私たちの日常は日本という枠の中だけで起こりえるもので、その中の出来事を普通と言ったり当たり前と言ったりします。違った枠で生活すれば良くも悪くも自分がこうだと思っていた枠が壊されることになります。これから知ってしまうことに対する覚悟はありますか? なんて悪い冗談はともかくインド一面にしか過ぎませんからご安心をこれから楽しいことが待っていますから

Read More

ドラッグストアを最大限に利用するためのちょっとしたコツ!?

はじめに こんにちは!ドラッグストアが大好きな新米主婦のマコです。 実は私、昔少しだけドラッグストアで働いていたことがあるんです! 今回はその経験を活かして、 ドラッグストアを上手に利用して、お得に美肌にも健康にも近づける! とっておきのコツをお話しようと思います。 業界経験者だから知っている裏事情が満載ですよ! (http://www.ashinari.com/2010/11/16-342198.php) 薬だけじゃない!節約したいときにかなり頼れる存在!? ドラッグストアというと、 医薬品や化粧品、サプリメントを売っているお店ですよね。 風邪気味のときしかドラッグストアには用がないわ?! なんて方も多いんじゃないでしょうか? でも、具合の悪い時だけしか使わないのはすごくソン!! 実は、お菓子、食品、ペットボトル、カロリーメイト、日用雑貨なども 結構安いんですよ! 郊外のお店ではお酒やお米も取り扱いがありますから、 コンビニよりかなりお得! ちょっとした買物に行く時、 スーパーがなくて、ついついコンビニに入ってしまうと言う方は 是非、ドラッグストアで食料品なんかも見てみて下さい! ノルマ関係ナシ!化粧品選びは社員に聞け!? (http://www.ashinari.com/2009/01/04-012370.php) デパートはメーカーごとにコーナーが仕分けされていて、 そのメーカーのビューティーアドバイザーが販売しますよね。 ドラッグストアもメーカーごとに美容部員と呼ばれる 自社商品販売のためのアドバイザーがいます。 このメーカーの化粧品!と決め買いするときは 美容部員さんに頼ればいいんでしょうけど、 「全部のメーカーの口紅の中でどれが一番いいのかな?」 なんて思ったことありませんか? 他社との比較を公平に教えて欲しいとき・・。 デパートでは聞けない!とっておきの方法があります! それはドラッグストアの化粧品担当と呼ばれる社員! 全メーカーの商品について勉強させられているので かなりフェアな意見がきけるはずです。 化粧品担当者はシーズンごとに ドラッグストアで取り扱っている化粧品各メーカー主催の勉強会に行って、 実際に商品を手に取って肌に使ってみたりするんですよ?! 詳しい製品情報のパンフレットで勉強するので、 メーカーごとにどこに力を入れて作っているかも詳しく知っています。 それぞれ特徴があるのですが、 例えば口紅一つとって見ても、 A社ならカラーバリエーションを豊富にすること、宣伝費に力を入れていること。 B社なら宣伝費を抑える代わりに、 唇のひび割れや荒れを予防する成分を入れることにこだわっていること。 と、まぁ、こんな具合です。 しかも、ドラッグストア社員の強みは化粧品販売のノルマがないこと!! 各メーカーはやっぱりライバル同士なので販売数や販売金額を競います。 店舗の社員は店の売上がUPさえすれば ドコのメーカーの化粧品が売れてもいいわけですから公平なのです! こういう裏事情を知っていると、自分のニーズに合った口紅を選べますよね。 でも、メーカーごとに仕切られている化粧品コーナーに 素直にふらふらっといってしまうと、 美容部員さんの上手な接客でそのメーカーが一番良い!って思ってしまいます。 今回は口紅を例にしてみましたがもちろん他の化粧品も同じです。 客観的に判断してくれて、意外に頼れる社員さん! 是非活用してみて下さいね。 捕まえて聞きまくれ!サプリ選びは薬剤師を徹底活用! (http://www.ashinari.com/2009/01/31-013185.php?category=12) ドラッグストアには1人くらいは薬剤師がいますよね。 このひとを捕まえていろいろ質問しまくりましょう。 ドラッグストアの薬剤師は病院や調剤薬局と違って 健康食品やサプリメントにも詳しいんです。 とくに医薬品と違って、健康食品やサプリメントは薬事法の関係で 「〇〇に効く!」「痩せる!」とか 誇大広告のような表記をしてはいけないことになっています。 医薬品ではなくてあくまでも「食品」の位置づけだからなんです。 でも、テレビやネットで 「〇〇がダイエットにいいって言っていた!」 「△△がアンチエイジングにいいんだって!」 「花粉症には〇〇茶がいいらしいよ!」なんていう情報があふれていますよね。 そんなとき、「効きますよ!」とは絶対に言えないけれど、 同じ様な商品の中で一番お客様に合った商品を選んでくれますよ。 他にも、簡単にできる生活習慣の改善法なんかをアドバイスしてくれます。 病院薬剤師や調剤薬局薬剤師は調剤業務で忙しくて、 意外とこういったアドバイスの時間をとれないことが多いんですよね! 是非是非、質問しまくって利用して下さいね。 まとめ いかがでしたか? ドラッグストアは、価格競争も激しくて、 食品はスーパーと同じくらい安いですし、 営業時間は首都圏ならコンビニと同じように24時間! なんてお店も出て来ました。 つまりコンビニとスーパーの間のような存在・・・。 でも決定的に違うのは美容と健康分野に特化した社員がいるところなんです! だからドラッグストアなんですけどね?。 最近は薬も化粧品もネット通販できるようになって、 手軽で便利で、時にはお安くいろいろなものが買えますよね。 私もよく使います! でも、はじめての商品を買うとき、ちょっと別の商品に変えてみようかな? なんて悩む時・・・、そう言うときは生身の人間と接触するのが一番です。 化粧品やお薬、サプリの買物で失敗したくないときは ドラッグストアを是非是非活用してみて下さいね!

Read More

結婚とはなにか?妻の本音

夫へ伝える本音 結婚すると男性は、家族のために頑張らなければと思っている人も多いはずです。 そんな夫へ妻は、しんどいときは無理しないで何でも話してほしいと思っています。 けれど、男性は心配させたくない格好つけたいと思う生き物だと思います。 妻は、そんな夫へ心の中ではこれから先の人生の道のりでつまずくときがあっても、自分にだけは弱さを見せてもいい。 夫の強さは誰よりも自分が一番知っているからと思っています。 それを、口に出さず見守り支えあおうとするのが恋人とは違う夫婦というものかもしれません。 夫婦になって歩む道のり 恋人とはちがい夫婦になると子供が出来たり、家を購入したりと、生活というものに追われて月日の経つのがものすごく速くめまぐるしいときもあります。 振り返ってみると、あの時はしんどかったねとか、迷路のような道のりでいろんな人と知り合い支えてもらったり、支えたりしながら家族になっていくことに気づきます。 今人生の何歩目くらいすすんだのかなと感じたり、そんな中でなつかしい恋人同士の時のことを振り返って家族で大笑いしたりするものです。 こんな風に家族で笑いあえる日が来る思い出というのは、大切な宝なのだと改めて知ることが出来ます。 子供が成長するように必ず夫婦は年を重ね老いていきます。 疲れたら一緒に休み、この先の道のりも思い出をため込む旅だと振り返りながら、共に進むのが夫婦というものなのかもしれません。 夫婦もたまには恋人同士を振り返り、恋人になってみるのも大事なことだと思われます。  「結婚」本当の心構え 結婚する前は、一緒に生活がしたい子供が欲しいという風に感じるのが女性です。 結婚してみると、こんなはずじゃなかったなと感じる人もいれば、結婚して良かったなと感じる人もいると思います。 この感情すべてが、結婚するというものだと思います。 いい時も悪い時も、辛い時もうれしい時も、すべて分かち合える相手なら本当の夫婦になれるのかもしれません。 いつか年を重ねおじいさんおばあさんになった時、人を愛することの本当の意味を教えてくれた神様に感謝し、死ぬことが出来るのかもしれません。 人を愛するという意味を大事に思いながら、生きていくのが、結婚というものなのではないでしょうか。

Read More

出産に挑むための陣痛グッズ

はじめて妊娠しているのが分かってからもう7か月。 初めて経験するつわりや妊娠期の体の変化に、心も体もついていくのでいっぱいいっぱいでしたが、日に日に大きくなるお腹を触っては、いずれ来るであろう出産の日を心待ちにしていました。 赤ちゃんとついに会えるのは嬉しい! けれど、初めての出産への恐怖もありました。 私は、約一年前、初めての出産を経験しましたが、14時間の陣痛の末の自然分娩でした。 その経験をもとに、持って行って役立った便利グッズを紹介します。 もちろん、出産や陣痛は人によって全く違うように来ますし、病院などによってスタンスも違いますので、これが全ての人に当てはまるということではないのであしからず。 出産バイブル いきなりですが、これは、「持って行って良かった。」ではなく、「持って行けば良かった」グッズです。 陣痛時の呼吸法が書いてあったり、出産のイメージトレーニングをするような本って、色々ありますよね。本屋の妊婦さん向けのコーナーに置いてあります。ぜひ見に行ってみてください。 それを妊娠している時に読み込んで、いざ陣痛が来たときにそれを病室へ持ち込んで、出産バイブルのように常に離さず、その本をガイドにして陣痛を乗り越えるべきでした。 私はそこらへんをあまり考えておらず、これといった本もなく、たまたま産院でもらったテキストのようなものしか読んでいませんでした。その他の妊婦向けの雑誌などでの情報も、一応読んだものの、頭の片隅に知識として入れておいただけでした。 今思えば、自分が納得して、気に入ったバイブルを持っておけば心強かったなあと思います。自分がいつも読み慣れている本の存在があるっていうだけでも、違います。 パズル 陣痛は、来たり去ったりします。 私の場合は実は、破水からが始まりました。 破水をしたので入院したのですが、その後6時間、陣痛が来ませんでした。 その間の6時間がやけに長かったです。 陣痛を来るのを今か今かと待っていたのですが、こんな風に先の見えない待ちぼうけが始まる場合もあります。 赤ちゃんにもうすぐ会えるという興奮は確かにあるのですが、 気がまぎれるようなパズルとか、クロスワード、ゲームなどがあれば良かったです。 本や漫画などは、ふとよそ事を考え始めたりしやすいので、パズルゲームなどのほうが個人的には良い気がします。 髪留め 髪留めは、以外に役に立つ。と妊婦向けの雑誌で読んでいたので持って行きました。 確かに、これが多いに役立ちました。 出産は秋でしたが、本格的な陣痛が始まると秋でも汗をかきました。だくだくです。 こんな小さなものが、と思うかもしれませんが、長い髪をそのままでいると、うっとおしくて自分でも発狂しそうになりました。 何せ痛いし、苦しいし、何もかもが邪魔になってくるものです。 私もゴムでポニーテイルをして陣痛に挑んだのですが、実はあまりの痛みのせいで、悶え苦しんで、最後にはいつの間にか取れてしまいました。 後日、付き添ってくれていた母の話によると、「夜中、髪を振り乱して、悲鳴を上げて、ベッドを掻きむしるさまはホラー映画のようだった」と言っていました。 と、最後はこう無意味になってしまうかもしれませんが、大丈夫です。 いざ、赤ちゃんが生まれれば、病院のスタッフの方が写真を撮ってくれます。 その時に、ぜひ髪留めで髪をまとめて、少しでも小綺麗に映っておきましょう。 旦那 立ち会いを望む旦那さんが最近は増えているようです。 私の旦那もそんな今どきの旦那でしたが、来たのは出産のときだけ。 あのひどい「ホラー映画」のさまだった陣痛のときは実は家で寝ていました。 夜の時点で、まだいつ生まれるか分からないということで、 旦那は家に帰ってしまっていたのです。 初産でどのくらい陣痛が長引くか分からない、と助産婦さんに言われれば それから12時間かかるのか、24時間なのか72時間なのか 全く分からなかったので、 私も、一緒にいて!とは言いにくく、 結局母だけが病室に残ってくれました。 一晩中陣痛に耐えて、早朝出産ということになりました。 早朝に病院から呼び出されて旦那は結局、 分娩台には無事来て、出産を見届けることはできたのですが。 しかしあのこの世の物とは思えない陣痛のときに ぜひいて欲しかったものだと思いました。 立ち会い出産を望むのは、とても良い事だと思いますが、 何が苦しいって、その前の陣痛のほうが苦しい。 出産じたいは陣痛の苦しみに比べれば、軽いものでした。 一番苦しいときに、旦那さんには横でいて 色々と手助けして欲しかったと思います。 いてくれれば、気もまぎれたかもしれないし、 何より、夫婦の絆が深まったことは絶対だと思います。 陣痛を乗り越えての出産の感動があるので、 それをやはり旦那さんが見えるのなら、見た方がいいですね。 陣痛グッズの一つとして、旦那さんは必須です。 画像提供:写真ACより http://www.photo-ac.com/

Read More


Back to Top